OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

すぐ隣に新しいマンションが!

  • 困ってます
  • 質問No.213231
  • 閲覧数210
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

今、自宅の隣に新しいマンションの建設が行われています。昨年8月、古い家を取り壊すときに建設業者が来て、「家を取り壊すためご迷惑をおかけいたします。新しい家の工事については再度ご説明にあがります。」と言っていましたが、昨年10月にそのまま新築工事が始まったので、説明に来てほしいと建設業者に依頼して先日図面などを見せていただきました。
そこで、なんと3階建てで9室のワンルームマンションであることがわかりました。しかも私の家との隙間は1メートル程度、その最も近接した部分にマンションの玄関に通じる廊下があってプライバシーや防犯に不安を感じてます。さらに自宅の南側をすべて塞がれてしまったので、一切日が当たらなくなってしまいました。10m以下の建物として工事申請している様なので規制もないようですが。こちら側で何らかの対策をとるしか手がないのでしょうか。マンションに面した自宅の窓やベランダに、マンション側からこちらにこれない、見られないなどの施工を施す規制のようなものはないのでしょうか。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 57% (86/149)

昨年宅建主任者の試験を受けたときに一夜漬けした経験でお答えします。
詳細は後の人の回答にお任せします。

まず建築基準法関係で、
(日影規制)建築基準法56条2
高さが10m超の建物について近隣への日照時間確保を規定している。(ただし第一種、第二種低層住居専用区域は7m超または3階建て以上)

(北側斜線制限)建築基準法第56条1項
第一種・第二種低層住居専用地域、第一種・第二種中高層住居専用地域について20m以上の建物で北側建物への日照を確保するため建物形状を規制している。

ということでyuuki_kunさんの住んでる所が第一種、第二種低層住居専用区域で無い限り建築基準法をクリアしてますね。もっとも建築基準法違反なら建築確認申請が通らないはずですね。
では「マンションに面した自宅の窓やベランダに...」については民法で次の規制があります。

民法235条
 敷地境界から1m未満の場所に窓や縁側を設けるときは目隠しを付けなければいけない。

民法223~233条
 共同で境界の塀等を設置することが規定されています。板塀なら相手の了解なしに1/2の負担をさせることが可能です

ちなみに民法234条では建物を敷地境界から50センチ以上離す必要があります。たぶんそれは守られているでしょうね。
お礼コメント
yuuki_kun

お礼率 100% (3/3)

そうなんです。高さもエレベータ用の屋上ペントハウスを含むと10mを越えるのですが、全体の何分の一以内なら許されるようで、それもこちらの住宅側に寄っていますし、何よりも許容されるぎりぎりで隣のことなんか考えていない様な感じが非常に遺憾なのです。ただ、境界線から相手マンションの通路まで最も近接したところで50cm、平均70cmですから、貴殿の回答によると民法235条には合致しているように感じられますが、、、できれば補足お願いできないでしょうか。
 貴重なお時間、アドバイス、とても感謝しております。
投稿日時 - 2002-02-07 22:04:58
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
家選びの決め手、契約時に気をつけたこと。あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ