OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ダイオード

  • すぐに回答を!
  • 質問No.174522
  • 閲覧数516
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 11% (7/61)

実験でダイオードを使い、ちょっとわからないことがあるので誰か教えてください。
ダイオードの静特性を測定するときに用いた回路で、順方向と逆方向で電流計、電圧計の接続する位置が変わるのがなぜかわかりません。
それと、エミッタ、ベース、コレクタのそれぞれの接地回路でそれぞれの特徴をいかした用途を教えてください。
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

後半だけ
エミッター接地.位相反転
その他.インピーダンスマッチング

ふかがわ(又は入力側)がOPENになった時にふかがわ(又は入力側)に大電流がかからない(かかるようにする)ようにする回路とか
(ベース接地・コレクター接地のそれぞれで回路を考えれば組み合わせがわかるでしょう)

理由は.回路の特性を見てください。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 30% (2593/8599)

質問を別々に投稿されたほうが回答率が高いと思います。ダイオードのみ回答します。 (1)ダイオードでは、一般に順方向と逆方向で電流(逆にいえば抵抗)に1000倍くらいの差が出ます。電流計も内部抵抗がそれくらいの比になります。 電流計の内部抵抗が小さいときは電流計を内側に、内部抵抗が大きいときは電流計を外側にというのが原則です。測定誤差を出来るだけ小さくするための工夫です。 内部抵抗が0でない電 ...続きを読む
質問を別々に投稿されたほうが回答率が高いと思います。ダイオードのみ回答します。

(1)ダイオードでは、一般に順方向と逆方向で電流(逆にいえば抵抗)に1000倍くらいの差が出ます。電流計も内部抵抗がそれくらいの比になります。

電流計の内部抵抗が小さいときは電流計を内側に、内部抵抗が大きいときは電流計を外側にというのが原則です。測定誤差を出来るだけ小さくするための工夫です。
内部抵抗が0でない電流計と、内部抵抗が無限大でない電圧計を使うときの基本的な方法です。
お礼コメント
saiba-

お礼率 11% (7/61)

どうもありがとうございました。
質問は別にしたほうがいいですね。
投稿日時 - 2001-11-26 00:48:28


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ