解決
済み

液晶に変な線が。

  • 困ってます
  • 質問No.69102
  • 閲覧数127
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 72% (8/11)

液晶の真ん中あたりに、横一線、空白っぽい線がはいってしまいました。
傷ではなく、どうも光の線(?)のようです。
よく、ドット落ちと言いますが、これがそうなのでしょうか?

もし修理をする場合、およそいくらほどかかるものなのでしょうか?もちろん、程度や状態によって異なるかと思いますが、同じようなご経験をされた方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
私のマシンは、Telios(Win CE機)です。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

そうですね・・・

どっと落ちだと思いますが、何かショックとかを
与えたのでしょうか?
#私もTeliosを持っていますが、未だに問題は
#出ていませんね。やっぱり液晶のSharp!

それと、Windows CE機だと修理するよりも買い換えの
方がやすくなってしまうかもしれませんね。

一度Sharpのサポートに連絡して、いくらくらい
かかるかを聞いてみてはどうですか?
#場合によっては保証が利くかも。

ではでは☆
お礼コメント
zoso

お礼率 72% (8/11)

ご回答をいただいた皆様へ。

お返事が遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

やはり、ドット落ちの可能性大ですね。貧乏なもので、
買い替えというのもかなりきついので(涙)、
(いや、修理さえキツイデス)
VRAMさんのおっしゃる現象を期待して、このまま使ってみます。早く冬にならないだろうか。

ともあれ皆様、親切なご回答、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-30 15:30:27
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 31% (18/57)

どの程度の線なのでしょうか? ドット落ちというのは、見てかなり気になるレベルですが、言われれば気づくという程度のものでしょうか? 液晶は、ドライバ(液晶を駆動する回路)が複数で構成されています。 一般的には上下を2分割して、上にひとつ、下にひとつ、というふうに駆動しています。 ドライバはお金をかけると特性を均一なものを選択することが出来ますが、安価に提供するために特性が多少ばらついてます。 その ...続きを読む
どの程度の線なのでしょうか?
ドット落ちというのは、見てかなり気になるレベルですが、言われれば気づくという程度のものでしょうか?
液晶は、ドライバ(液晶を駆動する回路)が複数で構成されています。
一般的には上下を2分割して、上にひとつ、下にひとつ、というふうに駆動しています。
ドライバはお金をかけると特性を均一なものを選択することが出来ますが、安価に提供するために特性が多少ばらついてます。
そのため、上下で多少違った表示がされるため、「線」として認識されるようになってしまうことがあります。
これであれば、どうしようもないことなのですが・・・


  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 25% (42/162)

私も同じ経験をしたことがあります。 で、そのまま使い続けると面白いことがわかりました。 その現象は夏に発生し冬には直るというものでした。 熱による膨張で配線が切れて冷えると元に戻るようでした。 こちらの現象はこんなところです。
私も同じ経験をしたことがあります。
で、そのまま使い続けると面白いことがわかりました。
その現象は夏に発生し冬には直るというものでした。
熱による膨張で配線が切れて冷えると元に戻るようでした。

こちらの現象はこんなところです。
  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 6% (58/850)

僕のパソコンも買ったとき同じことになっていました。 もちろん、新品の同じ品物に代えてもらいました。
僕のパソコンも買ったとき同じことになっていました。
もちろん、新品の同じ品物に代えてもらいました。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ