OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

frame tale

  • 暇なときにでも
  • 質問No.225586
  • 閲覧数119
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 55% (19/34)

多分文学の技法の一つだと思うのですが、日本語訳、または具体的な意味を教えて下さい!お願いします。。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 43% (186/425)

日本語では、「額縁小説」などといいます。

おっしゃる通り、文学の技法です。
18世紀から19世紀のヨーロッパのロマン主義文学でよく
使われた手法です。

はじめとおわりの部分に現実や写実的な文章がかかれ、
中間(文章の中核部分)に、幻想的なはなしや、
過去の物語が、書かれていることが多いです。

例えばこんな風です。

「冬の寒い日に、おばあさんは暖炉の前で、子供達を
前にお話をしようとしています。
おばあさんは、ゆっくりとこんなお話をはじめました。

『むかし、この村には、花子というそれは不思議な
少女がいてね。
(中略)
こうして、花子は幸せに暮らしましたとさ。』

そう、話をおえると、またおばあさんは、ゆっくりと
お茶を飲み、楽しそうに微笑みました。」

これは、私が今即興でつくった、くだらない話ですが、
このように、物語の最初と最後に、今の状態を書いて、
中間の話を挟みこむ文学手法です。

中間の話を「絵」にみたてると、最初と最後の部分が
「額縁:frame」に見えるから、このような名前が
ついています。

日本近代文学でもよく用いられ、
宮沢賢治の「オツベルと象」は、有名な
額縁小説です。
私のへたくそな例ではなく、「オツベルと象」のような
すぐれた文学作品で確認してください(笑)。
お礼コメント
amito

お礼率 55% (19/34)

とてもわかり易かったです。ありがとうございました。額縁小説。。なんて今まで聞いたこともありませんでした。勉強になりました。
投稿日時 - 2002-02-27 11:35:13
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ