OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ビールスがウィルスに?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.124712
  • 閲覧数135
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

その昔ウィルスの事をビールスと言っていたような?
気がします。
何か決定付ける事があったのでしょうか?
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6

誰か高名な学者先生が.米国でビールスと発音して赤っ恥をかいたので.英語読みをするようになった.と聞いた覚えがあります。
が.誰先生か.わかりません。また.空想科学小説を聞いたかもしれません。これを教えてくれた人も既に故人です。したがって.信憑性はまったくありません。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 69% (966/1391)

abbaabba さん、こんばんは~☆ 『Virus』は、ドイツ語読みで「ウィルス」です。 これを、英語読みすると「ビールス」となります。 ではでは☆~☆~☆ ...続きを読む
abbaabba さん、こんばんは~☆

『Virus』は、ドイツ語読みで「ウィルス」です。

これを、英語読みすると「ビールス」となります。


ではでは☆~☆~☆
補足コメント
noname#84083

発音は、バイリスに近いバイルス
でしたよね
投稿日時 - 2001-08-26 22:35:57

  • 回答No.1

ウイルスは英語表記で「Virus」と書きます。 これを「ビールス」と読んでいただけだと思います。 ...続きを読む
ウイルスは英語表記で「Virus」と書きます。

これを「ビールス」と読んでいただけだと思います。
補足コメント
noname#84083

我々日本人がそのまま読んで「ビールス」と読んでいたのですね。
なぜ急に「ウィルス」と言うようになったのでしょうかね。
投稿日時 - 2001-08-26 22:37:50
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 33% (1403/4213)

読み方の問題ですが、実際の発音は「ヴアイオロス」のようです。 GooTOPページから「英和」辞典を選んで、単語を入力。 検索結果ページ上の「スピーカ」アイコンをクリックすると 発音を聞くことができますのでお試しください。 ...続きを読む
読み方の問題ですが、実際の発音は「ヴアイオロス」のようです。

GooTOPページから「英和」辞典を選んで、単語を入力。
検索結果ページ上の「スピーカ」アイコンをクリックすると
発音を聞くことができますのでお試しください。
補足コメント
noname#84083

そろそろ発音に関しては、

ニュース → ニューズ
コンビニエンスストア → コンビニエントストア

などと変わるべきでしょうかね。

ビールスからウィルスに変わった切っ掛けってあったのかしら?
投稿日時 - 2001-08-26 22:40:19
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 20% (43/211)

皆さんの回答を読んでいると、言語の違いを述べておられますが、abbaabbaさんが知りたいのは、『呼び方が「ビールス」から「ウィルス」に変わった経緯』についてではないんですか? 小生も同じことを知りたくて、いろいろ調べているのですが判りません。【判らなければ回答なんかするな!!と、叱られそうですが・・・】 ...続きを読む
皆さんの回答を読んでいると、言語の違いを述べておられますが、abbaabbaさんが知りたいのは、『呼び方が「ビールス」から「ウィルス」に変わった経緯』についてではないんですか?
小生も同じことを知りたくて、いろいろ調べているのですが判りません。【判らなければ回答なんかするな!!と、叱られそうですが・・・】
補足コメント
noname#84083

≫ 『呼び方が「ビールス」から「ウィルス」に変わった経緯』

そうです!その通りなんです!
私が知っているのは、VIRUSの『英語読み』のみですから。

母などは「ビールス」って言っているし。
投稿日時 - 2001-08-28 01:13:06
  • 回答No.7
レベル8

ベストアンサー率 51% (23/45)

virus ですが、語源は、ラテン語の virus (つづりそのまま)で、 その意味は、ヘドロ(のような液体)、(蛇の)毒、苦味、 だったようです。 それは、それとして、 ラテン語では、vは、「ウ」と読んでいました。 したがって、virus をラテン語読みすれば、ウイルス、 英語読みすれば、バイラス(ヴァイラス)となるわけです。 ちなみに、u という字は、最初はラテン語には無くて、 ...続きを読む
virus ですが、語源は、ラテン語の virus (つづりそのまま)で、
その意味は、ヘドロ(のような液体)、(蛇の)毒、苦味、
だったようです。

それは、それとして、
ラテン語では、vは、「ウ」と読んでいました。
したがって、virus をラテン語読みすれば、ウイルス、
英語読みすれば、バイラス(ヴァイラス)となるわけです。

ちなみに、u という字は、最初はラテン語には無くて、
vを使っていました。

Wという字(ラテン語にはありません)は、
英語でダブルユー(二つのU)と読みますが、
フランス語でドゥブルベ(二つのV)と読むあたりは、
そのへんの名残りといえるでしょうか。
補足コメント
noname#84083

ドイツ語もラテン語も「ウィルス」なんですね、驚きです。
投稿日時 - 2001-08-28 01:18:05
  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 31% (610/1954)

全然関係ないかもしれないけど・・・ 外国人の、新聞などでの名前の呼び方が、昔はきんだいちゅう、今はキム・デジュンなどと現地の呼び方に近くなったのに関係あるかなあ。一応医療の現場ではドイツ語な訳だし、ドイツ風に呼び方を変えたのかも・・・ うーん、知ってるわけじゃないから、あくまで想像なんだけど・・・
全然関係ないかもしれないけど・・・
外国人の、新聞などでの名前の呼び方が、昔はきんだいちゅう、今はキム・デジュンなどと現地の呼び方に近くなったのに関係あるかなあ。一応医療の現場ではドイツ語な訳だし、ドイツ風に呼び方を変えたのかも・・・
うーん、知ってるわけじゃないから、あくまで想像なんだけど・・・
  • 回答No.8
レベル8

ベストアンサー率 51% (23/45)

#7 への補足です。 ドイツ語での発音についてですが、 小学館のドイツ語大辞典の記述では、 「ヴィールス」となっていました。 ドイツ語本来の体系では、v の発音は、 [f]なので、これは、外来語(ドイツ語にとって) と見るべきだと思います。 学術系の用語として、ラテン語を使うと言うのは よくあるので(特に医学)、やはり、ラテン語の virus をとってきた、と考えるのが妥当 ...続きを読む
#7 への補足です。

ドイツ語での発音についてですが、
小学館のドイツ語大辞典の記述では、
「ヴィールス」となっていました。

ドイツ語本来の体系では、v の発音は、
[f]なので、これは、外来語(ドイツ語にとって)
と見るべきだと思います。

学術系の用語として、ラテン語を使うと言うのは
よくあるので(特に医学)、やはり、ラテン語の
virus をとってきた、と考えるのが妥当だと思います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ