OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

氷河期に海水面が下がるのはなぜ?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.240053
  • 閲覧数989
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 0% (0/3)

たしか水は凍らすと体積が増えたと思うんですが、氷河期に海水面が下がったのはどういうわけなんですか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 49% (1127/2292)

南極や高緯度地帯をはじめとして、陸地に氷河や万年雪の形で陸氷が増えるからです。
南極や高緯度地帯をはじめとして、陸地に氷河や万年雪の形で陸氷が増えるからです。

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 52% (130/249)

氷河期の氷が全て海中に沈んでいれば海水面があがります。 しかし氷河期は陸に相当量の氷があり、本来海水になる分が陸にあるわけですから、その分の海水が減ります。 また海に浮かぶ氷にしても、理科の授業で浮力を習ったように、増えた体積分は海面上に頭を出すわけで、海水面の上昇に繋がりません。
氷河期の氷が全て海中に沈んでいれば海水面があがります。

しかし氷河期は陸に相当量の氷があり、本来海水になる分が陸にあるわけですから、その分の海水が減ります。

また海に浮かぶ氷にしても、理科の授業で浮力を習ったように、増えた体積分は海面上に頭を出すわけで、海水面の上昇に繋がりません。
  • 回答No.3

いつもなら、海に注ぎ込んで海水面を維持させている水が、余りにも寒くて陸上で凍ったため、海に到達する水がへってしまったからです。 海って、いつでも蒸発しているため、十分な水が川や雨から供給されないと海水面が下がってしまうんですね。
いつもなら、海に注ぎ込んで海水面を維持させている水が、余りにも寒くて陸上で凍ったため、海に到達する水がへってしまったからです。

海って、いつでも蒸発しているため、十分な水が川や雨から供給されないと海水面が下がってしまうんですね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ