OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

刑訴法 事件単位の原則

  • すぐに回答を!
  • 質問No.106574
  • 閲覧数479
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

刑事訴訟法で逮捕・勾留は事件ごとにおこなわれるという原則(通説・判例)がありますが、ここでいう一事件とはどの範囲なのでしょうか?例えば「住居に侵入して、放火して、結果人を殺してしまった」このような場合複数の罪に問われますよね?これは「一事件」になるのでしょうか?別の教科書には一罪・一逮捕・一勾留の原則とも書いてありました。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 26% (69/258)

 科刑上一罪(観念的競合、牽連犯)と併合罪について勉強してみましょう。   ...続きを読む
 科刑上一罪(観念的競合、牽連犯)と併合罪について勉強してみましょう。

 
お礼コメント
noname#910

ありがとうございました、勉強してみます。
投稿日時 - 2001-07-28 00:51:50


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ