-PR-
締切り
済み

養育費について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.2264
  • 閲覧数76
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

私は以前に離婚をして、現在では再婚し子供もいます。
そこで、質問なんですが、別れた妻には養育費として毎月送金しているのですが
これは税金上控除の対象にならないのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/0)

おそらくkaorijinさんはサラリーマンだと思うのですが、その場合、所得の種類は給与所得しかないと思います。給与所得の控除の中で養育費を認めるものはないので、残念ながら控除は出来ないと思います。給与所得は本当に控除が少ない気がするなぁ...。
おそらくkaorijinさんはサラリーマンだと思うのですが、その場合、所得の種類は給与所得しかないと思います。給与所得の控除の中で養育費を認めるものはないので、残念ながら控除は出来ないと思います。給与所得は本当に控除が少ない気がするなぁ...。
  • 回答No.2
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

養育費については、残念ながら税金上の控除はありません。 ただし、以下の質問の答えがすべて「ハイ」である場合、そのお子さん(複数いれば全て。ただし、その子供たち自身の収入がないか、または、給与収入のみで年間103万円未満であることが条件です。子供たちの収入の状況によっていろいろなケースがありますが、ここでは簡単に給与収入のみの場合で説明しておきます。)を所得税法上扶養者として、年齢におおじた扶養控除( ...続きを読む
養育費については、残念ながら税金上の控除はありません。

ただし、以下の質問の答えがすべて「ハイ」である場合、そのお子さん(複数いれば全て。ただし、その子供たち自身の収入がないか、または、給与収入のみで年間103万円未満であることが条件です。子供たちの収入の状況によっていろいろなケースがありますが、ここでは簡単に給与収入のみの場合で説明しておきます。)を所得税法上扶養者として、年齢におおじた扶養控除(最低38万円)をあなたの所得税の計算上控除できる可能性はあります。

前の奥さんとの間にお子さんはあるのでしょうか?
前の奥さんはまだ再婚していないのでしょうか?
前の奥さんは奥さん自身の所得税の計算上お子さんを扶養親族としていませんか?
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ