OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

辛いシシトウの見分け方

  • 暇なときにでも
  • 質問No.5028
  • 閲覧数37757
  • ありがとう数41
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 57% (22/38)

先日テレビで放送していたそうですが、
私は見損ねてしまいました。(残念・・・)
どなかた見ていた方、辛いシシトウの見分け方を教えて下さい。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

見分け方というより食べ方になりますけど ししとうが辛い部分はへたの部分がからいです。 なので調理する前にへたの部分を切り取って調理すれば 特別辛いししとうにはなりません。 自分は好きでししとうをよく食べるのですが すっごく辛いししとうに何度かあたったことがあります。 しかしへたの部分を切り取って食べるようにしたら 辛さに若干の違いはありますが あまり辛くないししとうを食べられることに気がつきました。
見分け方というより食べ方になりますけど
ししとうが辛い部分はへたの部分がからいです。

なので調理する前にへたの部分を切り取って調理すれば
特別辛いししとうにはなりません。

自分は好きでししとうをよく食べるのですが
すっごく辛いししとうに何度かあたったことがあります。

しかしへたの部分を切り取って食べるようにしたら
辛さに若干の違いはありますが
あまり辛くないししとうを食べられることに気がつきました。


  • 回答No.4

辛いシシトウにも辛くないシシトウにも辛味成分(カプサイシン)は含まれています。カプサイシンがある一定濃度(これを閾値といいます)を超えたものを辛いと感じるわけで、辛味を感じる敏感さは人によって異なります。辛党のおばあちゃんは辛味に鈍感な可能性が高いので、全くあてにならないでしょう。  試食させるなら、子供、できれば幼児・赤ん坊にさせるのが一番です。カプサイシンには非常に敏感ですから、大人が感じないレベル ...続きを読む
辛いシシトウにも辛くないシシトウにも辛味成分(カプサイシン)は含まれています。カプサイシンがある一定濃度(これを閾値といいます)を超えたものを辛いと感じるわけで、辛味を感じる敏感さは人によって異なります。辛党のおばあちゃんは辛味に鈍感な可能性が高いので、全くあてにならないでしょう。
 試食させるなら、子供、できれば幼児・赤ん坊にさせるのが一番です。カプサイシンには非常に敏感ですから、大人が感じないレベルでも辛味を見分けてくれます。
 そんな残酷なことはできないけどシシトウは食べたいということなら、時期に注意して下さい。4月頃は結構辛いのに当たったりします。ですが、6月~7月は当たりは少ないです。8月~9月中は当たることもあります。秋から冬にかけてはまた当たりが少なくなります。理由については書けませんが(匿名ではね)、当たりの少ない時期に食べると良いと思います。
 ちなみに、私は辛いシシトウは大好きです。
  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 16% (10/59)

先日のTVでの放送は私も観ていませんが、昔、 某有名関西人気長寿バラエティ番組『探偵ナイトスクープ』 にて北野誠探偵が調べていましたよ。 結果は『種が多いのが辛い!』 でした。数が全然違うっぽかったですよ! ちなみに、ぶこちとししとうの見分け方は『焼く』 とぶこちは緑が汚く濃くなるのですぐ判ります。 ...続きを読む
先日のTVでの放送は私も観ていませんが、昔、
某有名関西人気長寿バラエティ番組『探偵ナイトスクープ』
にて北野誠探偵が調べていましたよ。
結果は『種が多いのが辛い!』
でした。数が全然違うっぽかったですよ!

ちなみに、ぶこちとししとうの見分け方は『焼く』
とぶこちは緑が汚く濃くなるのですぐ判ります。
お礼コメント
mamrin

お礼率 57% (22/38)

ありがとうございました。
種が多いかどうか、中を見なければわからないのですね。
では、丸ごとてんぷらにしたり焼いた場合は、
「ガブッ」とかまずにちょこっとかんで中を見る・・・って、なんか行儀悪いですネ!
でも私、辛いの苦手なんでそうします。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.2

 テレビでどのように放送したのか知りませんが、機器分析をするならともかく、普通の人には食べてみる以外には判別は不可能です。極めて鼻の良い人であれば、辛味原因物質のカプサイシンを嗅ぎ分けて判別することができるかも知れませんが、これにはイヌ並の嗅覚が必要です。  大人はともかく、小さな子が辛いシシトウを食べたりすると大騒ぎになり、生産者や流通業者に苦情がきます。そこで、生産者、流通業者とも気をつかっているの ...続きを読む
 テレビでどのように放送したのか知りませんが、機器分析をするならともかく、普通の人には食べてみる以外には判別は不可能です。極めて鼻の良い人であれば、辛味原因物質のカプサイシンを嗅ぎ分けて判別することができるかも知れませんが、これにはイヌ並の嗅覚が必要です。
 大人はともかく、小さな子が辛いシシトウを食べたりすると大騒ぎになり、生産者や流通業者に苦情がきます。そこで、生産者、流通業者とも気をつかっているのですが、見分ける良い方法がないというのが実状です。
 なお、辛味が出やすい条件というのはある程度知られています。例えば低温のため果実の肥大に時間がかかったりした場合です。種子は多い場合はあまり問題なく、むしろ少ない場合に肥大に時間がかかったりしているので要注意です。
お礼コメント
mamrin

お礼率 57% (22/38)

おおっと!
mew-mewさんと逆で種が少ないと辛いというお答えですね。
危ない危ない・・・もうちょっとでバクッといっていまうところでした。(ウソウソまだ食べてません)
私はどうしたらよいのでしょう?
いっそのことシシトウを食べることはあきらめましょうか?(笑)
どうもありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 64% (69/107)

「探偵ナイトスクープ」という番組で放映された内容を大雑把に言うと、誠探偵たちが買って来たシシトウを分解(?)して中に入っていた種の数ごとに皿の上に分け、食べてみて辛さが違うか比較するというもので、結果として辛いシシトウは中の種が少なく、辛くないものは種が多かった。というものでした。あとで「シシトウの中の種の量で辛さが決まってしまうのか?」ということを農家の方に聞く場面も出ていましたが『農家ではそれは常識! ...続きを読む
「探偵ナイトスクープ」という番組で放映された内容を大雑把に言うと、誠探偵たちが買って来たシシトウを分解(?)して中に入っていた種の数ごとに皿の上に分け、食べてみて辛さが違うか比較するというもので、結果として辛いシシトウは中の種が少なく、辛くないものは種が多かった。というものでした。あとで「シシトウの中の種の量で辛さが決まってしまうのか?」ということを農家の方に聞く場面も出ていましたが『農家ではそれは常識!』とか言われてましたので、どうしても辛く無いものが食べたいなら分解して中の種を確認してください(笑:この質問については農家の方に答えを聞いたページがあるのでよろしければhttp://www.yomiuri.co.jp/osaka/mono/990702b.htmを参照してください。)
農家の意見は「種の数以外だと形が悪いものは辛い」ということで、出荷時に辛いかどうか見分けるのは『形』で判断しているそうです。だから時々買ったシシトウに辛いのが混じっているんですね…。
お礼コメント
mamrin

お礼率 57% (22/38)

やっぱり、ポイントは種ですか。
う~ん。どうしても中を見ないといけないのですね。
レントゲンでも撮りますか。(笑)
どうしても丸ごと料理をしたい場合は辛いのに当たってしまってもしょうがないわけですね。
どうもありがとうございました。
とりあえず、おばあちゃん(うちのおばあちゃんは結構辛党なんです)に味見してもらってから(をいをい、そりゃ毒味か?)私が食べます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 29% (22/75)

私の独自と偏見から見つけました。 加熱調理をしたときに辛いししとうはかおりが強いですね、香りに気おつけていればけっこう簡単に見極められます。 ただ、残念なことに生のしし唐での見極め方はむづかしいです。しげていると辛いのが多いようですね。
私の独自と偏見から見つけました。
加熱調理をしたときに辛いししとうはかおりが強いですね、香りに気おつけていればけっこう簡単に見極められます。
ただ、残念なことに生のしし唐での見極め方はむづかしいです。しげていると辛いのが多いようですね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ