OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

F.O.B.とC&F

  • 暇なときにでも
  • 質問No.916
  • 閲覧数3905
  • ありがとう数47
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 15% (3/19)

輸入する時に使っていると思うのですが、F.O.B.とC&Fって何でしょう?
解る方いらしゃいましたら教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

知らなかったので、ちょっと私なりに調べてみた結果です。

貿易取引に利用される代表的なトレード・タームズ
(Trade Terms 貿易定型取引条件)をまとめた国際規則である
インコタームズ(INCOTERMS)というものがあります。
そのインコタームズの中で実際によく使われている
トレード・タームズに、FOB, C&F というものがあります。

FOB(Free On Board)とは、本船渡し条件のことです。
売主は船積み原価で売り、買主が本船と保険を手配します。
つまり船積港での本船への積込によって取引が行われます。

C&R(Cost And Freight)とは、運賃込み本船渡し条件のことです。
売主が本船を手配して、船積み原価(Cost)+運賃(Freight)で売り、
買主が保険を手配します。

ちなみに、売主が本船と保険を手配して、
船積み原価(Cost)+運賃(Freight)+保険料(Insurance)で売る条件は
CIF(Cost,Freight,Insurance)といいます。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

FOB(フリーオンボード)で面白いのが、リスクの部分です。この契約の場合で、商品が例えばコンテナに入っているなどの場合、具体的に売り手の責任は、クレーンでそのコンテナを吊り上げて船の上(空中)に入るまでなんです。その時点で仮にワイヤーが切れて船に落ちて商品がパーになったとしても、売り手には責任はかかりません。それが、吊り上げた瞬間ですと、海もしくは陸に落ち、売り手の責任となります。
FOB(フリーオンボード)で面白いのが、リスクの部分です。この契約の場合で、商品が例えばコンテナに入っているなどの場合、具体的に売り手の責任は、クレーンでそのコンテナを吊り上げて船の上(空中)に入るまでなんです。その時点で仮にワイヤーが切れて船に落ちて商品がパーになったとしても、売り手には責任はかかりません。それが、吊り上げた瞬間ですと、海もしくは陸に落ち、売り手の責任となります。


  • 回答No.3
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/1)

輸入品を買うときの価格設定の種類として使われることが多いですよね。 FOB価格は船に商品を積みこむまでにかかった経費(COST)を含んだ価格です。 C&F価格は船に積みこむまでの経費(COST)に、輸入地までの運賃(Freigt)を足した価格です。COST & FREIGHTのイニシャルをとってC&Fと言います。
輸入品を買うときの価格設定の種類として使われることが多いですよね。
FOB価格は船に商品を積みこむまでにかかった経費(COST)を含んだ価格です。
C&F価格は船に積みこむまでの経費(COST)に、輸入地までの運賃(Freigt)を足した価格です。COST & FREIGHTのイニシャルをとってC&Fと言います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ