解決済みの質問

質問No.779228
すぐに回答を!
すぐに回答を!
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数3
閲覧数869
SIDS乳幼児突然死症候群 の死亡例
 SIDSは、何の前触れもなく乳幼児が突然死亡する
病気で、乳幼児が寝ているときに、いつの間にか死亡
していたということがほとんどとの事ですが
寝ているとき以外の死亡例というのはあるのでしょうか?
具体的にどんなことがあるのでしょうか?

ネットなどでいろいろ調べてみたのですが、それについ
てはしらべきれませんでした。

よろしくお願いします。
投稿日時 - 2004-02-14 14:23:49

質問者が選んだベストアンサー

回答No.2
SIDSに、その他わけの分からない死因は含まれませんよ。
こちらにSIDSと診断される要因が書かれています。
窒息も含まれませんし、本当に突然なくなってしまうんですよね。
去年かなり詳しくSIDSについて調べ、勉強しましたが、私も寝ている間以外の例を見つけることは出来ませんでした。
やはり寝ているときになることが一番多いのだと思います。
ですので、保育園などでの昼寝中に無くなった事故が、保育園側はSIDSだといい、保護者側は窒息だという。
そのことからも、窒息や心臓麻痺などはSIDSに含まれないことが分かると思います。

寝ている間にしか起こらないのでは???と私自身は理解しておりましたが・・・。
投稿日時 - 2004-02-15 22:16:05
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)

ベストアンサー以外の回答 (2)

回答No.3
1番です。
>去年かなり詳しくSIDSについて調べ、
2晩の方を優先してください。私が調べたのは孫が生まれたときですから.かなり前です。
ただ.窒息と心臓麻痺が除かれたのは最近のはずです。
投稿日時 - 2004-02-16 02:38:29
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.1
記憶があやふやですが
心臓麻痺。
ただし.70%ぐらいが.睡眠中に寝具で気道をふさがれて窒息死が原因です(うつ伏せねを禁止したら発生率が70%ダウン)。
残る30%のうちいつくかか.親が鉛など重金属濃度の高い地区に住んでいた場合.重金属ちゅぅどくによる神経麻痺を伴う心臓麻痺です。
その他のわけのわからないものも「突然死症候群」に含まれています。たとえば何かしらかのショック死(例として親の暴行により子供がショック死。暴行が立証されない限り乳幼児突然死症候群に分るいされます)
投稿日時 - 2004-02-15 04:22:22
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
深夜の怪盗・・・、いや 回答ありがとうございます♪

なるほど、”その他のわけのわからないものも
「突然死症候群」に含まれて”いるんですね。

基本的に比較的長い時間、子どもから目が離れてしまう
睡眠時には、発見が遅れて手遅れということもあり
死亡率も高いのかもしれませんが、単におすわりをしていたり、あるいは寝転がっていても、明らかに寝てはいないときのSIDSの発生例があるのかどうか
もっと簡単に言うと、この病気は ”寝ているときにおきる病気”という言い方が、イヤイヤそうとも限らないから
その言い方は間違いだヨ、といえるのかどうか
といったところがまだ少し分からない点です。

ありがとうございました。 (^O^)
投稿日時 - 2004-02-15 10:54:27
この質問は役に立ちましたか?
4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
妊娠

出産・育児のサブカテゴリ

-PR-
-PR-

【マネー特集】 お得なクレジットカードで、今こそ節約!

-PR-

特集

試写会に30組60名様をご招待!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

親同士が気軽に情報交換できるコミュニティです。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
妊娠
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-