-PR-
shinikata

真空装置を扱っている大学生です。
電離真空計のガス出し(DEGAS)は何のために行う作業なのでしょうか?
教えて下さい。お願いします。
  • 回答数2
  • 気になる数0
  • Aみんなの回答(全2件)

    回答 (全2件)

    • 2008-07-09 18:14:54
    • 回答No.2
    真空のイメージをしっかり持ってくださいね。 ガスの分子が空間に点々と存在してます。1気圧ならお互いに激しく ぶつかり合って相互に力を及ぼし合っています。ところが、圧力が 下がってくると、各ガスの分子は疎遠になります。(実際は相当 良い真空でもガス分子はうじゃうじゃいますが)圧力が低いと疎遠に なることは確かです。 そこで、隣の分子が排気されたとしましょう。疎遠だとそのことに 気づかな ...続きを読む
    真空のイメージをしっかり持ってくださいね。

    ガスの分子が空間に点々と存在してます。1気圧ならお互いに激しく
    ぶつかり合って相互に力を及ぼし合っています。ところが、圧力が
    下がってくると、各ガスの分子は疎遠になります。(実際は相当
    良い真空でもガス分子はうじゃうじゃいますが)圧力が低いと疎遠に
    なることは確かです。

    そこで、隣の分子が排気されたとしましょう。疎遠だとそのことに
    気づかないのです。隣が空いたので自分の熱エネルギーでじわじわと
    空いた方に移動することはあっても、隣の分子に引きずられて吸い出
    されるということはなくなります。つまり引いても出てこないという
    ことです。

    なので、ガスを運動させて自発的に移動させないとガスは抜けていかない
    のです。形状が複雑だとなおさらです。

    そこで、加熱するなりして、壁にへばりついているガス分子を表に
    出そうというのがDegasです。こうしないとポンプで引いてもガスは
    出て行かないので良い真空が作れなくなってしまいます。真空計だけ
    ではなくあらゆる部分でDegasは必要です。
    • ありがとう数0
    • 2008-07-09 13:39:17
    • 回答No.1
    真空計自体が測定中に、真空を下げる様なこと(つまり自身からガスを発生させてしまう)をしたら、正確な真空度が測れないからではないですか?
    真空計自体が測定中に、真空を下げる様なこと(つまり自身からガスを発生させてしまう)をしたら、正確な真空度が測れないからではないですか?
    • ありがとう数0
    • 回答数2
    • 気になる数0
    • ありがとう数5
    • ありがとう
    • なるほど、役に立ったなど
      感じた思いを「ありがとう」で
      伝えてください
    • 質問する
    • 知りたいこと、悩んでいることを
      投稿してみましょう
    このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
    このQ&Aにはまだコメントがありません。
    あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

    関連するQ&A

    -PR-
    -PR-

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-

    特集


    成功のポイントとは?M&Aで経営の不安を解決!

    -PR-

    ピックアップ

    -PR-
    ページ先頭へ