OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

有限要素法で

  • 暇なときにでも
  • 質問No.164019
  • 閲覧数259
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 18% (2/11)

渦電流解析で、

△Φ=0

なるラプラス方程式を
有限要素法を用いて解こうとしています。
境界条件の適用方法がわかりません。

空気との境界条件→電流が流れない:J=0
→E=-▽Φ-dA/dt
→E=0

や、異なる媒質間(媒質1と媒質2)の境界条件→電流連続
→σE1=σE2

等はどのように組み込めばよいのですか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 44% (81/181)

 結論から言うと解析領域内の媒質間において境界条件を与える必要はありません。  全体剛性マトリクスを組み上げるときに、各節点を共有する要素の情報がその節点に関する式に反映されます。これによって、要素間の媒質の状況によって、その状況を満足するように自動的にポテンシャルが求まります。(まさか、要素剛性マトリクスや全体剛性マトリクスの組み立て方に関する質問ではないですよね)  それよりも、解析領域端部の境界 ...続きを読む
 結論から言うと解析領域内の媒質間において境界条件を与える必要はありません。
 全体剛性マトリクスを組み上げるときに、各節点を共有する要素の情報がその節点に関する式に反映されます。これによって、要素間の媒質の状況によって、その状況を満足するように自動的にポテンシャルが求まります。(まさか、要素剛性マトリクスや全体剛性マトリクスの組み立て方に関する質問ではないですよね)
 それよりも、解析領域端部の境界条件をどのようにされているのかが気になります。問題によっては、自然境界条件や固定境界条件ではまずいときもあります。


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ