OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

別れられない・・・・・・

  • 暇なときにでも
  • 質問No.176531
  • 閲覧数30
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

私には付き合って八ヶ月の彼氏がいます。
しかも、香港の人です。
私は今オーストラリアに留学していて、知り合いました。
彼はすっごく優しくていい人です。
でも、この前振られました。というのも、彼が来年メルボルンに行ってしまうのもあるし、別れる前にけんかもしてしまいました・・・・・。
私は来年メルボルンに行く予定です。
で、私は「別れたくない。貴方のことを忘れられない。性格も直すから。」
って、ずーっといっても、かれの気持ちは変わりません...
もう一度チャンスをちょーだい。とか、まだ、愛してるとかいっても、
全然。昔は、結婚の話とかもしてたのに・・・・・・・。
で、よく喧嘩するからわかれたほうがいいって言われました。
ショックでご飯も食べれず、寝れず....
一日中なき続けてました・・・・・・。
もう、死にそうです・・・・・・・・・・・
昔の写真とか見ると、いろんなことを思い出して・・・・。
どうしたらいいんですか???????
だれか助けてください・・・・・・・・・
しかも、今月の生理がきていません。かなり心配です。
彼のことが絶対に忘れられないんです・・・。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 26% (975/3649)

まずは一つ一つ整理していきましょう。

一番大事なのはあなたの体のこと。身体的にも精神的にも不安定になっていると、どうしても冷静な判断を失いがちです。万が一子どもが出来ていたときの責任感や不安感から、相手への執着度合いが深まってしまっているかも知れません(別にあなたの気持ちを疑うわけではないので、誤解しないで下さいね)。まず、妊娠のことを調べましょう。どちらにしろ、はっきりさせなければ、次のステップに踏み出せないでしょう?

で、メルボルンに行くこと。これはあなたも目的があって行かれるのですよね?彼を追っていくという理由だけで行くのなら、やめた方が良いと思います。現状別れているはずの女性が、自分の為だけに遠く外国にまで生活拠点を移すなんて事を聞いたら、責任を無理矢理負いかぶせられているようで、彼にしてみれば溜まった物ではないでしょう。もしうまく行っている関係だったとしても、相手のことを考えたら果たして本当にそれで良いのか、かなり考えると思いますよ。

で、目的があってその国に行くのなら、最初にその目的に向かって精一杯尽力することですね。その上で人間的な基盤を作った上で、彼に気持ちを強要するのではなく、彼を振り向かせるくらいの魅力を備えるべきです。今の状態では追えば追うほど、向こうは逃げますよ。疎ましい女から嫌な女にどんどん変わって行くだけです。

まずは自分を大事にしないと。体のことにしても、彼を追う姿にしても、自分を一番大事にしているという印象が、失礼だけど、あまり感じられないんです。

辛らつな言葉になって済みません。お体に何のさわりもないことをお祈りしております。
自分に愛情をかけられないと、他の人に愛情をかけることは出来ないと思います。そして相手もそれは感じ取っているのではないかと思います。
お礼コメント
sayaka-

お礼率 100% (3/3)

メルボルンのことは、昔言われました・・・・
「僕のためにかえるの??」って、でも、私は今の学校が、嫌なんです。
それもあるし、彼のこともあります。
最近は、彼を見返そうと思って、彼好みの女性に、なろうと思っています。
すっごい参考になりました!!!
どうもありがとうございます。
投稿日時 - 2001-11-29 09:11:04
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 17% (993/5831)

ごきげんいかがですか?neterukunです。 最後の2行がすごく心配。 このことはなるべく早く話した方がいいし、 病院にも行った方がいいです。 また、彼にそのことを話したらどういう反応をするかで 変わるとも思います。 でもここにはある程度の望みがあるんです。 それは俗に言う「子はかすがい」で、できちゃった婚へと発展する場合です。 それは「責任とる」んじゃなく「貴方を愛していたことの再 ...続きを読む
ごきげんいかがですか?neterukunです。

最後の2行がすごく心配。
このことはなるべく早く話した方がいいし、
病院にも行った方がいいです。
また、彼にそのことを話したらどういう反応をするかで
変わるとも思います。
でもここにはある程度の望みがあるんです。
それは俗に言う「子はかすがい」で、できちゃった婚へと発展する場合です。
それは「責任とる」んじゃなく「貴方を愛していたことの再認識」に
なるからです。恋人同士は幾度もケンカし幾度も仲直りして
心の模様を描いていきます。
心底嫌いになったら口も利かないと思うんですよね。
今そのどういっていいか恋愛のバイオリズムみたいなものがあれば
今は下に来ているのではないかとおもうんです。
「妊娠しているかも?」と告げられ男性のとる態度はだいたい
1)「父親の欄にサインをするからおろせ。」と堕胎を迫る。
2)「お前と一緒になる気はないが子供には罪がない」と認知だけはする。
3)「俺はやっぱりお前が好きだ。この子とともに生きよう。」と戻る。
4)「しらねぇよ」と逃げる。
のどれかなんです。
私はここで彼の気持ちが出るとおもっています。
貴方にしてみれば世界一好きな人の子供なんだから絶対産みたいでしょうね。
告白する前に彼がなぜ貴方と別れるという態度に出たかを
もう一度どんなささいなことでもいいから思い出してみてください。
それは素直に謝ろうよ。今は頭がパニックだろうけど、
たった1日(って言っても24時間あるよね)あれかな?これかな?と
思い出してください。全く心当たりがないのなら100%彼が悪いってことです。
でも、貴方の愛した人はそんな悪人?そうじゃないでしょ?
少なくとも(4)を言う人じゃないでしょ?
確かに今私が書いてることは理屈に見えるかもしれないでも、
ここはまず落ち着いて1つ1つ感情抜きで整理していきましょう。
(3)のこたえが彼の口から出ることを願ってやみません。
頑張ってください!⌒(*^∇゜)v
お礼コメント
sayaka-

お礼率 100% (3/3)

素敵なアドバイスを、どうもありがとうございました。
人をこんなに好きになるなんて、初めてです・・・・
自分でもびっくりしてます。
何回も謝って、「もう一回チャンスをください。」とか、いってるんですけどねぇ・・・・
しかも、テレビとか、その辺を歩いている人を見ると・・・・
すっごく悲しくって悲しくって。
ほかの事を考えなきゃって思うんだけど、どーしても最後には彼のことを思い出してしまって・・・・・。

でも、やっぱり病院はいったほうがいいですよね。
投稿日時 - 2001-11-29 09:04:11
  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 32% (61/188)

こんばんわ。 まず、病院にはかならず行って下さいね。 みなさんの言うとおり、それが一番大切なことだと思いますから・・・ それから・・・ 大切な人が去っていくと、胸が張り裂けそうで苦しくて仕方ないですよね。 でもその苦しみを乗り越えて、人は強くもなりやさしくもなるのではないかしら。 もし、いつかまた彼とめぐりあう時には 「彼好みの女」じゃなくて 「生き方がすごくかっこいい人」になって ...続きを読む
こんばんわ。
まず、病院にはかならず行って下さいね。
みなさんの言うとおり、それが一番大切なことだと思いますから・・・

それから・・・
大切な人が去っていくと、胸が張り裂けそうで苦しくて仕方ないですよね。
でもその苦しみを乗り越えて、人は強くもなりやさしくもなるのではないかしら。

もし、いつかまた彼とめぐりあう時には
「彼好みの女」じゃなくて
「生き方がすごくかっこいい人」になっていましょうよ。

今はひとりで辛抱辛抱・・・

がんばれ~!
お礼コメント
sayaka-

お礼率 100% (3/3)

妊娠検査しました!!
でも、市販のやつです・・・
30日に検査したところ、陰性でした。
でも、まだ生理が来ません・・・
説明書には、もし、一週間後にまだ来てなかったら調べてください。
って、書いてあったので、一週間後にまた調べようと思います。
でも、その前に生理がくれば・・・・・


あ!!!!あと、うれしいことに、彼とヨリが、戻りました!!
とってもとってもうれしいです。
みなさん、ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-12-03 23:22:05
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
辛かった!うまくいった!自分ならこうする。体験や感想を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ