-PR-
締切り
済み

体液の組成

  • 困ってます
  • 質問No.70404
  • 閲覧数2537
  • ありがとう数0
  • 気になる数1
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/35)

血清および血漿の電解質組成の正常範囲を知りたいんですけど、よい情報はないですが?Ca2+、Mg2+、HCO3-、HPO42-、SO42-、有機酸イオン、たんぱくイオンの範囲が知りたいです。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「電解質」 このページで特に「説明」の項の関連リンク先を参考にして下さい。 さらに、 ◎http://www.e-info.ne.jp/izumi/5.htm (電解質異常・酸塩基平衡・水分代謝について) ご参考まで。 ...続きを読む
直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「電解質」
このページで特に「説明」の項の関連リンク先を参考にして下さい。

さらに、
http://www.e-info.ne.jp/izumi/5.htm
(電解質異常・酸塩基平衡・水分代謝について)

ご参考まで。


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 57% (269/468)

教科書的なことでよろしければ、以下のようになっています。 人の体の60%は、水分でそのうち3分の2が細胞内液、3分の1が細胞外液です。細胞外液には、血漿と組織間液がありますが、組成はほぼ同じで、唯一異なるのは、血漿のほうが陰イオンとしての蛋白の含有が多いことです。 細胞内液の組成は、細胞外液とは著しく異なっています。 血漿の組成はmEq/L単位で、陽イオンとしてNa 142, K 4,Ca 5,Mg ...続きを読む
教科書的なことでよろしければ、以下のようになっています。
人の体の60%は、水分でそのうち3分の2が細胞内液、3分の1が細胞外液です。細胞外液には、血漿と組織間液がありますが、組成はほぼ同じで、唯一異なるのは、血漿のほうが陰イオンとしての蛋白の含有が多いことです。
細胞内液の組成は、細胞外液とは著しく異なっています。
血漿の組成はmEq/L単位で、陽イオンとしてNa 142, K 4,Ca 5,Mg 3,陰イオンとしてCl 103, HCO3 27, HPO4 2, SO4 1,有機酸 6, 蛋白 16
組織間液は、血漿に比べ、蛋白が低く、Clがやや高めです。
細胞内液は、陽イオンとしてK 157, Na 14, Mg 26, 陰イオンとしてHPO4 110, 蛋白 74, HCO3 10, SO4 1(およそです)となっています。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ