-PR-
締切り
済み

受取通帳の印紙について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.46056
  • 閲覧数2102
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

受取通帳(代金支払帳?)に400円の印紙が貼ってあるのをみたことがありますが、200円で、いいのではないのでしょうか。
また、その通帳で金額が100万以上が発生した場合どうしたらいいのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

印紙税は課税される文書の種類(号数)ごとに決められています。受取通帳は19号文書に該当して、1年ごとに400円と決められています。 200円というのは、金融機関などの通帳の場合です。 また、その通帳で100万円以上の場合もべつに問題ありません。 印紙税より抜粋 19号文書  〔消費貸借通帳、請負通帳、有価証 券の預り通帳、金銭の受取通帳などの通帳〕 (注)18号の通帳を除きます。 1年 ...続きを読む
印紙税は課税される文書の種類(号数)ごとに決められています。受取通帳は19号文書に該当して、1年ごとに400円と決められています。
200円というのは、金融機関などの通帳の場合です。
また、その通帳で100万円以上の場合もべつに問題ありません。

印紙税より抜粋
19号文書  〔消費貸借通帳、請負通帳、有価証
券の預り通帳、金銭の受取通帳などの通帳〕
(注)18号の通帳を除きます。
1年ごとに  400円
お礼コメント
3sukeda

お礼率 50% (1/2)

ありがとうございます
19号文書で1年ごとに400円とわかりました。

ただ、その通帳で100万円以上でもokとのことですが
たとえば250万円の場合、17号文書(1回ごとの領収書?)の
場合600円で、何回も使える19号の通帳では年間400円でokなのはどうも納得いかないのですが
投稿日時 - 2001-03-01 20:17:52


  • 回答No.2

そこが印紙税の盲点なのです、そんな例が色々有ります。 たとえば、領収書を何枚かに分割して発行するのも良いでしょうし、手形も分割すれば節税になります。 手形の場合、510万円の手形を1枚で発行すれば2000円ですが、500万円と10万円の2枚に分けると1200円で済みます。 相手からの支払を銀行振込にしてもらい、銀行の振り込み金領収書を、領収書の代わりにしてもらい、自分で領収書 発行をしなければ ...続きを読む
そこが印紙税の盲点なのです、そんな例が色々有ります。
たとえば、領収書を何枚かに分割して発行するのも良いでしょうし、手形も分割すれば節税になります。

手形の場合、510万円の手形を1枚で発行すれば2000円ですが、500万円と10万円の2枚に分けると1200円で済みます。
相手からの支払を銀行振込にしてもらい、銀行の振り込み金領収書を、領収書の代わりにしてもらい、自分で領収書
発行をしなければ印紙代はかかりません。

また、何か有りましたら補足した下さい。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ