-PR-
締切り
済み

細菌性膣炎

  • 暇なときにでも
  • 質問No.89465
  • 閲覧数14228
  • ありがとう数247
  • 気になる数1
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 80% (25/31)

細菌性膣炎とは、性病なんでしょうか??
性感染でなるものなんでしょうか??また、完治するまでどのぐらいかかるのでしょうか??
どなたか教えて下さい。色々な人に聞いてみたんですが、タバコの吸いすぎでもなる・・とか、いまいち本当のことがわかりません。。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる1
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 41% (1452/3497)

性交渉によってかかることもあるものですが、性病とはいえませんネ。 女性の膣は通常酸性に保たれています。これは外部からの細菌の侵入を防ぐのに適した状態となっているのですネ。デーデルライン桿菌という乳酸菌の一種がいるからなのですが、この菌が少なくなると膣の防御能力が落ちてしまいます。 日常的に膣内まで洗う習慣があったり、ビデを多用していると、きれいにしているつもりが逆に膣を菌感染から無防備にしてしまい、細 ...続きを読む
性交渉によってかかることもあるものですが、性病とはいえませんネ。
女性の膣は通常酸性に保たれています。これは外部からの細菌の侵入を防ぐのに適した状態となっているのですネ。デーデルライン桿菌という乳酸菌の一種がいるからなのですが、この菌が少なくなると膣の防御能力が落ちてしまいます。
日常的に膣内まで洗う習慣があったり、ビデを多用していると、きれいにしているつもりが逆に膣を菌感染から無防備にしてしまい、細菌性膣炎を引き起こす恐れがでてきます。
また、性交渉の時、いわゆる濡れた状態になると膣内はアルカリ性に傾きます。そうでないと精子が侵入できませんからネ。つまり、性交渉(或いは自慰行為)によって膣内のpHがアルカリ性になっているときは膣の防御力が落ちているということができます。このときにも外部からの菌は侵入しやすくなるのですネ。汚れた器具などを使うとかかりやすくなります。
さらに、女性性器は位置的に肛門に近く、排便などのときの拭き方の誤り;後から前に拭く;によって大腸菌などが侵入する確率は高いものです。
膣内が酸性に保たれていることで、多くの菌は繁殖が困難なのですが、大腸菌類・溶連菌・ブドウ球菌などの一部の菌類は膣内で繁殖してしまう場合があります。外部からの菌が増殖すると当然のことながら体は反応し、外敵を排除するために白血球などの食細胞たちが戦いはじめます。この闘いの名残である膿はニオイのある黄色のおりものとして出てきますし、菌と白血球との闘いという行為自体が炎症そのものですから、細菌性膣炎という病気になったということになるのですネ。
抗生物質の入った膣座薬の使用、外陰部まで感染が広がっている場合は軟膏などを用いて治療します。
完治までの日数はケースバイケースですので、主治医に確認してみてください。概ね数週間といってよいかと思いますが‥
以上kawakawaでした
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
同じ症状や状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ