OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

Langmuir - Hinshelwood 型

  • すぐに回答を!
  • 質問No.206522
  • 閲覧数923
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 14% (10/70)

反応速度を求めるのですが、お答えください。

A=R+Sなる量論式で表される気相成分間の反応が次のような経路で進行しているものとする。

 (1) A+σ=(A)a
 (2) (A)a+σ=(R)r+(S)s
 (3) (R)r=R+σ
 (4) (S)s=S+σ
 
(1)~(4)の各過程がそれぞれ律速段階になるとしたときの、
この反応に対する『 Langmuir - Hinshelwood 型 』
の反応速度式を導出してください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 42% (23/54)

まずは式の中の各記号が何を示すかの補足が無いと回答は出てこないと思います。不均一触媒を用いた気相反応ですので大体の予想はつきますが... 導出過程のどこで躓くのですか? 吸着種と第二の吸着点との相互作用を示す(2)式を中心に考えていけば良いように思います。また今回の問題では式の形そのものが『Eley - Rideal』ではなく『Langmuir - Hinshelwood 型』で反応が進行することを ...続きを読む
まずは式の中の各記号が何を示すかの補足が無いと回答は出てこないと思います。不均一触媒を用いた気相反応ですので大体の予想はつきますが...

導出過程のどこで躓くのですか? 吸着種と第二の吸着点との相互作用を示す(2)式を中心に考えていけば良いように思います。また今回の問題では式の形そのものが『Eley - Rideal』ではなく『Langmuir - Hinshelwood 型』で反応が進行することを示していますね? ですから反応の型を深く考えず与えられた式に沿って普通に考えていけばよいだけと思います。

詳しくは触媒科学や反応速度論の書籍にヒントが載っていると思います。例えば

『化学動力学』Steinfeld, francisco, Hase著、佐藤伸 訳、
東京化学同人、ISBN 4-8079-0425-6
 


  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 33% (1/3)

 一般の反応速度式を解くものと考えても問題ないと思います.  まず,(1)~(4)の式の速度定数をk1,k2,k3,k4,また最初の量論式の速度定数をkとでもおきましょう.そして,(A)a,(R)r,(S)s,σなどの濃度を微分型の速度式を使って表します.次に(A)a,(R)r,(S)s,σの濃度に対して定常状態近似を適用します.(A)a,(R)r,(S)s,σはおそらくラジカルなどを意味していると思い ...続きを読む
 一般の反応速度式を解くものと考えても問題ないと思います.
 まず,(1)~(4)の式の速度定数をk1,k2,k3,k4,また最初の量論式の速度定数をkとでもおきましょう.そして,(A)a,(R)r,(S)s,σなどの濃度を微分型の速度式を使って表します.次に(A)a,(R)r,(S)s,σの濃度に対して定常状態近似を適用します.(A)a,(R)r,(S)s,σはおそらくラジカルなどを意味していると思いますので,定常状態近似が適用できるというわけです.このようにして式をあれこれやれば,回答に結びつくと思います。
 私もいろいろやってみましたが,最終的にどこまで求めればよいか分からないので,確信を持って答えられえるわけではありませんが,頑張ってください.
 
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ