OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

地声

  • 困ってます
  • 質問No.135087
  • 閲覧数352
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 12% (18/144)

これは友達が"お願いねっ"と私に手紙で書いた内容の質問
よろしくお願いします
--------------------------------------------------
地声は普通で、ちょっと低めで透き通ってなくて
ちょっと悩んでいます。
できれば透き通った高めの声になりたいんだけど。
--------------------------------------------------
っていう内容なのですが地声はいつも意識してしゃべる
以外ないと思うのですが、何か他にいい方法とかあったらぜひ教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 29% (842/2899)

そうですね・・・。
本格的に治したいのならばボイストレーニングに通うのをお勧めしますが。
とりあえず手ごろに治したい(?)という事ならば、
喉に意識をもっていくのではなく、腹式呼吸の発声法をお勧めします。
いわゆる、舞台俳優のやっている発声法ですね。
私は以前劇団で役者をやっていたものですが、
ハスキーボイスの女の子が随分良い声になりましたよ。

(1)寝っ転がって呼吸をしてみる。
 この時点で、おなかが膨らむ呼吸になると思います。
(2)立ち上がって同じ状態になるよう努力する。
 ポイントはあくまでも「おなかを意識すること!
(3)これが出来るようになったら実際におなかから声を出してみる。
 できるだけ、腹筋を使って、長~く吐く。

簡単に言うとこんな感じ(簡単すぎるんだけど・・・)。
腹式呼吸で、しっかりした声が出来てから、高音域の
練習をしないと潰れてしまいますので、
十分注意してください。
潰れてしまったら高音域は出ないと思ってください。
それぐらい発声が大事です。

付け足しで・・・
合唱のときによく「おなかから声を出す」「腹式呼吸」
といわれると思いますが、そのメカニズムを。
実際に「胃」に空気が入るわけではありません。(当たり前ですが)
肺の下についている「横隔膜(おうかくまく)」を
腹筋で下に下げて、肺に空気が入る量を調節することです。
横隔膜が下に行けば、その分肺が下への余裕が出来、
その分空気が沢山入るのです。
それはやはり、腹筋を鍛えることが必要不可欠ですので、
腹筋・背筋を一日20回はやるようにしましょう。
その際、背筋もちゃんと鍛えること。
おなかも背中も一緒に鍛えて、バランスをよくしないと
スタイルわるくなりますよ!!
こんな感じでよろしいでしょうか・・・?
本当は実際に教えられるといいのですが、文面だと限りがありますので。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ