OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

ドライヤーの説明書に書いてあった英語の解読

  • 暇なときにでも
  • 質問No.210504
  • 閲覧数123
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 73% (226/309)

我が家にあるアメリカ製ドライヤーに、

「Appliance Leakage Circuit Interrupter」

という機能がついているのですが、何だかわかりません。
単語は訳したのですが意味がつながりません。
安全装置のようなんですが、どういうものなのか教えて下さい。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 67% (126/186)

t-toさんこんばんは。これは工学用語なので普通の辞書を見ても解らないでしょうね。
直訳的にいえば「漏電回路遮断装置」ですが普通は「漏電遮断器」といいます。もっとも「漏電遮断器」というのは配電板などに設置するスイッチのことですから、正確には「漏電遮断機能」というべきでしょうね。
ドライヤーを水に落したりして漏電したとき電源を切る機能なんでしょう。あるいは内部のコードが熱で劣化したりして知らないうちに漏電していたときうっかり触ると感電しますが、漏電遮断機能がついていればその瞬間に電源を切ってくれます。

coco1さん
>ヒューズのようなものでしょう。
ヒューズと漏電遮断装置の機能は電源を自動的に切ると言う意味では同じですが、その目的や動作原理は全然違います。
ヒューズはあくまで機械の故障により大電流が流れたときに、機械自体を保護するものですから、ドライヤーであれば十数アンペア程度の電流が流れなければ切れません。しかし漏電で感電したときヒューズが切れるまで待っていたら人間の丸焼きが出来てしまいます(^^;
漏電遮断器なら「ピリッ」と感じた途端、電源が切れます。遮断器の感度設定によっては感じる間もなく切ってくれるかも知れません。逆に漏電遮断装置はヒューズのように漏電はしていないけれど異常な大電流が流れるような事故に対しては無力です。(配電板の漏電遮断器はヒューズの役目も兼ねていますが)
日本の家庭電化製品は今のところ特殊なものを除いて漏電遮断機能の設置は義務づけられていませんが、アメリカは電圧が高いのでそういうものをつける義務があるのかも知れません。
お礼コメント
t-to

お礼率 73% (226/309)

なるほど!そーゆー機能だったんですか。
それで、なんとか説明書の内容がわかります。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-03 15:32:37
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 25% (323/1260)

意訳すると「漏電遮断装置」、つまり、ヒューズのようなものでしょう。 ...続きを読む
意訳すると「漏電遮断装置」、つまり、ヒューズのようなものでしょう。
お礼コメント
t-to

お礼率 73% (226/309)

そういう意味だったんですか。
わかりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-02-03 15:34:43


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ