OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

活性炭と普通の炭の違い

  • すぐに回答を!
  • 質問No.117052
  • 閲覧数1536
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

活性炭と普通の炭は、どこがどう違うのですか?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

sesameさんの回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「炭の情報発信」
このサイトから、
http://www.mokk.co.jp/sumi3.htm
(炭の特性)
このページの表で「針葉樹」の項を参考にしてください。
数値は忘れましたが、「活性炭」の定義は「表面積」等での縛りがあります。
さらに、以下の成書も参考になりますでしょうか?
==================================
食べる活性炭/青柳重郎,正岡慧子/双葉社/1999.6 
おもしろい活性炭のはなし/立本英機/日刊工業新聞社/1997.7 
活性炭読本/柳井弘[他]/日刊工業新聞社/1996.7 
活性炭/真田雄三∥〔ほか〕編…/講談社/1992.3
===================================

ご参考まで。
お礼コメント
noname#1808

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-08-12 20:13:23
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

炭の中でも、1~10万Å程度の細孔を無数にもつ炭のことを活性炭といいます。 なぜ活性炭と呼ばれるかというと、浮遊粒子に対して強力な吸着能を発揮するからです。 この特性は、多孔質なため内部表面積が他のどんな物質にくらべても大きい(1gあたり500~1500m^2という驚異的なものです)ことと、その表面に酸素、水素、窒素、硫黄などの炭素錯化合物が多く存在するためです。 活性炭は普通の炭素有機物(木炭やパ ...続きを読む
炭の中でも、1~10万Å程度の細孔を無数にもつ炭のことを活性炭といいます。
なぜ活性炭と呼ばれるかというと、浮遊粒子に対して強力な吸着能を発揮するからです。
この特性は、多孔質なため内部表面積が他のどんな物質にくらべても大きい(1gあたり500~1500m^2という驚異的なものです)ことと、その表面に酸素、水素、窒素、硫黄などの炭素錯化合物が多く存在するためです。
活性炭は普通の炭素有機物(木炭やパルプ屑)を原料に作ることができますが、その製法は独特で、焼成する際に必ず賦活という工程を経ます。
賦活というのは、水蒸気や炭酸ガスなどを加熱して原料に通してやることで、こうすることにより孔の中の炭化水素を酸化除去し、細孔がよく通り発達するのを助けます。
補足コメント
noname#1808

もうひとつ質問があるのですが、備長炭は、活性炭の一種ですか?
投稿日時 - 2001-08-12 20:09:49
お礼コメント
noname#1808

回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2001-08-12 20:12:49


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ