-PR-
解決
済み

血糖値の調節機構って???

  • 困ってます
  • 質問No.26510
  • 閲覧数4281
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 20% (23/110)

血糖値の調節機構について教えて下さい!
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

血糖値を低下させるホルモンとして;
インスリン;膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるものです。主として肝臓に血漿中のグルコースを取り込みます。取り込まれたグルコースはグリコーゲンに生合成されるか、或いは、代謝されてエネルギーとなります。
血糖値を上昇させるホルモンとして;
グルカゴン;膵臓のランゲルハンス島α細胞から分泌されるものです。クリコーゲンをグルコースに分解するのを促進し、血糖値を上げます。
エピネフリン、副腎皮質ホルモン;副腎皮質から分泌されます。
ACTH;脳下垂体前葉から分泌され、副腎皮質を刺激して副腎皮質ホルモンの分泌を促進します。
以上のホルモンがバランスを保っているのです。
以上kawakawaでした
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1

以下の参考URLサイトが参考になりますでしょうか? 「血糖・インスリン・糖負荷試験・HbA1C 」 このページからのリンクで、 ・http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00177.html (糖尿病) ・http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00178.html (低血糖症) ご参考まで。 ...続きを読む
以下の参考URLサイトが参考になりますでしょうか?
「血糖・インスリン・糖負荷試験・HbA1C 」
このページからのリンクで、
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00177.html
(糖尿病)
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00178.html
(低血糖症)

ご参考まで。
  • 回答No.3

Kawakawa様の回答に少し補足しますと 高血糖は回答の通り。 低血糖は幹線経路として 視床下部(糖中枢)で感知→(交感神経)→副腎髄質→アドレナリン(エピネフリン)分泌 補助経路として 1(膵臓が直接感知)→グルカゴン 2アドレナリン→脳下垂体前葉→ACTH(副腎髄質刺激ホルモン)→(副腎髄質)→糖質コルチコイド →(タンパクの糖化)→血糖上昇 3成長ホルモン 糖 ...続きを読む
Kawakawa様の回答に少し補足しますと

高血糖は回答の通り。

低血糖は幹線経路として
視床下部(糖中枢)で感知→(交感神経)→副腎髄質→アドレナリン(エピネフリン)分泌

補助経路として
1(膵臓が直接感知)→グルカゴン
2アドレナリン→脳下垂体前葉→ACTH(副腎髄質刺激ホルモン)→(副腎髄質)→糖質コルチコイド
→(タンパクの糖化)→血糖上昇

3成長ホルモン

糖尿病(高血糖)で有名なインシュリンでもこの経路は一つ、それに対して低血糖の経路はいくつかありますよね。
なぜか?答えは低血糖はその状態になると死に至るとても危険な状態なんです。
で経路がたくさんあるんですね。糖尿病の薬をたくさん飲んで自殺を図るなんてお話もありましたよね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ