OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.172322
  • 閲覧数630
  • ありがとう数35
  • 気になる数0
  • 回答数10
  • コメント数0

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。
通報する
  • 回答数10
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 60% (182/303)

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全9件)

  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 37% (1123/2963)

分かるのだけ。 「⇔」同値。必要十分条件を表す記号です。名前はなんだったか?(スミマセン) 「¢」アメリカの通貨単位、セントの記号です。(記憶間違いしてなければ) 「£」イギリスの通貨単位、ポンドの記号です。 「〆」締め切り。 「≒」近似。英語だと nearly equal 「∵」なんとならば、と読んでます。(∴(ゆえに)の反対) 「;」セミコロン。「:」はただのコロン。 「∫」インテグラ ...続きを読む
分かるのだけ。
「⇔」同値。必要十分条件を表す記号です。名前はなんだったか?(スミマセン)
「¢」アメリカの通貨単位、セントの記号です。(記憶間違いしてなければ)
「£」イギリスの通貨単位、ポンドの記号です。
「〆」締め切り。
「≒」近似。英語だと nearly equal
「∵」なんとならば、と読んでます。(∴(ゆえに)の反対)
「;」セミコロン。「:」はただのコロン。
「∫」インテグラル。数学の積分の記号です。
「Σ」シグマ。総和を表す記号です。
「∽」相似記号。ちなみに「≡」が合同の記号。
「"」多分、ダブルクォーテーションマークだと思いますが(自信なし)
「!」感嘆符、またはエクスクラメーションマーク。
「Å」オングストローム?(自信なし)

  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 31% (416/1338)

v(⌒o⌒)v 間違い。 「;」=コロン。(「:」セミコロンの親分)
v(⌒o⌒)v 間違い。
「;」=コロン。(「:」セミコロンの親分)
  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 31% (416/1338)

とりあえず即レス。v(⌒o⌒)v 「Å」=オングストローム(長さの単位) 「;」=セミコロン。(「:」コロンの子分) 「∫」=インテグラル(数学でいう積分記号) 「Σ」=シグマ   (高校で習ったジャン) 「≒」=近似記号  (完全に等しくはないが、ほぼイコールということ) 「£」=通貨の単位、フランだったかな? 「¢」=通貨の単位、セント(ドルの下)かな? 「〆」=「締め」の意味 ...続きを読む
とりあえず即レス。v(⌒o⌒)v

「Å」=オングストローム(長さの単位)
「;」=セミコロン。(「:」コロンの子分)
「∫」=インテグラル(数学でいう積分記号)
「Σ」=シグマ   (高校で習ったジャン)
「≒」=近似記号  (完全に等しくはないが、ほぼイコールということ)
「£」=通貨の単位、フランだったかな?
「¢」=通貨の単位、セント(ドルの下)かな?
「〆」=「締め」の意味

あとはよろしくぅ。
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 30% (2017/6702)

仝々ヾヽゞ々〃ゝ 全部「同じ・おなじ」で変換できます。 ’クォーテーション ”ダブルクォーテーション !エクスクラメーション(俗称ビックリマーク)
仝々ヾヽゞ々〃ゝ
全部「同じ・おなじ」で変換できます。

’クォーテーション
”ダブルクォーテーション
!エクスクラメーション(俗称ビックリマーク)
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 27% (108/398)

「仝」=ドウ(同の異体字) 「¢」=セント(アメリカの通貨) 「£」=ポンド(イギリスの通貨) 「ゞ」=仮名返し(平仮名の繰り返し・濁点) 「〆」=締切り 「≒」=ニアリーイコール(ほぼイコール) 「∵」=したがって(数学の証明の時によく使う) 「;」=セミコロン 「∫」=インテグラル 「Σ」=シグマ 「∽」=相似 「"」=ダブルクォーテーション 「!」=エクスクラメーシ ...続きを読む
「仝」=ドウ(同の異体字)
「¢」=セント(アメリカの通貨)
「£」=ポンド(イギリスの通貨)
「ゞ」=仮名返し(平仮名の繰り返し・濁点)
「〆」=締切り
「≒」=ニアリーイコール(ほぼイコール)
「∵」=したがって(数学の証明の時によく使う)
「;」=セミコロン
「∫」=インテグラル
「Σ」=シグマ
「∽」=相似
「"」=ダブルクォーテーション
「!」=エクスクラメーションマーク

こんなところでしょうか。他は分かりません。
  • 回答No.9
レベル13

ベストアンサー率 23% (293/1250)

「ゞ」:ひらがなの繰り返しの記号に濁点が付いたものです。     「いすゞ」と書いて「いすず」と読みます。     (「いすず自動車」は昔こう表記していました)     濁点無しは「ゝ」です。     意味としては「佐々木」などの「々」と同じです。     (「々」は漢字です)     「くりかえし」もしくは「おなじ」と打って変換するとでますよ。 「≒」:普通は「ニアリーイコール」と英語 ...続きを読む
「ゞ」:ひらがなの繰り返しの記号に濁点が付いたものです。
    「いすゞ」と書いて「いすず」と読みます。
    (「いすず自動車」は昔こう表記していました)
    濁点無しは「ゝ」です。
    意味としては「佐々木」などの「々」と同じです。
    (「々」は漢字です)
    「くりかえし」もしくは「おなじ」と打って変換するとでますよ。

「≒」:普通は「ニアリーイコール」と英語で呼んでいます。
    (日本語でなんて言うかは、ちょっと不明です)
    「だいたい等しい」と言う意味の数学の記号です。
    使い方は
     π≒3.14 と言った感じです。

「Å」:オングストロームと読みます。
    ものすごく短い長さの単位です。
    1オングストロームとは1億分の1センチメートルです。
    原子や電子などの距離を示したりする時に用いますので、
    主に、化学や量子力学などで出てきます。

「∫」:インテグラと読みます。
    α、βなどと同じギリシャ文字ですが、
    数学では積分記号として用います。

「Σ」:シグマと読みます。
    これもギリシャ文字ですが、数学の記号として使います。
    「数列を全部足す」という使い方なのですが、
    説明が難しいので、参考URLを見てください↓
  • 回答No.8
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

ちょっとだけ補足。 Å オングストローム であってます。 0.0000001mm の単位 ≒ 「およそ」ともやりますね。私のVjeDelta2.5(日本語変換、MS-IME の替わり) で「およそ」で変換できます。
ちょっとだけ補足。

Å オングストローム であってます。 0.0000001mm の単位

≒ 「およそ」ともやりますね。私のVjeDelta2.5(日本語変換、MS-IME の替わり)
で「およそ」で変換できます。
  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 24% (47/191)

「¶」はパラグラフではないでしょうか? 「∵」は、なぜならば、なんとなれば です。(したがって は「∴」)
「¶」はパラグラフではないでしょうか?
「∵」は、なぜならば、なんとなれば です。(したがって は「∴」)
  • 回答No.10
レベル10

ベストアンサー率 24% (47/191)

「∫」は「インテグラル」で積分記号ですが、ギリシャ文字ではなく ラテン語で和を意味する「summa」の頭文字sを上下に引き伸ばしたものです。 「Σ」は「シグマ」で、英語の「sum」のsに対応するです。 ちなみに積は「product」のpに対応するギリシャ文字「Π」(パイ)です。
「∫」は「インテグラル」で積分記号ですが、ギリシャ文字ではなく
ラテン語で和を意味する「summa」の頭文字sを上下に引き伸ばしたものです。
「Σ」は「シグマ」で、英語の「sum」のsに対応するです。
ちなみに積は「product」のpに対応するギリシャ文字「Π」(パイ)です。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ