OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

漢字の書き方について!

  • 暇なときにでも
  • 質問No.152170
  • 閲覧数80
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 38% (161/423)

こんにちわ!
今まで気になってたんだけど、『凹凸』の書き順を
知ってる人教えてください!
それと、なぜこんな漢字になったのかというのも教えてください!
よろしくお願いします!
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 37% (1123/2963)

書き順だけですが。
お礼コメント
tamatamaneginegi

お礼率 38% (161/423)

ありがとうございましたっ!
投稿日時 - 2001-10-18 12:26:42
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (905/3709)

http://www.kura2.net/know/know_data/zatugaku/zatu_note2/ ここにあります。書き順が定められていない??
http://www.kura2.net/know/know_data/zatugaku/zatu_note2/

ここにあります。書き順が定められていない??

  • 回答No.3

 毎度どーでもいい補足(笑)  漢字にはなぜ書き順なんてものがあるか、という話です。  これは、漢字という文字が、エジプト系から発達した文字(いわゆるアルファベットなど)と比べて構造が複雑で、書くのに時間がかかるからです。(これは、歴史的に比較的古くから「紙」が存在したためです。石版は書くのが大変なので、アルファベットは簡単なんです)  そのため、歴代のせっかち連中が「いかに早く書くか」を研 ...続きを読む
 毎度どーでもいい補足(笑)

 漢字にはなぜ書き順なんてものがあるか、という話です。
 これは、漢字という文字が、エジプト系から発達した文字(いわゆるアルファベットなど)と比べて構造が複雑で、書くのに時間がかかるからです。(これは、歴史的に比較的古くから「紙」が存在したためです。石版は書くのが大変なので、アルファベットは簡単なんです)

 そのため、歴代のせっかち連中が「いかに早く書くか」を研究し、と同時にこだわる連中が「いかに美しく書くか」を研究してきました。で、最終的に体系化されたのが現在の書き順です。

 hinebot さんの参考URLには、「必の書き方は昔と今では違う」と記述されていますが、これは当然で、昔と今とでは使われている形(行書体とか明朝体とか)が違うわけですから、最適な書き方も変わるわけです。

 ですんで、書き順が決まってない漢字は、自分にもっとも見合った書き順を見つけて書くのがおすすめです。
 個人的には「1画で書く」推奨(笑)
 「卍」なんか特に(笑)
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 22% (8/36)

筆順はno1の答えが標準ですが旧文部省から「筆順指導の手引き」が発行されており、そこには漢字の筆順が何通りも示されており、文部省では混乱を防ぐため最初に書かれているものを使用する。ただし他の筆順を間違いとするものではない。と書かれています。ですから、文部省が関係している試験問題には筆順の問題は出されないはずです。凹も凸も象形文字ですから凹は中のくぼんでいる様子から、凸は突き出ている様子からできた漢字です。
筆順はno1の答えが標準ですが旧文部省から「筆順指導の手引き」が発行されており、そこには漢字の筆順が何通りも示されており、文部省では混乱を防ぐため最初に書かれているものを使用する。ただし他の筆順を間違いとするものではない。と書かれています。ですから、文部省が関係している試験問題には筆順の問題は出されないはずです。凹も凸も象形文字ですから凹は中のくぼんでいる様子から、凸は突き出ている様子からできた漢字です。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ