OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

在庫管理の定点発注方式で発注残の考え方はありますか

  • 困ってます
  • 質問No.120970
  • 閲覧数2193
  • ありがとう数16
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 92% (12/13)

私は38才の会社員ですが、仕事の中で在庫管理のやり方を勉強はじめました。
その中で、定点発注方式でわからないことがあります。
この方式での発注量は経済的発注量で行うとの事なのですが、実際に当てはめてみると、経済的発注量では入庫されたときに発注点にまで達しないケースが出てまいりました。特に発注費用のかからない部材で発生しています。リードタイムで見ると、発注サイクルが納入リードタイムより短くなっています。こういったケースはどう考えればよいのでしょうか。また、発注残という考え方を用いれば解決しそうな気もしますが、定点発注法では発注残という考え方自体がおかしい気もします。
一般的な理論ではどうなのでしょうか。また参考文献・サイトがあれば教えてください。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 30% (2593/8599)

まず、もともと、定点発注方式(発注点方式)を使うケースかどうかということですが。 一般には全体の在庫物品についてパレート分析(ABC分析)を行い、Bランクのものに定点発注方式を適用します。 その上で、経済的発注量がリードタイムの使用量よりかなり小さいと言うことは、発注費用に比べて品物の購入額(保管費用)が相当大きいことを意味します。 ここで考え方は2つに分かれます。 ・物品の保管量を増やすこと ...続きを読む
まず、もともと、定点発注方式(発注点方式)を使うケースかどうかということですが。
一般には全体の在庫物品についてパレート分析(ABC分析)を行い、Bランクのものに定点発注方式を適用します。

その上で、経済的発注量がリードタイムの使用量よりかなり小さいと言うことは、発注費用に比べて品物の購入額(保管費用)が相当大きいことを意味します。
ここで考え方は2つに分かれます。
・物品の保管量を増やすことが大きな問題であるなら、定期発注方式に変更し、発注残(入荷残?:未入荷)を考慮する。
・物品の保管量を増やすことがそれほど大きな問題でないなら、定点発注方式を継続し、リードタイムの消費量の2倍程度を1回の発注量とする。

ということだと思います。今回のようなケースについて書籍等では見たことがありません。
お礼コメント
y830h4486

お礼率 92% (12/13)

早速教えていただきありがとうございます。参考にさせて頂きます。
投稿日時 - 2001-08-20 00:38:39


このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ