OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ダイオードの静特性

  • すぐに回答を!
  • 質問No.226268
  • 閲覧数5986
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 3% (1/28)

ダイオードの静特性の実験で順方向電圧と逆方向電圧に別々に分けて実験してるんですけどなぜそのような必要性があるのでしょう?
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 63% (46/73)

電圧計と電流計を繋ぐ位置を順方向と逆方向で変えるのはなぜか?という質問ですよね。順方向ではダイオードと電圧計を並列に接続した後、これらと直列に電流計を接続し(接続A)、逆方向ではダイオードと電流計を直列に接続した後、これらと並列に電圧計を接続するわけです(接続B)。

順方向ではダイオードは抵抗が小さいので、電圧計を流れる電流は無視でき、接続Aでいいわけですが、逆方向では抵抗が電圧計の内部抵抗に比べて無視できなくなり(場合によっては大きくなり)、電圧計を流れる電流が無視できなくなるので接続Bで測るわけです。

また、順方向で接続Bで測定を行うと、ダイオードの抵抗が小さいので、電流計での電圧降下が無視できなくなり、まずいわけです。

電圧計の内部抵抗は大きく、電流計のそれは小さいことを考えると、低抵抗測定では「電流を流して電圧を測る」のが良く、高抵抗測定では「電圧をかけて電流を測る」方が良いことがわかるかと思います。

要するに、No1.の方がおっしゃるように、ダイオードは順方向と逆方向で抵抗がべらぼうに違うので、繋ぎ方を変えないといけないということです。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 40% (1358/3355)

ダイオードは、順方向と逆方向で性質が違うので 電流を片方向にしか通さない素子です。 ですから、ダイオードの方向によって特性が大きく違うので 別々に実験しなければなりません。 逆方向電圧大 :ツェナー領域 (抵抗はゼロに近い)      小 :高抵抗 順方向電圧微小:高抵抗      小 :抵抗(抵抗は結構高い) ここが0.7v前後      大 :導通領域(抵抗は比較的低い) ...続きを読む
ダイオードは、順方向と逆方向で性質が違うので
電流を片方向にしか通さない素子です。

ですから、ダイオードの方向によって特性が大きく違うので
別々に実験しなければなりません。

逆方向電圧大 :ツェナー領域 (抵抗はゼロに近い)
     小 :高抵抗
順方向電圧微小:高抵抗
     小 :抵抗(抵抗は結構高い) ここが0.7v前後
     大 :導通領域(抵抗は比較的低い)

という5段階があるはずです

このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ