• ベストアンサー
  • 困ってます

カルボカチオンの安定性

教科書にこうありました。 「カルボカチオンはアルキル置換基が多いほど安定である。アルキル基が電子供与性で,カチオン中心のsp2炭素の正電荷を分散できるからである」 1.「電子を供与する」と「正電荷を分散できる」が矛盾しているように見えてなりません。負電荷を供与すれば反発して,むしろカチオン中心に正電荷が寄るのではないでしょうか? 2.また,わかればでいいので,アルキル基がなぜ電子供与性をもつのか,電気陰性度の話などをまじえて,直感的に説明できれば,そちらもお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数148
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1.矛盾してません。カチオン中心は正電荷をもっており電子が足りません。そこで周りに電子豊富な置換基があればそこから電子を引きつけます。そうすると中心の正電荷は弱まり、電子供与基は電子が離れたため少し正に偏ります。これは全体で見ると元々カチオン中心にあった正電荷が、ぼんやりと周囲に分散しているように見えます。 2.水素と炭素の電気陰性度を比べて下さい。Hは2.2でCは2.6です。H<Cですので、C-H結合ではCが負に、Hが正に偏ります。ではメチル基ではどうでしょう。メチル炭素は三つのCーH結合があり、それぞれから電子を引っ張っているので若干負に偏っています(電子豊富)。そのため、電子求引基があるとメチル基は電子供与的に働きます。メチル基に限らずアルキル基は同様にCーH結合の極性に起因して電子供与基となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます!とてもわかり易い説明でした。

関連するQ&A

  • プロトン移動について

    アルケンがプロトンを求電子付加し逆マルコウニコウ則に伴ってアルキル基がより多く置換された方にカチオンが立つと思われます。その後付加した方のプロトンが移動してカチオンがなくなり、逆に付加した方の炭素がカチオンになるということはあり得るのでしょうか?

  • アルキル置換アルケンの相対的反応性について

    アルキル置換アルケンは、アルケンに結合している水素の数が少ないほどより安定で、アルキル置換されている数が多いほど安定のようですが、反応性については場合によるみたいなのですが、他に立体障害などの要因があるようです。 また、多置換なほど安定なのは、超共役によってアルキルから電子が、アルケンの炭素のπ*軌道に供与されることによって、アルケンの炭素の電子がもう一つのアルケンの炭素との間に非局在化するために安定化するようなことを習ったのですが、 これらの考え方などはあっているのでしょうか?また、足りない要因のようなものがあったらすごく専門的な内容でもよかったら教えてください。

  • カチオンとアニオンの安定性のついて

    カルボカチオンの安定性は、第三級>第二級>第一級の順になっているのは超共役による要因があることがあるのは分かるのですが、カルボアニオンの安定性については教科書に載ってなかったのでお聞きしたいのですが、同じような考えだとアニオンの場合は電子を引かれる方が負電荷が非局在化されるために安定化すると思うので、安定性は、第一級>第二級>第三級の順になるのでしょうか? もし間違っていることがあったり、他に要因がある場合、訂正や補足をお願いします。

  • 有機化学に関する問題です

    なぜアルキル基が電子供与性基となるのか、また水素がなぜ電子吸引性基なるのか教えてください。

  • アルキル基の電子供与性

    アルキル基の電子供与性はいかなる理由(構造)によるものですか?

  • Hammett(ハメット)則について

    log(k'/k)=ρ×σ   k:置換前の速度定数、k':置換後の速度定数   ρ:置換基効果の尺度を示す反応定数、σ:置換基定数 上記のHammett則において、質問があります。文献で「ρ>0ならば遷移状態が負電荷を帯びていて、ρ<0ならば正電荷を帯びている」という記述がありました。 なぜρ>0ならば遷移状態が負電荷であると分かるのでしょうか?この理由がわかりません。

  • 電子吸引基と酸性度

    教科書にこうありました。 「酸がH+ を放出して共役塩基になると,負電荷が生じるので,余分の電子を引きつける置換基によって塩基が安定化される。つまり,電子吸引基は塩基を安定化し,酸性度を強くする」 塩基が安定化すれば酸性度が上がるのはわかりますが,「余分の電子を引きつける」のと「塩基が安定化する」がつながるのがわかりません。 宜しくおねがいします。

  • 硝酸の構造式

    硝酸の構造式は下記のどっちになりますか? 矢印の向きを忘れてしまいまして。 (1)HO-N=O  (2)HO-N=O     ↓        ↑      O         O (1)の方だと思っているのですが ちょっと不安でして。 負電荷から正電荷へ矢印を伸ばすのか、 それとも、電子供与体から電子受容体に伸ばすのか? 少し混乱しています。 よろしくお願いします。

  • 電子と斥力について

     電子についての質問です。  電子は負電荷を帯びていて、例えば、それが他の電子に近づくと負電荷と負電荷同士ですから斥力が生じることは簡単に理解できます。    しかし、電子は、自分自身に斥力を生じさせることはないのでしょうか?   電子が均質な「何か」からできた「球」で、それが負電荷を帯びていると想定するならば(私はそのように電子を考えています)、当然大きさがあるわけですから、電子の表面とその中心には距離があって、とするなら、表面のマイナスと中心部のマイナスが斥力を及ぼすべきだと思うのですが・・・。  そうすると、電子は斥力でばらばらになってしまいますし、ならないなら電子をばらばらにしないようにつなぎとめておく力といったものがあるのでしょうか?  大きさを持たない点だと考えると、質量があるのも変ですし・・・。  そもそも、電子は何からできているのかも疑問です。  よろしくお願いします。

  • カルボキシラートイオン

    カルボキシラートイオンは電子求引基があると負電荷が非局在化して安定化し酸性が強くなると教わりましたが、負電荷が非局在化して安定するとはどういうことででしょうか?