解決済みの質問

質問No.12957
暇なときにでも
暇なときにでも
お気に入り投稿に追加する (1人が追加しました)
回答数13
閲覧数2680
遺伝子操作の倫理的問題とは?
遺伝子を操作して人のクローンを作ったりすることは、倫理上問題があるとかで国際的に禁止されておりますが、ここでいう倫理とは具体的にどういったことなのでしょうか?
私が思うに、きっと何かの宗教的考えに根ざしたもの(例えばキリスト教とか)で、遺伝子操作は神の冒涜にあたるとかそういった感じだと思うのですが、もしそうであるとするなら、無宗教国家の日本は禁止する必要は無いのでは?
(ちなみに私は別に賛成してほしいというわけではありません)
投稿日時 - 2000-11-14 13:00:37

質問者が選んだベストアンサー

回答No.11
やっぱり自分でも興味のある題材というのは答えてて
も楽しいですね。
ということで、また補足から。^^;
しかも余談のほうにおもいっきり反応します。^^;;;

>優れた子孫を残すことは全ての生物にとっての最大
>の使命なわけで、人類はその手っ取り早い方法を入
>手することができているのです。

これですが。
「人為的な変化」そのものである、遺伝子を操作する
という技術が、問題になる可能性があると考えられる
からでしょうね。

他の方も述べられてましたが、個別な変化は差別の
温床になるでしょうし、貧富の差によって種そのも
のが分化してしまったり問題がガンガン出手来るで
しょう。

さらに、「自分達自身で変化するという事」に根源的
な恐怖を感じたり、次世代が自分達よりも優れた形質
を得る事に嫉妬を感じたり・・・・。

そういうむき出しの感情をコントロールする術として
文明人は倫理を持ち出したりするみたいです。

また、ルール化しない事には、種そのものが危険にな
る可能性があります。
遺伝子操作が進みきって、自由に自分や家族をデザイ
ン出来るようになったときに、他の人間との間に子供
が生まれる事が可能でなくなるほどの差異が当たり前
になって、さらに操作をしなければ子供が産まれない
という世界になった時、はたしてその種は、種として
生き残ったといえるのでしょうか?

遺伝子操作に伴ういいしれない不安感とは、ひょっと
すると、ヒトという種を守るという根源的な部分から
くる恐怖なのかもしれませんね。

そして、遺伝子操作への憧れは、より生存率を高める
ための欲求からくるのかもしれません。


全部想像ですけどね^^;

まあ。私としては、
出来るならいろいろやってみたいけど最終的には戻せ
るような可逆的な技術に育ってほしい分野
ですね。
投稿日時 - 2000-11-14 21:17:50
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ご回答ありがとうございます
皆さんの回答を元に、しばらく頭を冷やして考えてまして、以下のような結論に達しました。

補足に
「ヒトの遺伝子操作に対する私の根本的な考え方は... 優れた子孫を残すことは全ての生物にとっての最大の使命なわけで、人類はその手っ取り早い方法を入手することができているのです。なぜそれを「倫理的」という後天的に発生した理由で禁止しなければならないのか、と思ってます。」
などと書き込みましたが、ヒトが他の生物とちがうのは人としての「尊厳」が有るか無いかなのではないでしょうか。この尊厳をいかにして守っていくかの方法が「倫理」なのでしょう。人としての尊厳が守れないような遺伝子操作を行った時点で、人は尊厳を失い、動物以下と成り下がってしまう。そこで「倫理」によって「尊厳」を守らなければいけない、ということなのでしょう。

「それはちがーう!」という意見がございましたら、また回答してください
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

ベストアンサー以外の回答 (12)

回答No.13
これって難しいですね。もう議論は出ている様に思うけど・・・。
 ヒトのクローン・・・クローンで造られたヒトも人間なんですよね。たとえば、臓器移植目的でクローン人間を造ったりしたら・・・。
 倫理学は、特に宗教に関係しているということはないと思います。ヒトとしてしてはいけないこと・・・種の保存・・・
 
やっぱりしてはいけないことでしょう
投稿日時 - 2000-11-15 03:36:58
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ご回答ありがとうございます
皆さんの回答を元に、しばらく頭を冷やして考えてまして、以下のような結論に達しました。

補足に
「ヒトの遺伝子操作に対する私の根本的な考え方は... 優れた子孫を残すことは全ての生物にとっての最大の使命なわけで、人類はその手っ取り早い方法を入手することができているのです。なぜそれを「倫理的」という後天的に発生した理由で禁止しなければならないのか、と思ってます。」
などと書き込みましたが、ヒトが他の生物とちがうのは人としての「尊厳」が有るか無いかなのではないでしょうか。この尊厳をいかにして守っていくかの方法が「倫理」なのでしょう。人としての尊厳が守れないような遺伝子操作を行った時点で、人は尊厳を失い、動物以下と成り下がってしまう。そこで「倫理」によって「尊厳」を守らなければいけない、ということなのでしょう。

「それはちがーう!」という意見がございましたら、また回答してください
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
回答No.12
 補足みました。

 倫理とは何か。
 うーん。ずいぶんと難しいですね(笑)

 この答えは人によって違うと思いますが、俺は「その時代、その時代に見合った人々の考え方。共通的な思考」だと思っています。
 たとえその時代の人間が「こうだ!」と信じていても、次の時代になれば必ずしもそれが正しいとは限らなくなる。
 倫理ってけっきょく、そういうものですよね。

 たとえば、「人を殺してはいけない」この倫理は、現代日本人は絶対的に正しいと信じていますが、これが中世ヨーロッパには覆されたりしましたしね。

 大事なのは、自分の中に倫理観をしっかり持っておくことだと思いますよ。
投稿日時 - 2000-11-15 00:34:51
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ご回答ありがとうございます
皆さんの回答を元に、しばらく頭を冷やして考えてまして、以下のような結論に達しました。

補足に
「ヒトの遺伝子操作に対する私の根本的な考え方は... 優れた子孫を残すことは全ての生物にとっての最大の使命なわけで、人類はその手っ取り早い方法を入手することができているのです。なぜそれを「倫理的」という後天的に発生した理由で禁止しなければならないのか、と思ってます。」
などと書き込みましたが、ヒトが他の生物とちがうのは人としての「尊厳」が有るか無いかなのではないでしょうか。この尊厳をいかにして守っていくかの方法が「倫理」なのでしょう。人としての尊厳が守れないような遺伝子操作を行った時点で、人は尊厳を失い、動物以下と成り下がってしまう。そこで「倫理」によって「尊厳」を守らなければいけない、ということなのでしょう。

「それはちがーう!」という意見がございましたら、また回答してください
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
回答No.10
今までの回答で殆ど出尽くしたかなと思います。
ただ、倫理という場合、考えなければならないのが科学が常に正しいものではないと言うことです。
ダイナマイトしかり、核分裂、核融合しかりです。
研究段階や開発段階での理想は、現実社会の中ではまるっきり無力です。
遺伝子操作にしても、恐らく医療だけでは無くなってくるでしょう。
恐らく優秀な遺伝子を買う人たちが出てくるはずです。
そうすれば、金のある人たちが、どんどん改良された人間になる可能性だってあるわけです。
そうなってくると、新たな差別化が進むとも考えられます。
所謂、金持ちと貧乏人は、社会での序列というだけでは無く、肉体の構造の差となって現れてくる可能性だってあるわけです。
突き詰めていけば、どこまでも可能性が考えられます。
しかもそれは、決して非現実の世界ではないのです。
今仮に治療を目的とするので有れば、クローン技術を使うにしても、組織培養という方法も有ろうかと思います。
胃なら胃だけ、骨髄なら骨髄だけと言う風に、組織だけの培養にすれば、そう言ったことの起きない可能性が広がります。
特に神経や骨、筋肉などは、もし有れば助かる患者さんは数え切れないほど居ます。
ですから、医療にしろ、何にしろ、幾ら始めに決めたからと言ってそれが守られる可能性がない以上、踏み込むことを躊躇したいという人間本来の畏れがそこに倫理と言う言葉を借りて現れたのではないでしょうか。
興味が尽きない問題ですが、そもそも興味を持つと言うことの基本的考えがどこにあるかを自分の心に聞いてみれば、一番よく分かることではないでしょうか。
投稿日時 - 2000-11-14 19:58:33
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ご回答ありがとうございます
皆さんの回答を元に、しばらく頭を冷やして考えてまして、以下のような結論に達しました。

補足に
「ヒトの遺伝子操作に対する私の根本的な考え方は... 優れた子孫を残すことは全ての生物にとっての最大の使命なわけで、人類はその手っ取り早い方法を入手することができているのです。なぜそれを「倫理的」という後天的に発生した理由で禁止しなければならないのか、と思ってます。」
などと書き込みましたが、ヒトが他の生物とちがうのは人としての「尊厳」が有るか無いかなのではないでしょうか。この尊厳をいかにして守っていくかの方法が「倫理」なのでしょう。人としての尊厳が守れないような遺伝子操作を行った時点で、人は尊厳を失い、動物以下と成り下がってしまう。そこで「倫理」によって「尊厳」を守らなければいけない、ということなのでしょう。

「それはちがーう!」という意見がございましたら、また回答してください
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
回答No.9
クローン人間の倫理上の問題っていろいろあるんでしょうけど、まずは実験に使われてしまうからではないでしょうか?

又、小説じみてしまうかもしれませんが、「人間牧場」のような物ができてしまっては、やはり人として守るべき道をはずれてしまうかもしれませんね。

人の道ってのは宗教によるかもしれませんが、単純に自分と同じものができてしまうというのは怖いものですよね。頭の中身までは一緒にはならないでしょうけど、一言では言い表せない恐ろしさがあります。

もしそういう問題がないのなら単純に自分の臓器のスペアとして欲しいようなきもするなあ。
投稿日時 - 2000-11-14 19:34:54
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ご回答ありがとうございます
皆さんの回答を元に、しばらく頭を冷やして考えてまして、以下のような結論に達しました。

補足に
「ヒトの遺伝子操作に対する私の根本的な考え方は... 優れた子孫を残すことは全ての生物にとっての最大の使命なわけで、人類はその手っ取り早い方法を入手することができているのです。なぜそれを「倫理的」という後天的に発生した理由で禁止しなければならないのか、と思ってます。」
などと書き込みましたが、ヒトが他の生物とちがうのは人としての「尊厳」が有るか無いかなのではないでしょうか。この尊厳をいかにして守っていくかの方法が「倫理」なのでしょう。人としての尊厳が守れないような遺伝子操作を行った時点で、人は尊厳を失い、動物以下と成り下がってしまう。そこで「倫理」によって「尊厳」を守らなければいけない、ということなのでしょう。

「それはちがーう!」という意見がございましたら、また回答してください
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
回答No.8
参考までに…
大学の時、生物学の先生が言っていた話です。
遺伝子の優劣というものは、人間の場合、文化によるところも大きいという話でした。
これは分かりやすい例ですが、例えば、近視は、狩猟採集民にとっては、本当に生死に関わるような欠陥です。しかし、われわれの文化圏ではそうではありません。このように、どの遺伝子に問題があるのか、という議論には、根底にその時代、その文化の人間の価値観が含まれていることが、多々あります。しかし、どんな価値観も絶対的だと言えるものはないのではないでしょうか。見極めるのが難しい問題です。

さらに、greenhouseさんがおっしゃるように、ほとんどの人間は、平均3つか4つくらいの、致命的な欠陥のある遺伝子を持っているそうです。これは一つ一つを見れば、致命的ですが、遺伝子は、いくつかの要因が複合的に働くので、大抵は表面化しないそうです。

遺伝子の組み合わせは、無限にありますので、本当に致命的な遺伝子を全ての組み合わせを考えて特定することは、まず無理です。この遺伝子は致命的であると、理解できるのは、相当に特殊なものだけのようです。
投稿日時 - 2000-11-14 18:33:23
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
ご回答ありがとうございます
皆さんの回答を元に、しばらく頭を冷やして考えてまして、以下のような結論に達しました。

補足に
「ヒトの遺伝子操作に対する私の根本的な考え方は... 優れた子孫を残すことは全ての生物にとっての最大の使命なわけで、人類はその手っ取り早い方法を入手することができているのです。なぜそれを「倫理的」という後天的に発生した理由で禁止しなければならないのか、と思ってます。」
などと書き込みましたが、ヒトが他の生物とちがうのは人としての「尊厳」が有るか無いかなのではないでしょうか。この尊厳をいかにして守っていくかの方法が「倫理」なのでしょう。人としての尊厳が守れないような遺伝子操作を行った時点で、人は尊厳を失い、動物以下と成り下がってしまう。そこで「倫理」によって「尊厳」を守らなければいけない、ということなのでしょう。

「それはちがーう!」という意見がございましたら、また回答してください
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
12件中 1~5件目を表示
この質問は役に立ちましたか?
14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

関連するガイド記事

    回答募集中

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    生物学
    -PR-

    OKWaveのおすすめ情報

    特集

    このQ&Aの関連キーワード

    同じカテゴリの人気Q&Aランキング

    カテゴリ
    生物学
    -PR-

    ピックアップ

    おすすめリンク

    -PR-
    -PR-