OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

これからの季節が不安…

  • 暇なときにでも
  • 質問No.122215
  • 閲覧数36
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 27% (5/18)

私は21歳の女性です。
いつからこんな風に思うようになったのかは定かではないのですが、私は秋から冬にかけての季節がなんとなく苦手です。
でもそれはあくまで気持ち的にです。
寒いのは好きではありませんが、苦痛に思うほどではありません。
冬は自分の誕生日もありますし…
なぜそう思うのかは分かりませんが、とにかく変な気持ちになります。
春や夏は好きです。
何もなくても何故か元気です。
でも9、10月頃から3月くらいまでは不安というか寂しいのです。
もうすぐ夏が終わり秋が近づいてきます。
今から変な気分です。
少し気が重いというか…ソワソワというか…自分でもよくわかりません。

友人にこの話をすると不思議がられます。
『秋は食欲の秋だからいいのに何で???』とか。
なぜ私はこんな風に感じるのでしょうか?
私だけでしょうか?
こんなふうに感じたことのある方はいますか??
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1

『色』では無いでしょうか? 春・夏はファッションも明るい色・派手は色が好まれますし 野山も緑や草花の華やかな色で満ちています。 街のディスプレイも目立つ色が好まれますよね。 ところが寒くなってくると、『寒色』や「モノトーン」が多い気がします。 野山も紅葉は綺麗ですが、それが終われば枯葉・葉の落ちた木々が現れますね。 雪の色も決して派手な色では無いと思います。 こんな感じで『環境の ...続きを読む
『色』では無いでしょうか?

春・夏はファッションも明るい色・派手は色が好まれますし
野山も緑や草花の華やかな色で満ちています。
街のディスプレイも目立つ色が好まれますよね。

ところが寒くなってくると、『寒色』や「モノトーン」が多い気がします。
野山も紅葉は綺麗ですが、それが終われば枯葉・葉の落ちた木々が現れますね。
雪の色も決して派手な色では無いと思います。

こんな感じで『環境の色彩の変化』だと思います。

あとは
『寒いと動きが鈍るので活動的じゃ無くなる』=『大人しくなる』
ってこともあるかと思います。

以上、勝手な解釈ですけどね。。(^^ゞポリポリ

お友達が仰るように『栗だ!!』『鍋だ!!』『焼き芋だ!!』って考えたり
『スキーだ!!』って楽しいことを見つけていくとウズウズするものですよ。

冬の星空も綺麗ですし、僕は結構好きなんですけどね。>冬

余談:
コタツも好きだぁ~~~~~(おぃおぃ
  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 42% (12/28)

こんばんは。 私も毎年秋になると「まったり」してしまって困っています(笑)。 な~んか、モノ悲しくなってしまうんですよね……。 秋はいちばん好きな季節なのに。 私の場合は、人恋しくなる、って感じです。 彼がいたらなー、って思うかな。 片想いしている時も、この季節になるとズーンと落ち込みますね。 なんだろう……。 私は結構自虐的なので(笑)、そういうときはとことんその雰囲気に 浸っ ...続きを読む
こんばんは。
私も毎年秋になると「まったり」してしまって困っています(笑)。
な~んか、モノ悲しくなってしまうんですよね……。
秋はいちばん好きな季節なのに。
私の場合は、人恋しくなる、って感じです。
彼がいたらなー、って思うかな。

片想いしている時も、この季節になるとズーンと落ち込みますね。
なんだろう……。

私は結構自虐的なので(笑)、そういうときはとことんその雰囲気に
浸ってしまいます。
泣ける映画観たり、音楽聴いたり……。“泣きのツボ”に入ると大変な
ことになりますが……。(^^;A

このところ秋めいてきたので、私もすごく不安です(笑)。
お互い、うまく乗り切りましょうね。
なんか、全然回答になってなくてスミマセン。
でも、きっと秋ってそういう季節なんだと思いますよ。←ムリヤリ。
  • 回答No.3

別に不思議ではありません。 検索サイトで「冬季鬱病」「周期性鬱病」(鬱はひらがなとor検索にするとよりよい)で引いてみてください。光の関係したものとしていくつか見つかるでしょう。 お仲間がたくさん見つかるはずです。 たぶん、その時期にkireina_oneesanさんがいわゆる鬱の診断表とか問診票をすればおそらくそちらに判定されるでしょう。いかにもこれを答えたら、鬱でしょうという問いが多いですが ...続きを読む
別に不思議ではありません。
検索サイトで「冬季鬱病」「周期性鬱病」(鬱はひらがなとor検索にするとよりよい)で引いてみてください。光の関係したものとしていくつか見つかるでしょう。
お仲間がたくさん見つかるはずです。

たぶん、その時期にkireina_oneesanさんがいわゆる鬱の診断表とか問診票をすればおそらくそちらに判定されるでしょう。いかにもこれを答えたら、鬱でしょうという問いが多いですが思わずそちらを選んでしまいますからね。

もし、生活に支障を来すぐらいひどいなら精神科(神経内科)の門をたたくのもよいかもしれません。しかしながら薬の副作用も結構ひどいので一概によくなるともいえません。また病気と認めることが必ずしもよいとは思えませんし。(ここいらは反対意見もあるかもしれませんが・・・)

病気としての説明してしまいましたが、この手の病気はレントゲンや化学反応的な検査で決まるわけでなく、本人、医者がそう思ったらそうなります。なので、あんまり重傷でなければ気楽に過ごしてください。

少しまとまりがないですが、程度の差はあれそう感じる人は少なくないということは確かです。
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 36% (12/33)

akiyamaharukaさんの言っているとおり、SAD季節性感情障害、つまり、冬季うつ病が考えられます。 この病気は、日照時間が短くなるとはっしょうするのはわかっていますが、そのメカニズムについてはいまだに解明されていません。 仮説としては、 体内時計の調節作用 身体への光の暴露量が直接、脳内神経伝達の調節を引き起こす。 メラトニン仮説。すなわち、メラトニンの分泌を制御する。 脳内 ...続きを読む
akiyamaharukaさんの言っているとおり、SAD季節性感情障害、つまり、冬季うつ病が考えられます。
この病気は、日照時間が短くなるとはっしょうするのはわかっていますが、そのメカニズムについてはいまだに解明されていません。

仮説としては、
体内時計の調節作用
身体への光の暴露量が直接、脳内神経伝達の調節を引き起こす。
メラトニン仮説。すなわち、メラトニンの分泌を制御する。
脳内セラトニン計システムの正常化を促す。
フォトン仮説。すなわち、網膜に作用する一日の光の量が増加することで効果を呈する。
自律神経調整作用。すなわち、交感神経システムの亢進が図れる。
などが考えられていますが、まだ、研究中といった所です。

それから、抗うつ剤の効きにくいあるいは、まったく効果がないため、治療法は、もっぱら高輝度光療法という事になります。設備のある精神科で治療可能です。
方法は、太陽光に似たスペクトルのランプの光を浴びるあるいは見るだけなんですがね。

家やオフィスに閉じこもりがちの人は症状を悪化させますから、なるべく屋外で太陽光をあびながら森林浴等自然と親しむのが良いと思います。できれば、冬はスキーなど太陽光を浴びられるスポーツ等ができると良いのですがね。秋の内から冬に備えて、ハイキングとかテニスとかアウトドアで太陽光を浴びる努力をしましょう。

以下に参考をURLを示します。

季節性感情障害について
http://www.yorozuya-online.gr.jp/truelite/t_tkinomedoki.htm

光療法について
http://ipcj.com/showerlight/1.htm
http://www.geocities.co.jp/SiliconValley/1379/SDQA4.htm
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ