OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

公職選挙法とメールマガジン

  • 暇なときにでも
  • 質問No.244898
  • 閲覧数123
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 9% (87/900)

ある政治家のメールマガジンを後援会などとは別に全く個人の立場で発行しています。もし選挙期間に入った時、法的に受ける制約を教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 45% (238/518)

総務省の見解によると、メールの送付やホームページの開設は「文書・図画の頒布・掲示」にあたるとされ、期間中にメルマガを発行したりホームページを更新したりすることは公選法に抵触する可能性が高い、ということです。

また、こうした運動を候補者本人とは関係のない個人という立場でやったとしても、”運動費用を第三者が負担した”ということになり、今度は「支出制限条項違反」になる恐れがあります。

インターネット時代に即した公選法に改正するよう検討がされているところではありますが、現行法の下では期間中のメルマガ発行は控えるべきでしょう。
-PR-
-PR-
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ