OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

英語での造語のルール

  • 困ってます
  • 質問No.156148
  • 閲覧数491
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

というのはあるのでしょうか?
名詞+動詞で、「何かをどうにかする」という造語にしたいんです。
例えば、「インシュリン生成」は
insulin + genesis = insulinogenesis
という感じです。
組み合わせる単語の語尾・頭によって、発音しやすい母音(やその他)が単語間に入るような気がしますが、その辺りのルール・法則等があるのではないかと思います。
今造語として使用したい名詞の語尾が"m"で、動詞の頭が"ge"です。
例えばカルシウム生成(実際にカルシウムを生成するかどうかは別として・・・)を造語すると
calcium + genesis = calciumogenesis
ということになるのでしょうか?
よろしくお願いします。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

文系の人間なので、理系の新造語の例をあまり知らないので自信がないのですが。

一般に、英語では単語を接続するときに"-o-"を使います。これは元々、ギリシア語で'o'を使った為なのですが、中世以降、ラテン語や英語にも応用されており、特に科学用語では多用されています。
また、語尾が母音の場合、最後の母音は落とします(e.g. Anglo-Saxon <Angl(e)+o+Saxon)。

ただし、「イウム」で終わる元素の場合、元々が語幹にラテン語の語尾"-ium"を付けたものであるためか(e.g. calcium<calc(i)+ium)、語幹に戻してから'o'を付するのが普通のようです(e.g. osmio<osmium,urano<uranium)。
また、"i"を残すか残さないかは趣味のようです。残す場合は、osme(希:匂い)、osmium(オスミウム)、osmio-(オスミウムの)、osmo-(匂いの)と使い分けるのが一般ですが、"osmo-"を"osmio-"の代わりに使う場合もあります。残さない場合は、uranus(天)、uranium(ウラニウム)、urano-(ウラニウムの、天の)となります。

従って、科学の新造語としては"calciogenesis"が自然だと思われます。
また、"calco-"は「石灰の」という意味で科学用語に使いますよね。

なお、語幹に戻してから"-o-"を付けるのか、そのまま"-o-"を付けるのかは習慣の問題のようで、"insulin"は、"insul(a)+in(e)"ですが、そのまま"insulino-"とします。
お礼コメント
noname#5067

ありがとうございます。
とてもためになりました。
が、あるものに付けた名前(=造語)は採用されなさそうです。
残念・・・。
投稿日時 - 2001-11-05 17:56:06
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
この言い回しでうまく伝えられた!あなたの知識や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ