OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

TLCについて

  • すぐに回答を!
  • 質問No.149529
  • 閲覧数1683
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 50% (2/4)

反応の進行具合を見るTLCについてですが、なぜ化合物が塩だとTLCスポットが上昇しないのでしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 54% (45/82)

TLC は物質と溶媒の親和性の差によって 物質を分離展開します. どのような条件でどんな実験を行っておられるのか, わからないのでなんともいえませんが, 反応生成物は脂溶性の高い物質で 展開溶媒も脂溶性が高いものだと思われます. 化合物が塩だと溶液中ではイオン状態(=親水性)なので, TLC ではスポットが上昇しないのだと思うのですが… こんな回答でよろしいですか? ...続きを読む
TLC は物質と溶媒の親和性の差によって
物質を分離展開します.
どのような条件でどんな実験を行っておられるのか,
わからないのでなんともいえませんが,
反応生成物は脂溶性の高い物質で
展開溶媒も脂溶性が高いものだと思われます.

化合物が塩だと溶液中ではイオン状態(=親水性)なので,
TLC ではスポットが上昇しないのだと思うのですが…
こんな回答でよろしいですか?
お礼コメント
faulkner

お礼率 50% (2/4)

なるほど、展開溶媒の極性を上げればスポットは上昇するわけですね。原因はTLCと塩の親和性が大きいためにスポットが上昇しないからですよね?
投稿日時 - 2001-10-11 21:07:05


  • 回答No.2

ずばりの回答ではありませんが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか? この中で#2で紹介した成書を図書館等で探されては如何でしょうか? ご参考まで。 ...続きを読む
ずばりの回答ではありませんが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で#2で紹介した成書を図書館等で探されては如何でしょうか?

ご参考まで。
お礼コメント
faulkner

お礼率 50% (2/4)

では早速、大学の図書館で調べたいと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-10-11 23:47:22
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

 「なぜ化合物が塩だとTLCスポットが上昇しないのでしょうか?」については回答がある様ですので,アドバイスだけ。  分析対象が塩である事が分っているのであれば,逆層の TLC プレートを用いた方が良いと思います。逆層 TLC であれば,高極性の化合物程展開されますから。  あるいは,反応中は塩であっても,酸(あるいはアルカリ)処理でフリーになるのであれば,キャピラリーで採取した反応液をサンプル ...続きを読む
 「なぜ化合物が塩だとTLCスポットが上昇しないのでしょうか?」については回答がある様ですので,アドバイスだけ。

 分析対象が塩である事が分っているのであれば,逆層の TLC プレートを用いた方が良いと思います。逆層 TLC であれば,高極性の化合物程展開されますから。

 あるいは,反応中は塩であっても,酸(あるいはアルカリ)処理でフリーになるのであれば,キャピラリーで採取した反応液をサンプルチューブ中で酸(叉はアルカリ)処理し,その有機層を TLC チェックする事で簡単に反応チェックできるはずです。
補足コメント
faulkner

お礼率 50% (2/4)

逆相のTLCだと極性が高いほど展開されやすいんですね。
後者の方法だと、エステルは加水分解されますから使えませんよね?
(化合物中にエステル結合あり)
アドバイスありがとうございます。
投稿日時 - 2001-10-12 07:06:32
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

rei00 です。補足拝見しました。 > 後者の方法だと、エステルは加水分解されますから > 使えませんよね?(化合物中にエステル結合あり)  エステルがあっても使えます。TLC チェックで酸(アルカリ)処理するには,少量の酸(アルカリ)と有機溶媒を入れたサンプルチュ-ブ等にサンプリングした反応液を入れ,フタをして数回振って後,有機層をスポットします。この程度の時間であればエステ ...続きを読む
rei00 です。補足拝見しました。

> 後者の方法だと、エステルは加水分解されますから
> 使えませんよね?(化合物中にエステル結合あり)

 エステルがあっても使えます。TLC チェックで酸(アルカリ)処理するには,少量の酸(アルカリ)と有機溶媒を入れたサンプルチュ-ブ等にサンプリングした反応液を入れ,フタをして数回振って後,有機層をスポットします。この程度の時間であればエステルはまず大丈夫です。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ