OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

映画監督や作家、画家の創造力って何十代くらいが、ピーク?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.163691
  • 閲覧数329
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 42% (190/445)

「30才までに科学的発見をしないものは、一生科学的発見をすることはない。」
というのをどこかで聞いたような気がします。(よくおぼえていないのですが)
 
しかし、文系のものは違うと、同時に聞いたような気が・・
(たとえば、映画監督や作家、画家など。)

映画監督や作家、画家の創造力って何十代くらいが、
ピークなんでしょうか?
どれか一つでもどんなことでもいいので教えてください。よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 13% (14/106)

●映画監督の場合いやっぱり30歳が ピークかなあと思います。  作家や画家は のんびりした仕事だからピークは ないんじゃないかなあ。  映画はかなりハードな仕事ですよね。多くのスタッフを動かさなきゃ  なんないし 予算や製作期間は有限ですから。物理的に優れた能力が  どうしても作品に影響するとおもいます。のんびりしてたら 妥協だらけ。  いま いちばんノリがいい監督は ウォシャウスキー兄弟か ...続きを読む
●映画監督の場合いやっぱり30歳が ピークかなあと思います。
 作家や画家は のんびりした仕事だからピークは ないんじゃないかなあ。

 映画はかなりハードな仕事ですよね。多くのスタッフを動かさなきゃ
 なんないし 予算や製作期間は有限ですから。物理的に優れた能力が
 どうしても作品に影響するとおもいます。のんびりしてたら 妥協だらけ。
 いま いちばんノリがいい監督は ウォシャウスキー兄弟かなあ。
 ちょうど30歳くらいですよね彼等。マトリックス2、楽しみですね・・・。


  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 37% (97/262)

 自然科学の分野というのは物事の白黒がはっきりつけられ、またそれ故に才能のあるなしも比較的若いうちに容易に判断できますね。数学や物理の分野で飛び級が存在するのもそうした理由からでしょう。数学の世界的権威であるフィールズ賞は40歳未満が条件だとか(ん? 間違えてたらご指摘ください(^_^;))…。また事実多くの数学的発見は20代、30代で為されているそうです。フェルマーの定理を何百年ぶりに解決に導いた例の学 ...続きを読む
 自然科学の分野というのは物事の白黒がはっきりつけられ、またそれ故に才能のあるなしも比較的若いうちに容易に判断できますね。数学や物理の分野で飛び級が存在するのもそうした理由からでしょう。数学の世界的権威であるフィールズ賞は40歳未満が条件だとか(ん? 間違えてたらご指摘ください(^_^;))…。また事実多くの数学的発見は20代、30代で為されているそうです。フェルマーの定理を何百年ぶりに解決に導いた例の学者は(名前を失念 (^_^;))フィールズ賞の年齢制限にひっかかって『特別賞』に甘んじたとか…。

 対する精神科学の分野ですが、これは若くして大成したという人をあまり知りません。作家などはその才能を歳若くして花開かせることも少なくありませんが、それでも理系の才能の開花に較べれば全体的に20歳ぐらいは遅咲きではないでしょうか。文系の分野での飛び級というものも検討されているようですが、あまり実効は挙げ得ないと思っています。

 結論…自然科学の分野においては20代をピークとするが、精神科学の分野においては一部の特殊な天才軍団をのぞき、40代、もしくはそれ以降に優れた仕事を残す人が多い。

 1+1=2は子供でも分かる理屈ですが、1+1が3になったり4になったりすることもあるのは、不合理に耐えて生きてきた年輩者にしか分からないことなのかもしれませんね。

 
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

数々の発明者を出した理化学研究所の人から聞いたのですが、ピークは若い頃に加えて年輩になってもうひとつあるそうです。 またノーベル賞受賞者について調べた本でも、40代、50代の人が結構新発見・新発明をしていて、その理由は、それまでの多くの経験が、ちょっとした異変を見逃さないからだそうです。レントゲンやペニシリンの発見などが典型だそうです。 体力は別として、映画監督や画家にも、これは当てはまるんで ...続きを読む
数々の発明者を出した理化学研究所の人から聞いたのですが、ピークは若い頃に加えて年輩になってもうひとつあるそうです。

またノーベル賞受賞者について調べた本でも、40代、50代の人が結構新発見・新発明をしていて、その理由は、それまでの多くの経験が、ちょっとした異変を見逃さないからだそうです。レントゲンやペニシリンの発見などが典型だそうです。

体力は別として、映画監督や画家にも、これは当てはまるんではないでしょうか。より大事なのは、年齢よりも、創作意欲、エネルギーだと思います。一般にこれらは年齢と共に下がりますが、年を取っても創作意欲が旺盛な人もいて、個人差が激しいと思います。
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 42% (25/59)

私も何かでそんな話を読んだことがあります。各分野の著名人が、一番優れた業績をあげた時期を調べて、統計をとると、科学者でも、特に数学者などは若いうちに独創的な仕事をするそうです。  それに対して、画家や文学者は、経験や積み重ねが必要な部分もあって、円熟期を迎えるのは50代になってからなのだとか。  私は文科系の人間なので、少し安心した覚えがあります。
私も何かでそんな話を読んだことがあります。各分野の著名人が、一番優れた業績をあげた時期を調べて、統計をとると、科学者でも、特に数学者などは若いうちに独創的な仕事をするそうです。
 それに対して、画家や文学者は、経験や積み重ねが必要な部分もあって、円熟期を迎えるのは50代になってからなのだとか。
 私は文科系の人間なので、少し安心した覚えがあります。
  • 回答No.5
レベル1

ベストアンサー率 0% (0/0)

私の専門分野である数学・物理の分野で評価を受けている人物は20歳までに「大発見」の基礎理論(インスピレーション)を完成させていると言います。 しかし、昔はその理論を論文として完成させるまでに資料や実験等の技術が確立されておらず時間がかかったため評価されるのは晩年になっていたそうです。 ただし、近年の発見といわれる分野に関してはより各分野が細分化されてきたことや研究者が専門化してきたことで昔のような大発 ...続きを読む
私の専門分野である数学・物理の分野で評価を受けている人物は20歳までに「大発見」の基礎理論(インスピレーション)を完成させていると言います。
しかし、昔はその理論を論文として完成させるまでに資料や実験等の技術が確立されておらず時間がかかったため評価されるのは晩年になっていたそうです。
ただし、近年の発見といわれる分野に関してはより各分野が細分化されてきたことや研究者が専門化してきたことで昔のような大発見が減少し、実験を伴ってもしくは実験の途中でなんらかの失敗からの発見が増えているようなので、先に行ったようなことは当てはまらないかと思います。
ですから、おそらく映画監督や作家、画家といった方々も自分のコアになる部分というのは20歳か30歳で完成しているのではないかと思います。ただ、研究という分野とは違って絶対的な評価を得られる分野でないぶん、評価はおくれて来るではないでしょうか。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ