OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

びわは楽器が先かくだものが先か

  • 暇なときにでも
  • 質問No.197572
  • 閲覧数306
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 85% (12/14)

くだものの枇杷と楽器の琵琶ってありますね。
これってどちらも似たような形をしています。
私は楽器のびわの方が、くだもののびわに似ているから
そう名付けられた、と今まで思ってました。
が、先日あるお方が「楽器のびわの方が先出、くだものの方が後だ」と
いい、こちらは中国古来の説なんだそうです。

どちらが正しいのでしょう?
古いことなので諸説あるのはわかりますが
有力なのはどっちですか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1

枇杷は中国原産の果実です。古くからの漢方医学の書物にも記載されており、人の理解するような状況になってから少なくとも3000年はくだりません(それ以上前からわかっていたものと思います。) 一方琵琶の楽器の方ですが、今のイラン(ペルシャ)にあった楽器『ウード』が東方に伝わって琵琶となりました。西方に伝わったのはリュートです。伝来の方法はシルクロードといわれています。 結論は明らかです。楽器が先のは ...続きを読む
枇杷は中国原産の果実です。古くからの漢方医学の書物にも記載されており、人の理解するような状況になってから少なくとも3000年はくだりません(それ以上前からわかっていたものと思います。)

一方琵琶の楽器の方ですが、今のイラン(ペルシャ)にあった楽器『ウード』が東方に伝わって琵琶となりました。西方に伝わったのはリュートです。伝来の方法はシルクロードといわれています。

結論は明らかです。楽器が先のはずがありません。
ただ枇杷の形を模して琵琶が作られたかどうかはわかりませんよ。
お礼コメント
takaharayuki

お礼率 85% (12/14)

私の今までの考えでは
枇杷は自然のもの、琵琶は人口のもの
だから枇杷の方が先だと思っていました。

>結論は明らかです。楽器が先のはずがありません。
こうはっきりおっしゃってもらえると
私も自信がつきました。
ただ、「琵琶が先」と私に言った人はやけに自信満々だったので・・・
またその人の話も聞いてみます。

どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2002-01-13 16:40:18


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 29% (1122/3749)

楽器の【琵琶】は古代ペルシャから伝えられた楽器(ウード)と云われ、 果物の【枇杷】は中国(及び日本の説あり)が原産地だといわれています。 従って【ウード】といわれていた時点では、[琵琶]という名前でなかったことは確かだと言えるでしょう。 ●結論【ウード】が中国に渡って初めて[枇杷]のもに似ていると認識されて【琵琶】と命名されたものでしょう。 ◆弦楽器(爪や撥で弾く楽器):中国の ...続きを読む
楽器の【琵琶】は古代ペルシャから伝えられた楽器(ウード)と云われ、
果物の【枇杷】は中国(及び日本の説あり)が原産地だといわれています。

従って【ウード】といわれていた時点では、[琵琶]という名前でなかったことは確かだと言えるでしょう。


●結論【ウード】が中国に渡って初めて[枇杷]のもに似ていると認識されて【琵琶】と命名されたものでしょう。


◆弦楽器(爪や撥で弾く楽器):中国の琵琶(pipa)と日本の琵琶
http://www.toray.co.jp/square/culture/concert/asia/bowstring02.html

◆平家琵琶:http://www.kourataisya.or.jp/heikebon/
[高良大社の平家物語]琵琶は古代ペルシャのウードに始まる楽器で、ヨーロッパではスペイン、イタリーでギターに改良されます。
中国では琵琶に改良されました。日本には雅楽の楽琵琶として入りました。

果物の枇杷・・・http://toppy.health.uoeh-u.ac.jp/environ/biwa.htm


●従って、[枇杷]を[琵琶]に似ているから・・・という説を書いている次の大阪薬科大学のURLは問題があるでしょう。
http://www.oups.ac.jp/supported/koho/rensai/biwa.htm
お礼コメント
takaharayuki

お礼率 85% (12/14)

色々とありがとうございます。
>●結論【ウード】が中国に渡って初めて[枇杷]のもに似ていると認識されて【琵琶】と命名されたものでしょう
ということはくだものの「枇杷」が先、ですよね?(あってますか)

大阪薬科大のURLは根拠が書いてないので
よくわかりませんが、
わたしの調べたところ
琵琶が先という説も正しい気がしてきました。
・「琵琶」の名称は「pipa」という音から名づけられた、漢字は後付け。
・「枇杷」の字は「琵琶」の字から来ていて、植物のため木偏を付けて出来た。
以上の点からくだものの「枇杷」が先とするものです。

新しい回答がこないようですが
みなさんよろしくお願いします。
投稿日時 - 2002-01-15 11:26:50
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 29% (1122/3749)

takaharayukiさん、【枇杷の実】と書くところを{[枇杷]のも}と書いてしまいすみません。 [枇杷]も[琵琶]もカナで書けば「ピィパァ」ですが、ホームページの中には楽器が先だと当然のように紹介しているのもあります。   ______________ なぜ、琵琶というの?http://www4.plala.or.jp/heikebiwa/heikyoku/biwa2.htm  曰く、 ...続きを読む
takaharayukiさん、【枇杷の実】と書くところを{[枇杷]のも}と書いてしまいすみません。

[枇杷]も[琵琶]もカナで書けば「ピィパァ」ですが、ホームページの中には楽器が先だと当然のように紹介しているのもあります。
  ______________

なぜ、琵琶というの?http://www4.plala.or.jp/heikebiwa/heikyoku/biwa2.htm
 曰く、・・・中国での呼び名「ピパ(pipa)」に由来します。 (但し、どちらの「ピィパァ」かは書いていない)
 中国では琵琶を弾くとき、上から押さえるように弾くことを[ピ]、下からすくい上げるように弾くことを[パ]と言うそうです。
 ちなみに、果物の「びわ」は楽器の琵琶と形が似ているので、木へんをつけて「枇杷」と呼ぶそうです。
  ______________

果物の枇杷について簡単に結論付けていますが、薬品としてはインドで3000年前から、中国でも1500年は堅いと云うのが

どこまで本当かということと、古代ペルシャ(アッシリア1500BC?)のウードが何時[琵琶]に変わったのかと言う比較の

問題があると思います。


実際には決定的証拠はないといえばないのですが、あなたの補足意見を読むうち(3)と言う考え方もあるようにも思えます。

1)私が疑問に思うのは楽器の[琵琶]が入ってくる前は「木の実:ピィパァ(比巴)」はどのように呼んでいたのだろうか?

2)[枇杷:ピィパァ]に似た形の楽器だからと同じ音の中国語で[琵琶]という優雅な字を当てたのではないか?

3)異説があるなら[木の実]が楽器の[琵琶]に似ていて面白いから[枇杷]と言うようになったと言う説もあるかも知れません。

・・・私の結論はどの説が正しいのか判断材料に乏しいように思います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ