OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

名称の類似について

  • 困ってます
  • 質問No.175490
  • 閲覧数74
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 91% (508/558)

現在同業者のグループで作ってる勉強会があります。
まだまだ小規模ですが、一応名称を付けています。
最近仕事の関連企業で製品名に類似の名称をみかけました。そこでいくつか疑問があります。
1.
こういうのは規模に関係なくトラブルになる可能性はあるのでしょうか?(当グループの規模は徐々に大きくなっていくと思われます。またその名称を入れたメールアドレスやURLを収得予定です。研究に関わりそれについての発表がある場合その名称が出ます。)

2.
もし今回の事がトラブルになる可能性がある場合、どのような対処をしておけば良かったのでしょうか?
(たとえばグループの名称をどこかに登録するなど)

3.
名称の類似があるなしの基準はどう判断されるのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

 ご質問のケースは、簡単そうに見えて、実はかなり複雑です。

 まず、3.から。
 類似している・していないの判断は、大きく分けて「(1)外観が似ているか似ていないか」「(2)読み方が似ているか似ていないか」「(3)その言葉に接した際に同じ事柄を連想し得るかどうか」で判断されます。

裁判で互いに類似している商標であるとされた事例
(1) の例 → 「ライオン」と「テイオン」等
(2) の例 → 「パンビー」と「バンビ」等
(3) の例 → 「マダム」と「奥様」等

 が、2つの名称(商標)を実際に比較した際に互いが本当に類似しているか否かの判断は、裁判所に任せるしかありません。一般人にしてみれば、「違いがよく分からないなあ」というものでも、裁判所の判断では「明確に区別できる」とされることがあります。例えば、「日本宗家印相協会」と「日本印相学会」とは明確に区別できるものである、との判例があります。

 次に、1.について
 その商品の商標が登録商標であり、しかも、出願日が勉強会の結成日よりも前でしたら難しいものがあります。ただ、上にも説明しましたように、お互いの名称が似ているか似ていないかの判断は、非常に困難です。何せ、「どさん子」と「どさん子大将」とは似ていない、という判例もあるくらいですから。
 どうしても心配、ということでしたら、「日本知的財産仲裁センター」に相談なさるのも一案かと思います。詳細については、下記URLで開くトップページの「相談業務」をクリックして開いたページをご参照下さい。
 なお、「類似している」と判断された場合でも、商標権者から使用許諾を受けるという方法も考えられます。

 ドメイン名に関しては、商標権者でもないものが登録商標を入れて取得したドメイン名を「商標権者に移転せよ」との判断が日本知的財産仲裁センターや裁判所から多数出されていますから、その商品名が登録商標であったらキビシイことになると思います。

 登録商標でなければ、商標法による保護対象とはなり得ませんが、その商品名が著名なものである場合、不正競争防止法による保護対象となる可能性があります。

 最後に、2.について
 会社を設立するのであれば、法務局に商号を登記することに伴い、商法によってその商号が保護されます。
 会社を設立しない場合、役務を指定しての商標出願ということになると思います。ただし、その商品名が先に出願されている場合、この出願を理由に拒絶されます。なお、名称は、著作権では保護されません。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ