OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

宇宙

  • 困ってます
  • 質問No.102968
  • 閲覧数192
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 36% (34/92)

 この頃思うんですが、宇宙は爆発が起きて出来たって
言うことなんですが、爆発がおきて宇宙が出来る前って
何だったんですか。
 宇宙がなっかたら惑星はなっかたんですよね?
宇宙という空間がよく解らないんですが、まだ膨張しつずけてる
ってどういうことなんですかね?
 本当に疑問です
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 44% (151/343)

確かに、宇宙がビッグバンによって広がり始めるその以前って
何があったのか、とても興味の尽きない話題ですね。
私はそういう方面の者ではないので、詳しい事はここでは
言えません。もっと具体的に・・・というのでしたら、天文学の
コーナーってありましたよね。そちらに来られる方々なら
詳しく教えてくれるかも?

・・・で、私の知っている範囲でよろしければなんですけど。
つぃかにこの論議はまだ多くの謎が残されたテーマの様です。
(どこまで解明されているのかが、はっきりと分からないんですよ。)
ただ、ビックバン以前とそれ以降と、そこを境にしてある物が
散らばって宇宙になったことが分かっています。原子です。
ビックバンによって放出されたそ素粒子が、徐々に温度を下げていき、
配列を汲む様になり、陽子を構成していきました。
最初の水素がここで誕生したと考えられています。
原子はそれ以前には無かったんだと考えるんです。それがどう言う
事かと言いますと。今目の前にある物質も原子で構成されています。
それら原子はお互いに結び付きながら、物体を形成しています。
これの原子は結び付いているのであって、当然その間には空間(隙間)が
あります。ここがどれほど小さな隙間なのかは見当もつきませんが、
間違いなく言える事は、原子が存在しない空間である事は確かです。
つまりですね・・・。
ビックバン以前の宇宙からこれ以降原子がちりばめられた。ということは
それ以前の状態を探るヒントが、この原子が存在していない隙間にあるの
では? と考えるんです。この隙間に何があるのかを調べる事で、
この「原子が無い」とはどういう事なのかを想像することが出来るのでは?
それは、質問のビッグバン以前の宇宙であり、同時に宇宙の果てという
事でもあるのかもしれないんですね。こうやって、マクロを考察する時に、
ミクロに視点を向ける事が、大事になる事って多いんです。おもしろいでしょ。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 16% (1013/6244)

「宇宙は最初、一つの点だった・・・」なんていわれてもじゃその前はなんだったんだ?となりますね。 でも、測定してみるとそうなってしまうようなのでそういうことのようです。 ここから先はまだ科学では解明されていない神の領域だと思います。 変な解答でスミマセン
「宇宙は最初、一つの点だった・・・」なんていわれてもじゃその前はなんだったんだ?となりますね。
でも、測定してみるとそうなってしまうようなのでそういうことのようです。
ここから先はまだ科学では解明されていない神の領域だと思います。
変な解答でスミマセン
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 20% (23/111)

爆発の前は何もなかったと言われています。何もないんです。物質も時間も空間も。何もないから考える必要がない。という哲学的な話になっています。 惑星は宇宙の一部ですので宇宙がなければ惑星もありませんよね。 現在の観測では、遠くの星ほど後退速度が速い。つまり星はお互いが離れていっていますので、星の周りの空間も広がっている。つまり膨張している。と言えます。
爆発の前は何もなかったと言われています。何もないんです。物質も時間も空間も。何もないから考える必要がない。という哲学的な話になっています。
惑星は宇宙の一部ですので宇宙がなければ惑星もありませんよね。
現在の観測では、遠くの星ほど後退速度が速い。つまり星はお互いが離れていっていますので、星の周りの空間も広がっている。つまり膨張している。と言えます。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 62% (6253/9971)

無から始まり、始まりは目にも見えたのかも分かってませんが、それが急激な膨張(インフレーション)して爆発(ビッグバン)そして、いまも成長しています。 この瞬間にもどこかで、宇宙が誕生していると言われます。じゃあ何もないはずなのにと思うかもしれませんが・・・たぶん解明は難しいでしょうね。(仮説はでるかもしれませんけど・・・私たちが生きている間に解明は無理じゃないかなもしかしたら永久に無理かも) まあ、これ ...続きを読む
無から始まり、始まりは目にも見えたのかも分かってませんが、それが急激な膨張(インフレーション)して爆発(ビッグバン)そして、いまも成長しています。
この瞬間にもどこかで、宇宙が誕生していると言われます。じゃあ何もないはずなのにと思うかもしれませんが・・・たぶん解明は難しいでしょうね。(仮説はでるかもしれませんけど・・・私たちが生きている間に解明は無理じゃないかなもしかしたら永久に無理かも)
まあ、これについては、答えておられるかたがいますのでね・・・

膨張についてです。今の宇宙ですがビッグバンの時に発生した熱をいまだに持っています。(その温度は絶対温度で3k)ー270℃前後とされます。宇宙がふくらんでいるのは、何らかの物質(ダークマター、人にはいまだに見えない物質)が作用していると言われ、これは宇宙の誕生にも関わっているのではないかとも考えられています。
この物質の量で成長スピードやこれからの成長規模などが分かるとされます。それ以上は何とも分かりませんね。
ただ、時間は宇宙の成長とも関係があり、将来宇宙が消滅するときは時間も物質も全てが溶けるといわれています。

難しいですよ。
もしかしたらこの宇宙はどこかの実験室のフラスコの中か何かで私たちは誰かに研究の対象物として監視されていたりなんかして・・・じゃあその実験室はどうやってできたのか・・・ってなるとまた誰かが作ったのかな・・・この方が今はよっぽど分かり易く簡潔でまともな回答だったりして・・・ね。
  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 23% (293/1250)

宗教的な話になりますが、 「輪廻転生」の考え方からすると、 「始まりも終わりもなく永遠に繰り返す」ということになります。 つまり、 宇宙は「膨張」「収縮」を永遠に繰り返しているというのです。 膨張しているのがいつか止まって収縮し始めて、 めいっぱい収縮したらまた爆発して膨張していく、これの繰り返しです。 ただし、 どこまでいったら収縮し始めるのか、また、爆発、膨張し始めるのか、 はっきり ...続きを読む
宗教的な話になりますが、
「輪廻転生」の考え方からすると、
「始まりも終わりもなく永遠に繰り返す」ということになります。
つまり、
宇宙は「膨張」「収縮」を永遠に繰り返しているというのです。
膨張しているのがいつか止まって収縮し始めて、
めいっぱい収縮したらまた爆発して膨張していく、これの繰り返しです。
ただし、
どこまでいったら収縮し始めるのか、また、爆発、膨張し始めるのか、
はっきりとしたものは何もないです。
ただ、「永遠」という考え方のほうが分かりやすかったりします。
「始まり」があるとすると、いつか「終わり」がくることになってしまいます。
そもそも、始まるきっかけが必要になります。

それがわからないから「永遠」といってごまかしている
とも取れなくもないですけどね。(^^;
お礼コメント
yoshi8

お礼率 36% (34/92)

みなさんどうも有り難うございました!!
宇宙のこと考えてるとちょっと怖い感じがします^_^;
ちょっと勉強でもしてみようかな…
投稿日時 - 2001-08-23 23:43:51
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ