総ありがとう数 累計4,290万(2014年11月1日現在)

毎月4,000万人が利用!Q&Aでみんなで助け合い!

-PR-
kk71

新撰組最強と言われた天才剣士・沖田総司ですが、
本当に、強かったのでしょうか?

早い時期から、師匠である近藤や土方を、はるかに凌ぐ剣術の腕前・・と、されていますが、
近藤、土方は、目立って剣術が強かったわけでは、ありませんよね?
隊内の試合や、稽古で最強だったのでしょうか?
実際の斬り合いで、活躍が目立ったのでしょうか?

そもそも、剣客集団新撰組は、奇襲・待ち伏せ・多勢に無勢、敵を倒すためなら、なんでもあり集団だったとか。
(本当に、剣豪の集まりだったのか?)

個人の憶測でしかないですけれど、真の新撰組最強は、誰だったのでしょう?
また、沖田総司が、現在の全日本選手権に出た場合、優勝できるでしょうか?(笑)
  • 回答数7
  • 気になる数0

Aみんなの回答(全7件)

質問者が選んだベストアンサー

  • 2009-09-21 16:23:08
  • 回答No.1
夢を壊すようで申し訳ありません
我々が知っている新撰組のほとんどは明治の時代に子母沢寛が想像で書いた小説から広げられた物です
現代の新撰組関連の小説や話は全てこの人の作品から広がったと言っても過言ではありません

近藤勇は稽古では弱かったようです、道場破りのような事があると助っ人を頼んでいたようですよ
沖田総司も早死にした為に話を大きく膨らまされたのでしょう
それだけあの時代ではこの人たち個人を知るような人が少なかったのでいくらでも膨らませられたという事です

剣道と真剣術は全く違うのでもし沖田総司が剣術最強なら剣道の世界で優勝するのは難しいのではないでしょうか?
剣道の大会で刀を振り下ろしたり振り切るところなんて見た事無いですよね
また刀で面、面、面、なんてできる訳がありません

よって練習方法も変わってくるので剣道の大会でどうこうと言うのはナンセンスだと思います

『小さな親切大きなお世話、アナタの悩みママンが解決致します』
お礼コメント
やはり、小説での英雄伝でしか無いのですね・・・。
最強伝説とともに、美男子伝説まで造られて、小説の力は凄いですね^^
投稿日時 - 2009-09-22 13:47:27
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0

その他の回答 (全6件)

  • 2009-09-21 16:32:22
  • 回答No.2
どうだろ(笑)。
現在でもちゃんと「天然理心流」は存在してるからね、迂闊な事は言えないよね。

文献では「本気になった沖田は、近藤さんよりも強い」と隊士の一人が言ってるようだし、まずは最強といってもいいのでは?。

また、当時の戦い方として「やあやあ我こそは…」なんて言いませんから(笑)「なんでもあり」は幕軍だろうが、維新志士だろうが関係なく「非情」なものだったのは間違いないでしょう。
「剣豪」は宮本武蔵でお仕舞いだったりして?。

土方は戊辰戦争ではすっぱりと「髷」を落としていますし、銃器への反発というものも見られません。
「より強力な武器を選ぶ」のは鉄則ですから、少なくとも土方は「刀を捨てる」ことにあまり躊躇は無かったんじゃないでしょうか?。
京都見回り探索には、小太刀や脇差が便利だっただけで、特に刀に偏愛するようなことは考えられなかったんじゃないでしょうか。
…近藤勇は思い入れが強かったかもしれませんけどね。
お礼コメント
宮本武蔵も怪しいものです(笑)
太陽を背に戦ったり、大遅刻して来たり、「生き残るが勝ち!!」
単なる作戦の名人だったりして(笑)
投稿日時 - 2009-09-22 13:52:31
通報する
  • 同意数1(1-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-23 00:31:04
  • 回答No.7
>ちなみに実際に斬ったとされる倒幕派浪士は、1863年から1867年の間で20人未満。
たくさんの浪士を斬ったと言うのは後年の小説などの誇張。

内部粛清は40人強。(油小路含む)
戊辰戦争で倒した正確な人数はさすがに分りません。
お礼コメント
内部での揉め事の方が多いような・・・。
案外、浪士を守るための用心棒と、ペーペーの隊士同士が斬り合って、死んだ数が多いのかも知れませんね・・。
投稿日時 - 2009-09-23 13:40:53
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-23 00:21:27
  • 回答No.6
一般的には沖田・永倉・斉藤と言われていますね。
生き残った阿部十郎の話でもこの三人が出てきたはずです。
(強いのは、一に永倉・二に沖田・三に斉藤と証言)

個人的にはそれに芹沢鴨・服部武雄を加えた5人の内のいずれかだと思っています。
近藤も間違えなく強かったでしょうが、剣の腕では上記の5人に劣る。
しかし気概がずば抜けていたのでは。
土方は、剣の腕よりも組織を運営する術に優れていた印象です。


>そもそも、剣客集団新撰組は、奇襲・待ち伏せ・多勢に無勢、敵を倒
すためなら、なんでもあり集団だったとか。
(本当に、剣豪の集まりだったのか?)

新選組は武装警察ですから、役目は倒幕派浪士の捕縛・場合によって斬り捨てです。
捕縛するために1対1の斬り合いをする必要はない。
むしろ格好付けて1対1で戦おうとして逃げられたら、それこそ元も子もありません。
剣客の集まりであっても、宮本武蔵のような1対1の果し合いをする剣客とは立場が違います。
芹沢暗殺や伊東一派との戦いでは、確かに手段選ばず・・・ですが。

ちなみに実際に斬ったとされる倒幕派浪士は、1863年から1867年の間で20人未満。
たくさんの浪士を斬ったと言うのは後年の小説などの誇張。


>また、沖田総司が、現在の全日本選手権に出た場合、優勝できるでしょうか

天然理心流は道場剣術では二流・三流、しかし実際に斬り合いで本領を発揮する。
この逸話は本当なら、その手の大会では難しいかもしれません。
斉藤なら、明治になってから警察内での大会で勝ったと言う話が確かあった。(模範試合だったかも)
お礼コメント
これまでで、謎がひとつ増えました。
実戦向きでない現代剣道を、なぜ、警察学校では続けているのでしょう?
機動隊や、警官も、刀もって戦うわけではないですからね。
テコンドーに切り替えたほうが良いような・・(笑)
投稿日時 - 2009-09-23 13:32:51
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-21 16:42:28
  • 回答No.3
以前、「壬生義士伝~新選組でいちばん強かった男~」の時代劇があり、二番隊組長の永倉新八が、新選組でいちばん強い男になってました。
お礼コメント
謎ですね(笑)
投稿日時 - 2009-09-22 13:53:24
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
  • 2009-09-21 16:42:47
  • 回答No.4
NO1さんの回答の通り、誰が強いかというのは難しいですよね。
真剣の戦いの場合、ちょっとしたはずみで勝ち負けが決まりますし、
道場での強さが当てはまるとは思えません。
 
 あえて言うなら(いろいろな小説等を見ての私見ですが)
斉藤一 ではないでしょうか。
 ニヒルな剣士、幕末のゴルゴ13という感じがします。
質問者さんがいう通り、新撰組は奇襲・待ち伏せ・多勢に無勢
、敵を倒すためなら、なんでもあり集団だったと(池田屋の変等除く)
私も思いますし、基本的には相手を必ず倒すため、三人で相手にかかる
と、いう戦い方です。
 だからといって、弱い人の集まりだとは言えないと思います。
 
勤皇の志士と呼ばれる連中の暗殺の方が、よっぽどやり方が武士らしく
ないと思いますが。。
 ちなみに、沖田さんは一回戦負けでしょう(笑)ルールが違いすぎ。
お礼コメント
斎藤一は、写真が残っていますね。
ニヒルとは程遠い印象ですが、案外、こういう人が本当に強いのかも知れません(笑)

やはり、現代剣道はスポーツなのか^^
投稿日時 - 2009-09-23 13:11:53
通報する
  • 同意数0(0-0)
  • ありがとう数0
6件中 1~5件目を表示
  • 回答数7
  • 気になる数0
  • ありがとう数24
  • ありがとう
  • なるほど、役に立ったなど
    感じた思いを「ありがとう」で
    伝えてください

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

別のキーワードで再検索する

あなたの悩みをみんなに解決してもらいましょう

  • 質問する
  • 知りたいこと、悩んでいることを
    投稿してみましょう
-PR-
-PR-
-PR-

特集

専門医・味村先生からのアドバイスは必見です!

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

  • easy daisy部屋探し・家選びのヒントがいっぱい!

-PR-
ページ先頭へ