-PR-

締切り済みの質問

質問No.1206567
暇なときにでも
暇なときにでも
お気に入り投稿に追加する (0人が追加しました)
回答数7
閲覧数5628
片側顔面痙攣
私は二年程前に医者から顔面痙攣と言われました。それからボトックスなどを注射しながらすごしていましたが、最近日々段々と日常の生活もとっても辛くなって来ました、手術なども考え脳のスキャンなどで調べてみましたが、私の場合耳の後ろの神経が触れ合っている傾向がなく、手術が難しいといわれました、私は女性で現在26歳です、まだ結婚もしていませんしこのままこの状況が続くのはとっても悲しいです。ただ自然に治ってくれるのを祈るばかりです。この病気は自然に治るという可能はまったくないのでしょうか?それと、この病気の症状と言われている、吐き気、耳鳴り(少し)、胸痛、などは本当にこの病気の症状としてあるものなんでしょうか?病院に4件ほど行ってそれを調べたのですが、一軒は脳にポリープができていないかを調べ。もうひとつの病院は自律神経の問題と併発しているんではないか?と言う結果が出ました。脳にポリープは見つかりませんでしたが、なんとなくまだ心配です。どなたかどんなことでも良いのでお便りください。お願いいたします。
投稿日時 - 2005-02-07 15:01:52

回答 (7)

回答No.3
すみまぜんNo.1のものです。

■よくわからなかったかもしれませんので補足しておきます。見た目が顔面痙攣の場合、病気には2種類あります。1つは顔面神経の圧迫や刺激によって顔面神経支配の筋肉だけが痙攣するもので、No.2さんの減圧術も適応になります。

■もう一つは顔面ジストニア(facial dystonia)という状態で、これは顔面神経の病気ではなく、大脳での運動コントロールの障害です。症状は顔面痙攣と非常によく似ていますが、痙攣が顔面神経によって支配される筋ばかりではなく、他の筋にも多少なりとも広がっています。

■痙攣の具合も似ているものの明らかに異なっていますので、知っている医者であれば診断は難しくありません。

■どちらもボトックスで治療することがありますが、病気のメカニズムは全く異なります。顔面ジストニアでは血管と神経が触れ合っていることはありませんので、断層写真は正常です。若い女性にも時々見られるものです。担当医師にジストニアの可能性がないかどうかは確かめて見るのは無駄ではないかもしれません。

■その場合、ジストニアのような不随意運動については脳外科の医師はあまり詳しくない場合があるので、やはり神経内科の医師にも意見を聞くことがよいように思います。
投稿日時 - 2005-02-08 23:34:02
この回答を支持する
(現在1人が支持しています)
お礼
ありがとうございました。ジストニアだとしても危険な病気ではないんでしょうか?初めて聞いた名前ですが。とにかくもう一度病院で調べて見ます。とっても参考になりました。ありがとうございました。
投稿日時 - 2005-02-09 16:55:50
回答No.7
先ほど回答したばかりのcoroです。
補足ですが、運動大好きな32歳、女です。

私が耳鼻科に行くことになったのは、私が通っている美容室にたまたま片側顔面痙攣だった美容師さんがおり、耳鼻科で治療を受けたと聞いたからです。ある総合病院でMRIをとり、ステロイド??の点滴を打ち、手術せずにほとんど回復したとのことです。

先週、私もさっそく同じ病院にいきました。MRIの結果、脳に異常がなく、同じ病院の脳外科に移ることになりました。今まで病名も分からず原因も分からなかったのですごく不安でしたが、今日は一緒に考えてくれる先生に出会えて希望の光、少し見えました。

まだ病名もはっきりせず、治療法も決まっていませんが、負けないでがんばります(^O^)いままで気づかなかったのですが、痙攣の頻度、回数、状況と、日記につければ、自分のこと見えてくるかもしれません。
あと、症状が出た時に、旦那さんにビデオ撮影して先生に見せることになっています。ここまできたら絶対治すぞーーー!!と、意気込みだけは立派になっています。これ以上深く沈むことないくらいへこんでいたので、今日からは、前向きに戻そうと思っています。

この症状は、女性にはとくにキツイですよ。少しでも綺麗に見せたいのに、勝手に変な顔になってしまうんですから((+_+))!そして手で顔をさわったりしないと簡単に変顔戻せないなんて・・・人の目も気になるでしょう。。外出も控えめになってしまいます。

ranranさんも大変ですけど、一緒に頑張りましょうね☆
投稿日時 - 2009-09-09 21:17:02
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.6
私は3年程前から、自分の意志で目が開けにくくなりました。だんだんと症状がひどくなり、最近では、大好きなマラソンやダンスも重い通りにできなくなってしまいました。それでもスポーツクラブには体を鍛えるため通ってはいましたが、会うたびに受付の人、会員さんなど、毎回毎回たくさんのひとたちにどうしたの?目が痛いの?と聞かれ、精神的につらくなり、今は家からでることもできません。これまで眼科5件→形成外科→神経内科→耳鼻科→脳神経外科と行きました。耳鼻科でいい先生に会い、今日やっと★脳神経外科で治療方法を探してもらえることになりました。そして一週間後の診察で、それまでにどんな時に起こるか、一日何回位症状がでるのか、日記をつけることになりました。
投稿日時 - 2009-09-09 20:22:37
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.5
こんにちは。私は27歳の男です。昨年の夏、顔面痙攣の手術を行いました。

私の場合、高校生から症状が発生し、段々と痙攣範囲が広がっておりました。20歳からボトックスを始め、約7年間注射を打ち続けたのですが、段々と薬の効き目が弱くなってきた感があり、手術を決心いたしました。

私は手術なんて考えてもいなかったのですが、中国針、歯の噛み合わせ調整、足つぼ等、様々な分野にかかったのですが、回復の兆しが見えなかったため、一大決心した所存です。

術後約9ヶ月。まだ痙攣がとまっていませんが、ボトックスを実施しているときと同じ効果が得られております。また、担当医の話によると、今までに手術で治らなかった患者はいないそうです(その担当医の経験上です)。
「一年間は様子を見てくれ」と言われているので、あと少し、様子をみております。

私も医者ではないので詳しいことは分かりませんが、手術はお勧めです。
術前はイヤでイヤでどうしようもありませんでしたが、やってみれば大したことありません。入院により自分の体を休めることもでき、大変有効でした。入院期間は約10日でした。

あくまで私の経験上のお話ですが、参考までに書かせていただきました。

経験したことであれば何でもお話できますので、一人であまり悩まないようにしてくださいね。

それでは、お大事になさってください。。
投稿日時 - 2005-05-30 23:51:52
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
回答No.4
こんにちは。私は今年28歳の女性です。
顔面神経痙攣で足掛け5年ほど苦しんで、去年手術をうけました。少しでもお役に立てればと思い、回答いたします。

質問者様の症状はおそらく私とはちょっと違うのだと思います。私の場合、神経と血管が触れ合うことによる顔面神経痙攣と言うことで、原因がはっきりしていました。顔の左半分がピクピク痙攣して、気になって気になって仕方がありませんでした。私はボトックスは試さず、ずっと飲み薬を飲んでいましたが、手術すれば(ほとんどの場合)治ると言われましたので手術をいたしました。

>この病気は自然に治るという可能はまったくないのでしょうか?
このご質問にはお医者様しかお答えできないと思いますが、私が受診した先生には、「自然に治癒という可能性はない」と言われました。それは私の場合、原因がはっきりしているからだと思います。質問者様の場合は原因もはっきりしないようですので、少し場合が違うのかもしれません。

>この病気の症状と言われている、吐き気、耳鳴り(少し)、胸痛、などは本当にこの病気の症状としてあるものなんでしょうか?
この症状は私はまったくありませんでした。そんな症状があるということ自体今まで知りませんでした。

26歳と言う年齢で顔面神経痙攣は本当につらいですよね。私は人前にでることや人と話すことすらいやになってしまっていました。
今本当におつらいと思います。本当に心中お察しします。そして早く治ることを心からお祈りします。
あくまでも素人の視点からしかお答えはできませんが、経験談なら何でもお話できますので、よろしければ補足してくださいね。
投稿日時 - 2005-03-16 16:07:04
この回答を支持する
(現在0人が支持しています)
お礼
そうですね、上様の様な症状とは少し違う見たいんですね、最近ボトックスをまたしました、自分をだましだましこの病気と付き合って行くしか仕方ありませんね。上様の術後のご回復をお祈りします・・。
投稿日時 - 2005-03-27 12:09:03
7件中 1~5件目を表示
この質問は役に立ちましたか?
20人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています
もっと聞いてみる

関連するQ&A

この他の関連するQ&Aをキーワードで探す

回答募集中

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
病気
-PR-

特集

背筋がゾクゾクする心霊体験を要チェック!

お城、ボート、ツリーハウス、ユニークな物件満載!

発見や気づきのある調査結果をお届け!

このQ&Aの関連キーワード

同じカテゴリの人気Q&Aランキング

カテゴリ
病気
-PR-

ピックアップ

おすすめリンク

-PR-