-PR-

解決済みの質問

質問No.1906424
すぐに回答を!
すぐに回答を!
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数1
閲覧数4730
支払調書及び源泉徴収票について
報酬・料金等の支払調書は、5万円以上のものを税務署へ提出するとなっていますが、その支払先にも送付しなければならないのでしょうか?また、5万円以下の場合も本人には送付しなければならないのでしょうか?
同じような質問内容がいくつかあり回答も見たのですが、他にも教えていただきたいことがありましたので、もう一度質問させていただきます(^^ゞ

マネキン代などの日雇分について、前の担当者は個人には源泉徴収票を送付し、法人には支払調書を送っているようでした。両方とも税務署にも市役所にも送らず、本人にのみ交付していたようですが、これは正しいのでしょうか?
初心者で分からない事だらけなのでよろしくお願い致します(>_<)
投稿日時 - 2006-01-19 11:44:59

質問者が選んだベストアンサー

回答No.1
給与所得の源泉徴収票については、所得税法第226条において「一通を税務署長に提出し、他の一通を給与等の支払を受ける者に交付しなければならない」とありますので、支払った相手にも発行する義務がありますが、支払調書については、同法第225条において、「税務署長に提出しなければならない」とあるだけで、支払った相手先へ発行する義務はない事となります。
従って、支払調書については、金額に関わらず支払った相手先へ発行する義務はありませんが、先方から依頼されれば発行してあげたら良いと思います。

日雇い分というのは日額表の丙欄適用者、という事ですよね。
税務署については、その年の給与等の金額が50万円を超えるものについては提出しなければならない事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/7411.htm

市役所については、翌年1月1日に在職していなければ提出する必要はありませんので、日雇いであれば、普通に考えれば提出の必要がないとは思いますが、来年からは改正により、翌年1月1日に在職していなくても、給与支払金額が30万円を超える場合には提出しなければならない事となります。
http://www.tabisland.ne.jp/news/news2.nsf/62d185d98e45d3bf49256625007d6378/26b1764c6acf651a49256f900008fc46?OpenDocument
投稿日時 - 2006-01-19 12:19:07
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
この質問は役に立ちましたか?
5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

回答募集中

  • 回答募集中のQ&Aはありません。

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
その他(税金)
-PR-
-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

【期間限定】1ヶ月無料キャンペーン中!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
その他(税金)
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-