OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

金属材料の熱起電力について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.140975
  • 閲覧数1077
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/6)

金属材料の熱起電力で銅とニッケルの熱起電力特性は1℃あたり何Ωなのかご存知の方いらしゃれば教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 44% (89/202)

まだ回答がついていないところを見ると >熱起電力特性は1℃あたり何Ω 起電力をΩ表示することに無理があるのではないでしょうか? 一応対白金につきましては、    Cu : -0.37(-100℃),+0.76(+100℃) Ni : +1.22(-100℃),-1.48(+100℃) 【mV】 理科年表(H6)より とありますので、もしかしたら化学便覧等により詳しい数値が記載されている ...続きを読む
まだ回答がついていないところを見ると
>熱起電力特性は1℃あたり何Ω
起電力をΩ表示することに無理があるのではないでしょうか?
一応対白金につきましては、
  
Cu : -0.37(-100℃),+0.76(+100℃)
Ni : +1.22(-100℃),-1.48(+100℃) 【mV】
理科年表(H6)より

とありますので、もしかしたら化学便覧等により詳しい数値が記載されているかも知れません。
補足コメント
hamuribon

お礼率 0% (0/6)

すいません単位を間違えました。1℃あたり何V(ボルト)です。銅対ニッケルを知りたいのでよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-09-27 13:42:43

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 44% (89/202)

専門家ではないので詳しいことは解りませんが、個々の金属の「ゼーベック係数」が理論的に算出可能であれば解るかもしれませんね。 一応#1の回答から線形であると仮定して概算しますと、 Cu-Pt-Ni間の熱起電力がCu-Ni間と等しいと考えれば、Cu-Ni間の起電力は算出可能ですので、 -100℃~0℃では (-0.37-1.22)/-100≒0.016mV/℃ 0℃~100℃では (0.76-(- ...続きを読む
専門家ではないので詳しいことは解りませんが、個々の金属の「ゼーベック係数」が理論的に算出可能であれば解るかもしれませんね。
一応#1の回答から線形であると仮定して概算しますと、
Cu-Pt-Ni間の熱起電力がCu-Ni間と等しいと考えれば、Cu-Ni間の起電力は算出可能ですので、
-100℃~0℃では
(-0.37-1.22)/-100≒0.016mV/℃
0℃~100℃では
(0.76-(-1.48))/100≒0.022mV/℃
という値が得られますが、これだけ違うと線形という仮定にも疑問が生じますので、詳しい値を調べることをお勧めします。
ただ、一般的な熱電対でもなければある金属(#1ではPt)に対する起電力の記述しかないと思われますので、上記のような換算は必要になると思います。

専門家の方、フォローお願い出来ますでしょうか?
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ