-PR-
解決
済み

五十肩

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9846
  • 閲覧数831
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 90% (28/31)

昨年の11月頃から徐々に、今年の3月からは強く症状が
出てきたのですが、夜もどこに手を置いても痛みがあり
よく眠れません。即効治療法とかいろいろな事、経験者の方、教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

五十肩は中高年の肩痛の大部分を占める症状です。肩関節周囲炎といわれるもので、腱板の炎症と癒着が原因です。
特に原因は思い浮かばないのに、急に片方の肩が痛くなることが始まりです。
急性症状は、肩は正常に動くが、動かすと鋭い痛みが走り、次いで、寝ているときや安静にしているときにも痛みが続くようになります。
慢性症状は、肩の動きが制限されるようになり、痛みは鈍いものに変わってきます。また、関節中に癒着が起こると、動かさなければ痛みを感じないようになってきます。
原因なく、急に片方の肩が痛くなる
このような、腕が上がらなくなったり、動かせなくなったりする、痛みと運動制限が特徴です。

では、五十肩の治療はどうするのでしょうか。
内服薬としては、消炎鎮痛剤や筋弛緩剤がありますが、医師による投与が原則です。
外用薬としては、湿布などの使用があります。カプサイシン配合のものを試してみて下さい。
注射剤としては、鎮痛剤やステロイド剤の使用がありますが、専門医の指導のもとで。
温熱治療としては、入浴治療やマイクロウェーブ治療などがあります。
漢方薬では、葛根湯(カッコントウ)が有効な場合が多いです。

日常生活での注意事項は;
肩を冷やさないこと。
無理に肩を動かさないこと。
急性症状の時はとにかく肩を安静に保つ。
痛みが軽減したら、軽い運動療法を始めますが、激しい運動は症状の悪化を招きますので、くれぐれも軽い運動を行うこと。
運動は軽いアレイや電話帳、カバンなどを持って、下に腕をたらし、痛くない範囲で前後に振る程度のものがよいでしょう。

reikomamaさんの症状が本当に五十肩であるならば、上記のような対応でよいでしょう。
他の疾病が隠れている場合もありますので、整形外科の外来で診断してもらいましょう。
お大事に。
kawakawaでした。
お礼コメント
reikomama

お礼率 90% (28/31)

私の症状はまさにkawakawaさんのおっしゃるとおりなんです!今年の夏は特に暑かったので、肩を冷やさないようにするのは努力が必要でした。やはり気長に治療するしか
ないようですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆ 大変ですね。 五十肩は疾病名ではなく、症状の名前なので、その原因はいろいろあります。 鞭打ち症や椎間板ヘルニアの一症状として、また疲労や内臓の疾患などからも現れます。 ですから、五十肩は内在する病気の警鐘と考えないといけません。 少しでも早く、その原因を取り除く必要があります。 ただ、五十肩と決め付けてしまうのも危ない場合がありますから、一度は診断を受けることをオススメします。 ...続きを読む
◆Naka◆
大変ですね。
五十肩は疾病名ではなく、症状の名前なので、その原因はいろいろあります。
鞭打ち症や椎間板ヘルニアの一症状として、また疲労や内臓の疾患などからも現れます。
ですから、五十肩は内在する病気の警鐘と考えないといけません。
少しでも早く、その原因を取り除く必要があります。
ただ、五十肩と決め付けてしまうのも危ない場合がありますから、一度は診断を受けることをオススメします。

さて肩の関節周辺は非常に複雑で、機能障害や炎症が起こりやすい場所です。
初期でしたら、まず安静を保つこと。そして病院で診てもらうと、ステロイドホルモンやプロカインの注射が行われます。
慢性期になると、温浴療法や運動療法が必要となります。
これらの各種療法で、ほとんど治癒します。

また辛いときに自分でなんとかするには、「ツボ」が有効です。
手の親指と人差し指の股の部分、骨と骨の間に「合谷(ごうこく)」というツボがあります。
ここをよく指で上下からはさんで、もんでください。
最初はかなり痛むと思いますので、タバコ灸を用いるのも有効です。
その位置にタバコの火を近づけ、「熱い!」と思ったら離します。そしてまた近づける。これを繰り返してください。
手で「合谷」をもむときは、ぐっと挟んだときに、腕を耳に着くぐらい上げてみてください。
楽に上がるはずです。
できれば、だれかに「合谷」を強く押さえていてもらって、腕を上げると楽だと思います。
お礼コメント
reikomama

お礼率 90% (28/31)

Nakaさん、どうもありがとうございます。今は慢性期のようでお湯で温めたりすると症状が軽くなります。人によって治癒する期間が長い人と短い人がいるようで、私もしんどくなってから早や半年です。あとどれぐらいこの痛みが続くのかと思うと気が重くなりますが、お薦めに従ってやってみようと思います。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2

本当に五十肩だとしてお答えします。 即効性のある治療法としては ペインクリニックを受診して、肩甲上神経ブロックを受けて下さい。 本当に五十肩であれば数分で痛みが取れます。 その上で、後療法として運動療法をしっかり行って下さい。うまくいけば一回から数回で完全に症状がなくなります。うまくいかなくても症状は改善します。ただし、診断が違っていたり、後療法をしっかりしないと高価はありません。 ...続きを読む
本当に五十肩だとしてお答えします。
即効性のある治療法としては ペインクリニックを受診して、肩甲上神経ブロックを受けて下さい。
本当に五十肩であれば数分で痛みが取れます。
その上で、後療法として運動療法をしっかり行って下さい。うまくいけば一回から数回で完全に症状がなくなります。うまくいかなくても症状は改善します。ただし、診断が違っていたり、後療法をしっかりしないと高価はありません。
お礼コメント
reikomama

お礼率 90% (28/31)

数分で痛みがとれるなんて、ゆ、夢のようです。
ペインクリニックは最近よく聞きますが、こういう状態の
ときに行く医院だったのですね。ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ