OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

資本充実の原則について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.200681
  • 閲覧数330
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 66% (1299/1965)

たとえば簿価100時価80の土地を現物出資する際に、被出資法人では簿価での引継は認められないのは資本充実の原則に反するからだそうですが、この場合、資本充実の原則はどのようなものでしょうか。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

簿価>時価であるにもかかわらず、法律などにうといため、簿価で引き継いだ場合はどうなるのでしょうか>
 登記がされていますと、少々の瑕疵は有効と判断されますが、実際になかったり、ひどい場合には仮装振込となり、2年以内でしたら設立無効の訴え(商136)を起こされる恐れがあります。
お礼コメント
nada

お礼率 66% (1299/1965)

再々レスありがとうございます。むずかしい法律のことを素人でもわかるご説明感謝しています。また、なにかありましたらよろしくお願いします。
投稿日時 - 2002-01-23 10:36:09
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 私達が会社などの法人を判断するとき、資本金や出資金の額により信用度を判断することがよくあります。この金額がいいかげんなものだと、不測の損害を受ける可能性があります。このため、商法や法人についての法律は「資本充実の原則」があります。これは法人が資本額に相当する財産を実質的に保持するという原則で資本を単なる計算上の数値にとどまらせず、その実質を充実させるという意味であり、資本を債権者の担保とする株式会社につ ...続きを読む
 私達が会社などの法人を判断するとき、資本金や出資金の額により信用度を判断することがよくあります。この金額がいいかげんなものだと、不測の損害を受ける可能性があります。このため、商法や法人についての法律は「資本充実の原則」があります。これは法人が資本額に相当する財産を実質的に保持するという原則で資本を単なる計算上の数値にとどまらせず、その実質を充実させるという意味であり、資本を債権者の担保とする株式会社については特に強く求められています。
お礼コメント
nada

お礼率 66% (1299/1965)

どうもありがとうございます。ではこの場合、簿価以下の時価で引き継げば資本充実の原則に違反していないのでしょうか。また、簿価>時価の資産を現物出資する場合はどのようにすればよいのですか。
投稿日時 - 2002-01-19 10:29:03


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 時価で引き継げば資本充実の原則に反しませんが、それを担保するために有価証券や不動産の様に価値がはっきりわかるものについては証明書が要求されますし、一定の金額以下の場合をのぞいて、定款に記載の上、裁判所に選任せられた検査役の検査を受ける必要があります。 ...続きを読む
 時価で引き継げば資本充実の原則に反しませんが、それを担保するために有価証券や不動産の様に価値がはっきりわかるものについては証明書が要求されますし、一定の金額以下の場合をのぞいて、定款に記載の上、裁判所に選任せられた検査役の検査を受ける必要があります。
お礼コメント
nada

お礼率 66% (1299/1965)

再レスどうもありがとうございます。また、質問で申し訳ないですが、その企業が簿価>時価であるにもかかわらず、法律などにうといため、簿価で引き継いだ場合はどうなるのでしょうか。簿価で登記して資本金を引き下げという感じになるのですか。
投稿日時 - 2002-01-22 11:27:37
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ