-PR-
締切り
済み

小池百合子氏の動きの背景は?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.9280173
  • 閲覧数157
  • ありがとう数2
  • 気になる数2
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 71% (2493/3501)

小池氏の動きの背景を2人の人が論じています。どちらが正しいと思いますか?
少し長くなりますが、双方を以下に引用します。

先ず天木直人氏の見方
http://天木直人.com/2017/01/12/post-5891/
「小池百合子が小泉進次郎と組んで安倍を倒す」と書いた週刊実話

きょう1月12日発売の週刊実話(1月26日号)が、「小池百合子・小泉進次郎が合体で『安倍一強』打破へ」という衝撃的な見出しの特集記事を書いた。

 週刊実話は、これまでも、この、小泉・小池連携の憶測記事を書き続けてきたから、驚かない。

 そしていつもガセネタで終わっている。

 しかし、今度の記事ばかりは、ひょっとして当たっているのではないかと思う。

 私がそう思う理由の一つは、小池百合子が政権取りに本気で動けば、小泉純一郎は動くかもしれないと思うからだ。

 そして私は、最近の小池百合子の言動を見ていると、政権取りに動くと思うからだ。

 間違いなく小池百合子は小池新党で7月の都議選を制し、一期四年で東京大改革に道筋をつけて、4年後には国政に戻って首相の座を狙っていると思う。

 二つ目は、みずから親ばかを自称する小泉純一郎の親ばかぶりは本物だと思うからだ。

 持ち前の政治勘で、このままでは進次郎が首相になる目はなくなると判断し、小池政権づくりに協力し、小池政権下で、その後の首相の座の禅譲を見極めたと思うからだ。

 そして、何と言ってもトランプの出現である。

 トランプが米国の大統領でいる限り小泉進次郎の出番はない。

 小泉時代のジャパンハンドラーたちは一掃される。

 しかし、このまま行けば米国は混迷し、トランプ政権は行き詰まるだろう。

 ひょっとして途中でトランプは政権を投げ出すかもしれない。

 そこまでいかなくても、長くて一期4年だ。

 トランプ後の米国で、あらたな日米同盟関係を築き上げればいいのだ。

 小池百合子と組んで、進次郎の家庭教師だったジェラルド・カーティス・コロンビア大学教授やマイケル・グリーンらの反トランプ人脈を駆使して、あらたな日米同盟関係を築き上げればいいのだ。

 小泉純一郎は、これから間違いなく起きる政界再編成をにらみ、進次郎と小池百合子の間を取り持つ役を買って出る覚悟を固めたのではないか。

 私がそう思うのは、新年早々の毎日新聞で、山田孝男が小池百合子に単独インタビューして小池百合子を持ち上げていたからだ。

 いうまでもなく毎日新聞OBの山田孝男は、脱原発を唱えた小泉純一郎を最初に世の中に売り出した男だ。

 それ以来、小泉純一郎の使者のごとくふるまっている。

 小泉純一郎は山田孝男を使ってメッセージを送り、小池百合子はそれに打てば響く呼応をしたに違いない。

 もし、この週刊実話の記事が現実になれば、その時こそ、メディアは大騒ぎだ。

 小泉・小池劇場に世間は熱狂する。

 野党共闘はひとたまりもない。

 その時こそ新党憲法9条の出番が来る。

 小池百合子・小泉進次郎政権がどうしても勝てない政党、それが、対米従属から自主、自立し、憲法9条を世界に掲げてアジアとの共生を優先する新党憲法9条である(了)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%

次に植草一秀氏の見方

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-545b.html
主権者は反核・反戦・反格差の旗の下に集結しよう

2014年12月総選挙と2016年7月総選挙の間には重要な変化が観察される。


比例代表選挙の得票率を見てみよう。


2014年12月総選挙では


自民  17.4


公明   7.2


自公  24.7


民主   9.6


野党計 28.0


だった(いずれも%、全有権者数に対する得票率)。


これが2016年7月参院選では大きく変化した。


自民  19.6


公明   7.4


お維新  5.0


こころ  0.7


与党系 32.8


民進  11.5


共産   5.9


野党計 19.9

人気ブログランキングへ

つまり、2016年7月参院選では、与党系政党の得票率が上昇しているのである。


最大の要因は維新が野党系から与党系に鞍替えしたことである。


維新は2014年12月の選挙で8.3%の得票率を得ているが、民主との一部合流などの紆余曲折を経て、現在の維新は完全に与党サイドの政党に変質し、この新・維新が2016年7月参院選で5.0%の得票を得た。


何が目論まれ、何が起きているのかを洞察することが重要である。


人為的に「第三極」を創設し、


この「第三極」を「準与党化」すること


が目論まれているのである。


この「第三極」創設にもっとも尽力してきたのは、


日本のマスメディアである。


2008年夏にフジテレビが「CHANGE」と題する政治ドラマを放映した。


人為的に「第三極」政党を創設するために作られたドラマであったと思われる。


このドラマの延長上に「みんなの党」が創設された。


しかし、2009年8月総選挙での政権交代を阻止できなかった。


「みんなの党」は、政権交代を阻止する防波堤に成り得なかったのである。

人気ブログランキングへ

そこで、日本の支配者は、次の一手として、「橋下維新」の熱烈宣伝を始めた。


日本のマスメディアが一知事の動向をトップニュースとして伝え続けることはあり得ない。


ところが、日本のマスメディアは橋下徹氏に関する過剰報道を展開し続けて、2012年12月総選挙に際して「日本維新の会」所属議員は13名に過ぎなかったが、メディアがこの勢力を


「第三極」


として大宣伝し続けた結果、54議席を獲得し、「第三極」を実現してしまったのである。


2012年12月総選挙の際に、現実の「第三極」であったのは「国民の生活が第一」(=「未来の党」)で、議員数は46だった。


メディアは「国民の生活が第一」の結党パーティーも選挙公約もまったく報道しなかった。


これに対して、「維新の会」については、連日連夜、大宣伝に次ぐ大宣伝を繰り返した。


つまり、「日本の支配者」は、本当の意味の革新政党をせん滅するために、「準与党」である「第三極」をマスメディア総動員の「大宣伝活動」によって急拡張を推進しているのである。


日本政治を、「与党と準与党だけで仕切る体制」が目指されている。


いま、この動きに動員されているのが、小池百合子氏と野田佳彦氏(=蓮舫氏)である。


与党と準与党で、政界を占有してしまう。


その目的は、真の革新政党をせん滅することである。


この「敵」の策謀を見抜き、根底からの巻き返しを図らなければならない。
%%%%%%%%%%%%%%%

私としましては、最近の天木氏は支離滅裂気味で大局を見ず、何が自身の主張の根拠になっているのかと首を傾げる時があります。

植草氏の「人為的な第三局作り」という事に関しては、「みんなの党」の頃から注視して来たので、納得できるものがあります。

皆さんはどう思われていますか? あるいは他に、小池氏の動きの背景で知っておくべきことなどがあれは回答して下さい。
宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる2
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 25% (2/8)

小池百合子は東京都知事を1期4年か2期8年務め上げた後は間違いなく国政に戻るでしょう、小池新党の結成は3年後か7年後の東京都知事選挙を見据えた彼女のモットーでもある「都民ファースト」の継承者を見極めるための「前段」の段階だと考えます。 そのためにも「豊洲問題」には決まりをつけたいところでしょうね。
小池百合子は東京都知事を1期4年か2期8年務め上げた後は間違いなく国政に戻るでしょう、小池新党の結成は3年後か7年後の東京都知事選挙を見据えた彼女のモットーでもある「都民ファースト」の継承者を見極めるための「前段」の段階だと考えます。
そのためにも「豊洲問題」には決まりをつけたいところでしょうね。
関連するQ&A
  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 10% (200/1928)

政界は、一寸先が闇、今後の事”マスコミ憶測記事信じない事。 ...続きを読む
政界は、一寸先が闇、今後の事”マスコミ憶測記事信じない事。
お礼コメント
0123gokudo

お礼率 71% (2493/3501)

回答ありがとうございます。
勿論、憶測記事をそのまま信じるほど単純な思考は持っておりませんが、
色々な憶測記事を総合して、自分の判断と言うものを作っていきたいのです。
投稿日時 - 2017-01-16 10:20:07
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 28% (3000/10545)

他カテゴリのカテゴリマスター
どっちも間違っているんじゃないでしょうかね。進次郎の若殿は、純一郎氏が脱原発をぶち上げたときも「はっはっはー。あれは親父が勝手にやっていることですからー。引退した人が自分の意志でやっていることにいかな息子といえど口出しできるもんじゃありません」といって巧妙にすり抜けました。 その次に、また純一郎氏が都知事選で細川護熙氏を擁立したときも「はっはっはー。あれは親父が勝手に(以下略)」といって自民党都連と本部の ...続きを読む
どっちも間違っているんじゃないでしょうかね。進次郎の若殿は、純一郎氏が脱原発をぶち上げたときも「はっはっはー。あれは親父が勝手にやっていることですからー。引退した人が自分の意志でやっていることにいかな息子といえど口出しできるもんじゃありません」といって巧妙にすり抜けました。
その次に、また純一郎氏が都知事選で細川護熙氏を擁立したときも「はっはっはー。あれは親父が勝手に(以下略)」といって自民党都連と本部の確執に巻き込まれるのを巧妙にすり抜けました。
進次郎の若殿のあの防御力の高さ、軽々に動かない判断力の高さは見事なものですよ。

仮にまた純一郎氏が動いても、「はっはっはー。あれは親父が」といってすり抜けることでしょう。だいたい若殿はまだ当選3回で大臣さえ経験していません。父親の純一郎氏は総理大臣になるまでに農林水産大臣、外務大臣、郵政大臣、厚生大臣を勤めています。厚生大臣は3回もやってるんですよね。現安倍首相は、首相になる前に官房長官を勤めましたが、それだけだったので第一次安倍政権はそれほど長く持ちませんでした。
総理大臣になると、おかしな人を大臣に起用してスキャンダルで辞任になると当然「任命責任」が野党から追及されますから、どんなに世間が「若殿、ぜひ首相に」となっても笑って流すことでしょう。彼の政治家人生は、これからが長いのです。10年後に首相になっても45歳の「青年首相」ですからね。

小池百合子氏は、元々自由党(第一次自由党)で小沢一郎氏と一緒にいたんですよね。その後袂を分かって自民党に行ったわけですが、お互いに老練な政治家ですから、利害が一致すればまた手を組む(仮にすぐにまた袂を分かつことになると分かっていようと)可能性はあると思います。
そもそも自民党都連は本部のいうことを聞かない、自民党本部にとっては「目の上のたん瘤」なので今の党のいうことを聞かない都連の連中が一掃されるのは悪い話ではないと思います。小池氏と自民党本部との間では「内田茂氏を追い落とす」ということでは一致していると思いますよ。公明党が離れたことは、内田氏にとって二の丸が陥落したくらいのショックはあると思います。

小池氏の目標としては、まずは今年の都知事選で与党になるってことでしょうね。議会を通せないと何もできませんからね。現在の状況は小池氏有利ですが、選挙が近くなると様々なスキャンダルが週刊誌を賑わせて反小池派が揺さぶってくるでしょうし、仮に選挙で勝てても、その小池新党の中の小池チルドレンの中におかしなやつが混じってて(混じるのは避けられないと思います。金を持ったおかしいやつが必ずいますから)、そいつがスキャンダルを起こせば足元が揺らぐ可能性もあります。
お礼コメント
0123gokudo

お礼率 71% (2493/3501)

回答ありがとうございます。

成る程、小池氏にその気があっても、進次郎の方はまだまだ機が熟していないということですね。

植草氏のような、権力による第三極作りという見方をしている人は他にいないようですね。彼自身が権力の罠に嵌められた経験がありますから、権力側の策謀ということには敏感になるようです。
投稿日時 - 2017-01-16 10:33:11
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 23% (838/3631)

政治 カテゴリマスター
小池新党は作るのでしょうが、都議会での過半数は取れないでしょう。 今や他党との協力で過半数を取るしかないのが現状です。 今までのやり方は維新の橋下の二番煎じです。 彼女自身首相の座を狙ってるかもしれませんが、無理でしょうね。 裏では自民とつるんでるのは見え見えです。 すでにこの方法は橋下が実証済みであり、胡散臭い手法は通用しません。 将来橋下のようにクソ議員にしかなりませんよ。 ま、当面は東京都 ...続きを読む
小池新党は作るのでしょうが、都議会での過半数は取れないでしょう。
今や他党との協力で過半数を取るしかないのが現状です。

今までのやり方は維新の橋下の二番煎じです。

彼女自身首相の座を狙ってるかもしれませんが、無理でしょうね。
裏では自民とつるんでるのは見え見えです。

すでにこの方法は橋下が実証済みであり、胡散臭い手法は通用しません。

将来橋下のようにクソ議員にしかなりませんよ。

ま、当面は東京都という腐りきった街の粛清には期待しますが。

なので安倍を引き摺り下ろすような勢力にはならないでしょう。
しかも都議候補もいないみたいですからなおさらです。

しかしどんな手を使ってでも安倍は失脚させないと日本がつぶれますので、当面は応援しますが。
補足コメント
0123gokudo

お礼率 71% (2493/3501)

回答ありがとうございます。

>裏では自民とつるんでるのは見え見えです。
小池氏が自民党議員であることを詰問されて、「党本部には進退伺いを出している。後は向こう次第である」と話していました。
これは、どういうことなんでしょう?自らの意思で何故、離党しようとしないのでしょう?相手に決定権を持たせる事によって、何がどう有利になるのでしょうか?

小池氏は東京都をまともにした後、何をする気なんでしょう?矢張り、総理大臣を目指しているのでしょうか? そのために都政でも実績作りに励んでいるのでしょうか?

時間がありましたら、貴兄の考えをお聞かせ下さい。
投稿日時 - 2017-01-16 10:47:03
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 23% (838/3631)

政治 カテゴリマスター
小池氏が自民党議員であることを詰問されて、「党本部には進退伺いを出している。後は向こう次第である」と話していました。 これは、どういうことなんでしょう?自らの意思で何故、離党しようとしないのでしょう?相手に決定権を持たせる事によって、何がどう有利になるのでしょうか? ↑ 本気で離党は考えてないのでしょうね。 安倍とも仲が悪い訳ではないので離党する意味がないのでしょう。 また新党結成失敗の場合、自民党の看板 ...続きを読む
小池氏が自民党議員であることを詰問されて、「党本部には進退伺いを出している。後は向こう次第である」と話していました。
これは、どういうことなんでしょう?自らの意思で何故、離党しようとしないのでしょう?相手に決定権を持たせる事によって、何がどう有利になるのでしょうか?

本気で離党は考えてないのでしょうね。
安倍とも仲が悪い訳ではないので離党する意味がないのでしょう。
また新党結成失敗の場合、自民党の看板を利用する気でしょう。


小池氏は東京都をまともにした後、何をする気なんでしょう?矢張り、総理大臣を目指しているのでしょうか? そのために都政でも実績作りに励んでいるのでしょうか?

離党してない理由の一つに総理の座もあるかとも思われます。
都政での実績づくりなど手法は橋下維新と同じです。
五輪と豊洲の改革が実現できればあとは改革をやるという掛け声だけで何もしなくとも支持・表は入ってきます。
ただ橋下は親父の力で同和を押さえ込み好き放題できましたが、小池にはそういう影の力がない。
改革は何もできないんじゃないでしょうか。
五輪開催地では森にやられっぱなし。
豊洲・築地問題も五輪が絡み、また利権も絡んだ八方塞がり。
都議選までに石原の証人喚問でもしないと支持率低下、都議選惨敗になるかもですね。

やり方が橋下維新と同じなので、信用できない政治家の一人です。
反自民となり政治をするなら少しは信用できますが。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ