OKWAVEのAI「あい」が美容・健康の悩みに最適な回答をご提案!
-PR-
締切り
済み

C13について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.752
  • 閲覧数332
  • ありがとう数80
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 4% (2/44)

炭素の同位体C13はいつ、どこできたのでしょう?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 50% (52/103)

とりあえず、手元の資料ではC12とC13の存在比は98.89:1.11となっています。つまり、普通に炭素を調べれば以上の比でC13が含まれているということです。 で、なんでこんな比が定まるのかということになりますよね。 すんません、肝心のここからがうろ覚えで余り自信がないのですが、元素というのはなんらかの他の元素が核分裂した結果だったり、逆に核融合の結果だったり、場合によってはそれらの複合だっ ...続きを読む
とりあえず、手元の資料ではC12とC13の存在比は98.89:1.11となっています。つまり、普通に炭素を調べれば以上の比でC13が含まれているということです。

で、なんでこんな比が定まるのかということになりますよね。

すんません、肝心のここからがうろ覚えで余り自信がないのですが、元素というのはなんらかの他の元素が核分裂した結果だったり、逆に核融合の結果だったり、場合によってはそれらの複合だったりしてできる(このあたりのレベルになると「できる」ってなんだ?という気もしてきますが)わけです。

で、これらの核反応の種類というのは支配的なものはそれほどたくさんなくて、それぞれの核反応についてあらたにできる元素(およびそれらの同位体)の比率というのはエネルギー平衡とか反応速度とかの関係でほぼ一定になります(ほぼというのは確率事象だからです。)

おそらく炭素の場合はほとんどが恒星などによる核融合反応の結果の生成物ですんで、これらの核融合反応の内、C12やC13を生成する支配的な式を適切な重みをつけて足していくと上の比になるんだと思います。

というわけで、今思うと上の説明って質問の答えとしては外しているような気もするのですが、そのまま答えると、いつについてはその炭素ができた時、どこでというのはその炭素ができたところ、になってしまうので御容赦を。

人工的に作るなら中性子を適切なエネルギー炭素に当て続ければ少しずつできていくと思います。例えば原子炉の中に炭素を置くとか。
  • 回答No.2
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/0)

α線(ヘリウム)が恐らくベリリウムと言う原子に衝突して核融合してできるんだったようなきがします。 α線は宇宙から絶えず降り注いでいます。だからC13は無くならないらしいです。 答えですが、そこそこ重い原子ができ始めた頃から、宇宙のいたるところでずっと作られつづけていることになります。
α線(ヘリウム)が恐らくベリリウムと言う原子に衝突して核融合してできるんだったようなきがします。
α線は宇宙から絶えず降り注いでいます。だからC13は無くならないらしいです。
答えですが、そこそこ重い原子ができ始めた頃から、宇宙のいたるところでずっと作られつづけていることになります。
  • 回答No.3
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/1)

C13が後からできたというよりは、炭素の同位体の中でC12が一番安定なために C12が多く存在するということだと思います。 いつ、どこでというのは難しいですね。炭素原子ができた時ではないでしょうか。 答えになってませんね。失礼しました。
C13が後からできたというよりは、炭素の同位体の中でC12が一番安定なために
C12が多く存在するということだと思います。
いつ、どこでというのは難しいですね。炭素原子ができた時ではないでしょうか。
答えになってませんね。失礼しました。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ