OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

テニスのダブルハンドって左右両方OK?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.116728
  • 閲覧数371
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 12% (18/144)

今、普通に趣味的(?)に硬式テニスをやっていて
右の時はシングルハンド、左の時はダブルハンド
バックハンドをやっています。

それで、最近ふと思い出したのが、1年くらい前に
「ダブルハンドを左右両方に使ってるあの子、
 いけないんだ~っ」
みたいな会話が横から聞こえて(知らない人)、
「えっ、、?そんなのルールにあったけ・・?」
と結構考えていたのですが、まぁいいか★
と流していました。

けれど最近になって結構疑問に思っています。
これから本格的に練習をするので、ぜひ教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 47% (509/1062)

 GirBabyさん、はじめまして。スコンチョといいます。(^_^)

>>「ダブルハンドを左右両方に使ってるあの子、いけないんだ~っ」
>>みたいな会話が横から聞こえて

 皆さんの仰るとおり、ルールとして全く問題ありません。ただ、部活動
とかスクール等ではその特殊性から、指導する人が敬遠する傾向が強いので
そのことを言ってたのではないですかね。

 かく言う僕もダブルハンダーです。ダブルハンドフォアの戦略というのは
特殊なモノがあり、細かく書くとかなり長くなるのでここで書きません。
ただ、その特性としては「単にリーチが短く、パワーヒットしやすい」等と
いうものではありません。

 ローボールに弱く、ハイボールに強い。スピンは打ちやすいが、スライスは
打ちにくい。リーチは短いが、回転半径が短いので出玉が見えにくく、コース
を読まれにくい。等々、物理的な条件が様々あり、それをふまえての戦略と
なります。

 日本人でも男子の金子君や女子の平木さん・宮城さんなどなど、多くの選
手がダブルハンドフォアでプレーしています。あとは、身体的なな特徴(筋力
・手足の長さ・柔軟性・プレースタイル等)や、テニスに対する考え方を総合
して、合うかどうかを考える問題だと思います。

 惜しむらくは、ダブルハンドに対する偏見と指導者不足が先の見知らぬ人の
ような発言を生んでいるのだと思います。(^_^;
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 23% (41/176)

ルール的には問題ないんじゃないですか?ジュニアなんかでは両方ダブルハンドの子がたくさんいますよ。 ダブルハンドのメリットは非力なのを補うためだけですから、デメリットのほうが多いと思いますよ。例えば、逆サイドに思い切りふられて、ぎりぎり届くような場合ダブルでは難しいんでは? はっきりいって面倒くさいし、力(腕力・胸の筋力)があるなら窮屈なフォアハンドのダブルは使わないほうがいいと思います。
ルール的には問題ないんじゃないですか?ジュニアなんかでは両方ダブルハンドの子がたくさんいますよ。
ダブルハンドのメリットは非力なのを補うためだけですから、デメリットのほうが多いと思いますよ。例えば、逆サイドに思い切りふられて、ぎりぎり届くような場合ダブルでは難しいんでは?
はっきりいって面倒くさいし、力(腕力・胸の筋力)があるなら窮屈なフォアハンドのダブルは使わないほうがいいと思います。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (612/2465)

女子のプロ選手にもいますよね。アメリカ出身のモニカ・セレス選手はフォア・バック共にダブルハンドです。 ルール的には問題ありません。使いこなせれば、フォア、バック共にパワーヒッターになれるでしょう。 ...続きを読む
女子のプロ選手にもいますよね。アメリカ出身のモニカ・セレス選手はフォア・バック共にダブルハンドです。

ルール的には問題ありません。使いこなせれば、フォア、バック共にパワーヒッターになれるでしょう。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ