-PR-

締切り済みの質問

質問No.433593
困ってます
困ってます
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数1
閲覧数947
ビウレット法とローリー法に
 ビウレット法は塩基性条件下で二価の銅イオンがペプチド結合をもつ物質と錯体を形成するとのことですが、錯体を形成するのはペプチド結合しているNの非共有電子対と配位結合をするということでいいのでしょうか?

 ローリー法はフェノール試薬(モリブデン酸、タングステン酸、リン酸の化合物)がチロシン、トリプトファン、システインのフェノール基によって還元され、リンモリブデンブルーやリンタングステンブルーの青色を呈するとのことですが、どの様な反応なのでしょうか?
 そもそもリンモリブデンブルーやリンタングステンブルーとはどの様な化学式なのでしょう?
投稿日時 - 2002-12-22 16:37:42

回答 (1)

回答No.1
>リンモリブデンブルーやリンタングステンブルーとはどの様な化学式なのでしょう?
ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「ポリ酸の化学」
「ヘテロポリ酸」をキーワードに調べられては如何でしょうか?

ご参考まで。
投稿日時 - 2002-12-25 00:04:19
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
生物学
-PR-

-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

患者さんやご家族、それぞれに合ったゴールと道筋を。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
生物学
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-