OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
解決
済み

分配関数(状態和)がわかりません。

  • 暇なときにでも
  • 質問No.120218
  • 閲覧数1479
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 58% (73/125)

統計力学とかで出てくる分配関数(状態和)がありますが、物理的な意味がよくわかってません。
Σexp(-β・ei)とありますがどういう意味なんでしょうか?

またある問題でエネルギー準位ε=(n+1/2)hνのN個の独立な調和振動系子の系があり
この調和振動子一個に対する状態和が
Z=1/{2sinh(hν/2kB・T)}
となることを示せという問題があるんですが問題の意味すらよくわかりません。
一個に対する状態和?という感じです。
どうかお願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 51% (86/168)

>状態というのが量をもっているわけなんですが
>状態というのはどういう量なんですか?
すでに、siegmund さんが書かれておられるように
エネルギー e_i の状態の実現確率がボルツマン因子 exp(-βe_i) に比例します。
このあたりの手順は統計力学の教科書に載っていると思います。
少し混乱しておられるようなので、簡単な例を出してみます。

さいころを1個振ることを考えてみます。
さいころの目がX(x=1~6)になる確率を P(x) とすると、
1の目が出るという状態の実現確率は P(1) などというように表すことが出来ますね。
このときの状態和は
 Z=ΣP(x)
  =P(1)+P(2)+…+P(6)
  =6*1/6
  =1
ということになります。

>速度やモーメントならしっくりきますが状態というのは一体何なんでしょうか?
さいころで言うと状態は「1の目が出ること」などに対応します。
この場合は6つの状態を取り得ますね。

>一個に対する状態和?
粒子が一個であっても e_n =(n+1/2)hν という結果を見れば、
基底状態 e_0 = hν/2 の状態にあるかもしれないし、
励起状態の1つ e_1 = (1+1/2)hν = 3/2*hν のエネルギー状態にあるかもしれない、
というようにとり得る状態は1つではないことがわかります。
あとは、先のさいころの例と同様に
e_0 の状態にある確率が exp(-βe_0)
e_1 の状態にある確率が exp(-βe_1)
   :
ですからこれらの確率の無限和をとるだけです。


この質問とは関係ないですが、
その後、相対論の理解は進みましたか?
お礼コメント
harano77

お礼率 58% (73/125)

詳しいご回答ありがとうございます。

再び誤解を解いていただきありがとうございました。
何かと勘違いしてしまいそのまま進んで後から考えて悩んでしまいそのつど時間をとられてしまいます(涙)。

>その後、相対論の理解は進みましたか?

どうもその節は。一時はテンソルにくじけそうになりましたがとろいスピードで勉強してます。ではこれからもよろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-08-20 01:06:36
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 64% (700/1089)

系の固有状態に番号 i をつけて,i 番目の固有状態のエネルギーが e_i, β=1/kT (k はボルツマン定数) とするとき (1)  Z = Σ_i exp(-β e_i) が分配関数の定義ですね. 正準集合で,エネルギーが e_i の状態の実現確率はボルツマン因子 (2)  exp(-β e_i) に比例します. 実現確率を1に規格化するために(1)の計算が必要ですね. でも, ...続きを読む
系の固有状態に番号 i をつけて,i 番目の固有状態のエネルギーが e_i,
β=1/kT (k はボルツマン定数) とするとき
(1)  Z = Σ_i exp(-β e_i)
が分配関数の定義ですね.
正準集合で,エネルギーが e_i の状態の実現確率はボルツマン因子
(2)  exp(-β e_i)
に比例します.
実現確率を1に規格化するために(1)の計算が必要ですね.

でも,Z は単に規格化因子以上の意味を持っていて
(2)  F = - (1/β) ln z
でヘルムホルツ自由エネルギーが求められます.
F がわかれば偏微分で次々熱力学的量が求められます.

調和振動子1個を持ってきて適当な時間間隔でエネルギーを測定してもいいし
(熱浴との相互作用があるから,状態は刻々変わります),
沢山の調和振動子をもってきて同時にエネルギーの分布を測定してもよい.
両方が同じ結果を与えるというのが,いわゆるエルゴード仮説です.
同じ粒子がN個なら分配関数は1個の場合の分配関数のN乗です.
ZがN乗になれば,(2)からFはN倍になりますから,
Fの示量性(粒子数が2倍になれば自由エネルギーも2倍ということ)
と適合します.
Z=1/{2sinh(hν/2kB・T)}
の導出については
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=116515
の私の回答をご覧下さい.
お礼コメント
harano77

お礼率 58% (73/125)

詳しいご回答どうもありがとうございます(返信遅れてすいません)。
実はまだよく状態和のことがわかりません。というのは「状態」というもの
自体よくわかっていません。
まず
Z = Σ_i exp(-β e_i)
が1粒子の状態の和なんですよね。ということは状態というのが量をもっている
わけなんですが状態というのはどういう量なんですか?
速度やモーメントならしっくりきますが状態というのは一体何なんでしょうか?
投稿日時 - 2001-08-19 22:05:42

このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ