-PR-
解決
済み

C3aのレセプター

  • 暇なときにでも
  • 質問No.81122
  • 閲覧数321
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 43% (55/127)

C3aは顆粒球に対するレセプターを持っているのですか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

免疫も少しだけ勉強したことがありますが、「補体」は理解しにくかった(覚えにくかった?)記憶があります。

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「補体系」
この中で
http://www.banyu.co.jp/health/life3/12/t146_03.html
(膜蛋白)
この表の中で「C3aR」は「G」に存在の可能性(?)でしょうか?

PubMedで検索されては如何でしょうか?

ご参考まで。

専門家のフォローお願いします。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

質問が不明瞭なため回答が付きにくいと思います。次の点を補足下さい。 1)C3a とは何ですか? 2)顆粒球には何種類かありませんか?ご質問の顆粒球とはどれでしょうか? 3)「レセプターを持っている」とはどういう意味でしょうか?恒常的に発現している?何らかの刺激で発現される?
質問が不明瞭なため回答が付きにくいと思います。次の点を補足下さい。

1)C3a とは何ですか?
2)顆粒球には何種類かありませんか?ご質問の顆粒球とはどれでしょうか?
3)「レセプターを持っている」とはどういう意味でしょうか?恒常的に発現している?何らかの刺激で発現される?


  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 52% (351/671)

C3aは補体経路の活性化で生じるもので、アナフィラトキシンと呼ばれ、他にC4a、C5aもあります。これ自体は、レセプターを持つものではなく、単なる補体成分であり、その作用としては、肥満細胞からのヒスタミンの遊離や、平滑筋の収縮、血管透過性亢進等があります。これらの作用は、アナフィラトキシンインアクチベーターと呼ばれる、血清中のカルボキシペプチダーゼNによって、ペプチドのC末端のアルギニンが除かれると機能を ...続きを読む
C3aは補体経路の活性化で生じるもので、アナフィラトキシンと呼ばれ、他にC4a、C5aもあります。これ自体は、レセプターを持つものではなく、単なる補体成分であり、その作用としては、肥満細胞からのヒスタミンの遊離や、平滑筋の収縮、血管透過性亢進等があります。これらの作用は、アナフィラトキシンインアクチベーターと呼ばれる、血清中のカルボキシペプチダーゼNによって、ペプチドのC末端のアルギニンが除かれると機能を失います。C3aに対するレセプターを持つものは、好中球や単球等の白血球の他、平滑筋、血管内皮細胞、果ては神経組織中の一部の神経細胞やグリアにいたるまで存在することが報告されています。
したがって、C3aは作用を及ぼすもの、そしてその作用を発揮するには、それに対するレセプターが必要であり、膜表面にC3aレセプターを持つ細胞は、C3aによる作用を受ける標的細胞であるということになります。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ