-PR-
hanabida

妊娠中の職業は看護師のものです!(一般病棟外科系・三交代)
現在妊娠10週三ヶ月目ですが、一応吐いたり等のつわり症状は軽い方です!
しかし、準夜勤を連続でしたりすると、下腹部が生理のときみたいなきゅーんと
収縮する痛みや違和感を覚える事もあり疲労回復が追いつかない時もあります。
来月妊娠四ヶ月から深夜勤務を免除されますが、準夜は6回(平均夜勤は深夜4回準夜4回)して欲しいと看護長に言われました。
大丈夫といえばできる気もしますが、腹部違和感を覚えると不安にもなります。
できれば五ヶ月目の12月からは日勤のみに勤務にしてもらいたいのですが
それを申請するのは常識はずれになるのでしょうか?
もちろん、症状に夜勤免除開始時期は異なるでしょうが、平均値というか、
一般的な値は何ヶ目で夜勤をやらなくてよいのか知りたいのです。
経験のあるかた、コメントいただけたら幸いです。
  • 回答数3
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全3件)

    質問者が選んだベストアンサー

    • 2008-10-17 23:04:38
    • 回答No.3
    去年出産し、退職して育児を楽しんでいるものですが、わたしも3交代で整形外科勤務でした。
    夜勤のあとってものすごく疲れていたのを覚えています。時々違和感を感じていましたが、同じように夜勤をしてほしいといわれ産休2週間前まで準夜勤はやってました。その代り、連続では無理ですとはっきり伝え1日準夜勤で次の日は休みというシフトでした。
    深夜も7か月くらいまでは月2回くらいあったように思います。職員が少なくなっていたので、やむをえない状況だったんだと思います。
    NO2さんの言うとおり看護師は切迫になる人が多いようです。産休入るまで働ける人のほうが少ないといわれました。今は良くても、後々もっと辛くなってきますよ。一人の体ではないので、不安があるのならきちんと看護長に言ったほうがいいと思います。
    それか、産婦人科の先生に診断書書いてもらうかしたらいいと思います。
    病棟が忙しかったり、職員の人数が少なかったりすると本当に言いづらいと思いますが、自分のため、お腹の赤ちゃんのため、頑張って言ってくださいね。何事もなく出産できるように願ってます
    お礼コメント
    産休二週間前ですか~!!すごい!
    私もすでに夜勤は一日で次の日は休みになっています!
    私も職員が少ない次期で、介護休暇一人、病欠一人、先輩妊婦一人
    というマイナス3人という状況なのです。
    ですから、ぱっと見た感じ自分は妊婦を忘れる程度の人に見えるので
    求められてしまう節はあります。
    しかし、違和感は無いとは言い切れないので、12月からは
    夜勤を更に減らしてもらうよう言います!ありがとうございます!
    投稿日時 - 2008-10-19 10:15:25
    • ありがとう数0
    -PR-
    -PR-

    その他の回答 (全2件)

    • 2008-10-17 20:40:27
    • 回答No.1
    似たような境遇を経験したものです(私は男ですが…)。 http://www.pref.fukuoka.lg.jp/d09/kongetunoroudousoudan20-06.html 使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならず(労働基準法第65条第3項)、妊産婦が請求した場合においては、時間外労働又は休日に労働させてはなりません(第66条第2項)。また ...続きを読む
    似たような境遇を経験したものです(私は男ですが…)。

    http://www.pref.fukuoka.lg.jp/d09/kongetunoroudousoudan20-06.html
    使用者は、妊娠中の女性が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならず(労働基準法第65条第3項)、妊産婦が請求した場合においては、時間外労働又は休日に労働させてはなりません(第66条第2項)。また、請求した場合には、深夜業をさせてはなりません(第66条第3項)。これらの請求については、時間外労働若しくは休日労働についてのみのもの、深夜業についてのみのもの又はそれぞれについての部分的なものも認められ、妊産婦の身体等の状況の変化に伴う請求内容の変更も認められています。

    何ヶ月の妊婦であろうと、
    妊婦夜勤免除の申請は労働者の権利として保証されています。
    上司がそれを拒否することは、本当はできません。

    仕事よりも、母体を優先してください。
    何かがあっても、誰も責任はとってくれません。
    お礼コメント
    そうですね!
    来月のシフトは出たので、12月からは減らしてもらうよう
    請求します。
    婦長も1月(六ヶ月)からは中止でよいといってくれているので
    物分りの悪い人ではないのです!
    ご意見ありがとうございました!
    投稿日時 - 2008-10-19 10:12:18
    • ありがとう数0
    • 2008-10-17 22:16:05
    • 回答No.2
    おめでとうございます。 私も外科病棟(2交代・3交代変則)に勤務し、この春に出産で退職しました。 私もつわりは2週間ほど辛かったですが、軽いほうだったと思います。 ただ、やはり疲れやすさ、倦怠感、せかせか動くと下腹部が重い(軽度の痛み)があり、子宮頚管もすこし短めだったので、たしか4ヶ月から夜勤免除にしてもらいました。 以後完全に外来のようなカレンダーどおりの日勤勤務をしました。 病棟の ...続きを読む
    おめでとうございます。
    私も外科病棟(2交代・3交代変則)に勤務し、この春に出産で退職しました。

    私もつわりは2週間ほど辛かったですが、軽いほうだったと思います。
    ただ、やはり疲れやすさ、倦怠感、せかせか動くと下腹部が重い(軽度の痛み)があり、子宮頚管もすこし短めだったので、たしか4ヶ月から夜勤免除にしてもらいました。
    以後完全に外来のようなカレンダーどおりの日勤勤務をしました。

    病棟のスタッフの状況もあり、準夜だけでも・・と言われたのかと思いますが、体調に不安があるのなら遠慮せずに申し出たほうがいいですよ。

    なにより自分ひとりの身ではありませんし、看護師という仕事がら力仕事、重症患者のケア、不穏患者の看護など心身辛い業務もあります。
    ちょっと体調が悪くても、スタッフの1人としてその勤務の人員になっていれば、急変やナースコールなど無理をせざるをえない状況が必ず起こります。
    日勤ならまだスタッフも多いと思うので、誰かに変わってもらうことが出来ますが、夜間だと人員も少ないため、もし途中で具合が悪くなったら他のスタッフにも多大な迷惑がかかりますし、患者さんへのケアもととどこおって安全が脅かされる可能性があります。

    もちろん体調に問題なく、夜勤をしながら産休に入るまで元気に働けるひともいるので、夜勤はするなとはいえませんが、私の周りの経験上では看護師の切迫流産・早産での入院・自宅安静は多いです。
    私の周りでは8割は産休まで働けなかったように思います。
    という私も7ヶ月の時に切迫早産になり出産まで自宅安静でした。

    「看護師さんは切迫多いんだよね・・無理しないで。もうこの状況だと休職です。いいね?診断書書くから、もう今日の仕事も途中で帰って。」って言われました・・

    初産でしょうか?
    初産だとすると「おなかの張り」がどのようなものかイマイチわからず、実は張っているのに、このくらいは平気かな?私の体調は悪くないし・・と知らず知らずに無理している事もあります。

    体調と身体所見(産科医の意見)・病棟の状況などを総合して、けっして無理はしないでくださいね。
    お礼コメント
    初産です。
    初産の場合は、お腹が収縮することもあると産科の先生に言われました。
    四ヶ月から日勤のみとはうらやましいです!!
    病棟人数の欠員が3人居る状況なので、なおさら元気傾向の妊婦である
    私は求められてしますのです。
    ただし、確かに自分の主張も言わなければならないので
    12月からは夜勤2回にしてもらうか、もしくは日勤のみにしてもらいます!ありがとうございます!
    投稿日時 - 2008-10-19 10:17:50
    • ありがとう数0
    • 回答数3
    • 気になる数0
    • ありがとう数6
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    自宅でもできるシンプルケアを教えます!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ