OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

消費税

  • 困ってます
  • 質問No.140472
  • 閲覧数139
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

いまさら、ですけれども教えて下さい。

流通の過程で物の価格はどうなっているのかわからなくなりました。

仮に、

製造者:A、卸業者:B、小売業者:C、消費者:D
消費税5%
A~Cは利益なし(利益率0%)
Aの製造コストは100円

とした場合、税込みではどちらになるんでしょうか?

(1)
A→B 105円
B→C 105円
C→D 105円

(2)
A→B 105円
B→C 110円
C→D 115円
(1円未満切り捨て)

要は物を売った人全員が、税金として国または地域に4%+1%=5%を収めれば(2)だとおもうのですが、そうすると中間の流通業者が増えるごとに税金が加算されますね。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 47% (142/300)

 消費税の課税には、本則課税と簡易課税とがありますが、ここでは本則で説明します。
 消費税は、「売上の際に購入者から預かった消費税」から「仕入れの際に販売者へ払った消費税」の“差額”を納付します。

 したがって、(1)のケースでは、BもCも納付税額はゼロになり、利益額もゼロです。Aだけが5円の消費税を納付することになります。
 一方(2)のケースでは、Bは預かった消費税10円から払った消費税5円を引いた5円を、Cは預かった消費税15円から払った消費税10円を引いた5円を、それぞれ納付することになります。そして、BとCには5円ずつの利益が出ます。
 「利益無しで」ということでしたら、(1)が正解ということになります。
お礼コメント
Tomopon

お礼率 100% (2/2)

PTPCE-GSRさん、ありがとうございます。

こういう風に理解しましたが、いいのでしょうか?

Bの視点で考えると、

(1')利益なしの場合
BはAから、
100円プラス消費税5円で計105円でAから仕入れ。
100円プラス消費税5円の計105円でCに販売。

この場合国・地方への納税は0円。

(2')利益ありの場合
100円プラス消費税5円で計105円でAから仕入れ。
300円プラス消費税15円で計315円でCに販売。

この場合、Bは15円-5円=10円を
国・地方へ納税する。
投稿日時 - 2001-09-24 11:26:09
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 47% (142/300)

ご理解の通りです。 そして、(2')を例にとれば、 消費者が預けた15円の消費税を、 AとBとが分担して国・地方へ納税するという図式になります。 ...続きを読む
ご理解の通りです。

そして、(2')を例にとれば、
消費者が預けた15円の消費税を、
AとBとが分担して国・地方へ納税するという図式になります。
お礼コメント
Tomopon

お礼率 100% (2/2)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-09-25 01:02:46


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ